« “Dynafit TLT/Radical” は過激に変わったか?③ | トップページ | BDの“ディスタンス FL”ポールのチップカバー »

2011年11月28日 (月)

“Dynafit TLT/Radical” は過激に変わったか?④

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆
(現在は未使用ですのであくまで印象としての評価です)


「“Dynafit TLT/Radical”は過激に変わったか?③」からの続きです。

(変更点⑧)ヒールピース・ハウジングが変わった!

ヒールリフターがリニューアルされたのと同時に、ヒールピース・ハウジングの形状も大きく変わりました。
基本構造に変わりはありませんが、全体にスリムになり、解放強度の目盛なども洗練されたデザインに変更されました。

Rad_24  Rad_25_2  Rad_26
(㊧㊥Radical-ST、㊨旧・STと比べてデザインは洗練された?) 

また、回転軸取り付け部分にはハウジングが時計回りにしか回転しないための構造も設けられました。
仕組みは、真鍮製のピンとスプリングによって(画像↓)、逆回転防止のストッパーを設けているだけですが、小さなパーツなので分解やメンテナンス時に紛失しないよう注意が必要でしょう。

Rad_21
(分解時には画像中央の小さな真鍮のピンが飛び出すので紛失に注意!)


(変更点⑨)残念ながら、重くなった!

さて、気になるのが重さですが・・・。
早速実測してみましょう。

比較は旧・Vertical-STとRadical-STでいずれもブレーキレスの状態で、取り付けビス込みの正味重量です。

まずトーピース。

Rad_19  Rad_18

Vertical-STは181g、Radical-STが193gと12gの増。


続いてヒールピース。

Rad_20  Rad_23

Vertical-ST-STは241g、Radical-STが249gと8gの増。

片足分を合計するとVertical-STは422g、Radical-STが442gとなり、モデルチェンジで20gの重量増となります。(これにブレーキ127gが加わると、Vertical-STは549g、Radical-STが569g)
メーカー公表のスペックでは、Vertical-STは520g(実測との差・-29g)、Radical-STが531g(同・-38g)と実測との差がありますが、多分これはメーカー公表値にはビスの重量が含まれていないのが主な原因でしょうが・・・、それにしても少々計算が合いませんね?。

まあ、新機構が付いて便利になった代償が片足20gの重量増加というならなら、これはこれで良しとすべきだと言うことでしょう。


さて・・・、私は軽量化最優先のツアーの場合にはブレーキレスでリーシュを併用し、春の滑降中心のスキーツアーの場合はブレーキを装着して楽をしよう・・・、という欲張った考えから“Radical-ST”を選択しました。(Radical-ST のほうが speed-Radical より格好が良かったから・・・、というのも理由ですが・笑)

しかし、より軽いスキーツアー専用スキーが欲しいと考えるならこの“Radical-ST”より“Speed-Radical”を選択するほうがベターかも知れません。
“Speed-Radical”にはスキーブレーキは取り付けられず、リーシュ専用となりますが、“Speed-Radical” のカタログスペックが341gで、旧“TLT-Speed” のスペックが335gですから新機構が付加されてもメーカー公表値では新旧で6gしか重量が増加していない事になります。
また、ブレーキレスの“Radical-ST”と比べても“Speed-Radical”は片足約60g軽量だからです。

また、“Speed-Radical” にモデルチェンジしてから、ヒールピースの調節幅が25㎜(+/-12.5㎜)とST・FT同等に拡大され、旧・“TLT-Speed” 一番の弱点が解消されたようです。
これで1cmほどソール長の異なるブーツに買い換えてもビンディングの移動無しで対処できますから、地味ですがユーザーには一番メリットの大きな改良点かもしれません。



さて、以上で“Dynafit TLT/Radical-ST”の外見上での報告を終わり、後日実際に使用した感想なども記事にてご紹介したいと思います。

|

« “Dynafit TLT/Radical” は過激に変わったか?③ | トップページ | BDの“ディスタンス FL”ポールのチップカバー »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Dynafit TLT/Radical” は過激に変わったか?③ | トップページ | BDの“ディスタンス FL”ポールのチップカバー »