« “Dynafit TLT/Radical” は過激に変わったか?⑤(取り付け編) | トップページ | “Dynafit TLT/Radical”は過激に変わったか?⑦(実証編) »

2011年12月26日 (月)

“Dynafit TLT/Radical”は過激に変わったか?⑥(リーシュ編)

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆
(現在は未使用ですのであくまで印象としての評価です)


「“Dynafit TLT/Radical”は過激に変わったか?⑤」からの続きです。


山スキーでTECビンディングの最大の利点である軽さを活かすため、ブレーキ付の“TLT/Radical”であっても、敢えてブレーキを取り外して使用するというのも一つの良い選択肢択だと思います。

また、ヨーロッパのガイドツアーではブレーキ付のスキーであっても、リーシュの併用を指示されることも少なくありません。

しかしながら、以前の記事で述べたように“Radical-ST”のトーピースはこれまでのモデルとアームや樹脂製のロックレバーの形状が異なるため、リーシュ・コード(流れ止め)が従来の位置には取り付け難くなってしまったのです。

Rl_1
(㊧Verticalと、㊨Radicalのレバー部の形状の違い)

Lm
(TLT-Cmfort のマニュアルではこの位置に取り付けろとの記載)

Radical_10 
(Verticalでは太めのコードでもこの位置に取り付けが可能だった)

これは、“TLT-Vertical”などの、従来のモデルではアームの穴からレバーの隙間へリーシュコード取り付けループを回すようになっていたものが、“Radical”の新しいロックレバーでは起こした時にアームとの間隙が狭くなったためです。

Rl_2
(レバーを完全に起こすと、この間隙が殆ど無くなる)

“Radical”シリーズのマニュアルを見るとアームの穴から側面に回してリーシュを取り付ける方法が図示されていますし、“Speed/Radical”に標準付属するカバードワイヤー製リーシュだと、このように先端のループをロックレバーの穴から側面に回して取り付ける以外に方法は無いでしょう。(画像↓)

Lm2
 

しかし、、“Speeed/Radical”標準付属のワイヤー製リーシュのような腰のある素材なら良いのかもしれませんが、細いスペクトラコードをアームの側面に回した場合は(画像↓)、アームを操作した時にレバーでコードを噛んでしまうようで少々気掛かりです。

Rl_4  Rl_6
(レバー操作の際、樹脂製のレバーとアームの間隙にコードが噛む事がある)

そんな訳で・・・、“Radical-ST”にも、従来と同じ位置にリーシュ・コードが装着できるように小さな改造を行ってみました。

詳細は画像をご覧になれば一目瞭然だと思いますが、樹脂製のロック・レバーがアームに接する部分を削って、リーシュ取り付け用のスペクトラコードのループが通るクリアランスを確保しただけです。

Rl_6_2  Rl_7
(㊧改造前、㊨改造後のロックレバー)

強度には影響無い部分の加工ですし、この改造によって従来モデルのようにレバーの穴から前方に細くても強度のあるスペクトラ製のコードを回してリーシュを取り付けられるようになり、また側面を回す事によりレバーとの干渉でてコードが傷んでしまうような事も少なくなり、安心して使用できるようになるはずです。

Rl_11
(これでコードの逃げ代が確保され、従来と同じ場所にリーシュを取り付けることができる)

しかし・・・、久々の大幅設計変更でせっかくベースプレートをダイキャスト製にしたのなら、ついでにリーシュ用のアイくらい追加設定しておいてくれても良かったような気がします。
従来モデルでも、無理矢理あの位置にリーシュを取り付けていたのはメーカーでも認識していたはずなんですから・・・。

|

« “Dynafit TLT/Radical” は過激に変わったか?⑤(取り付け編) | トップページ | “Dynafit TLT/Radical”は過激に変わったか?⑦(実証編) »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、関西地方で拝見させていただいています、なんでも自分でやっての方だなぁと感心しております、私もやってしまうもので…
Dynafit TLT Radical Speedを使用しております。
リシューについて書かれておりましたので私の経験を一つ、スピードはご存知のようにあらかじめ取り付けワイヤーループがフロントピースレバーの横から出ておりますがツアーの最中、いきなり板が外れワイヤーが切れもせず板は谷底へ、幸い関西は山も低くロストする事もなくサルベージできましたが、この方法でリシュー取り付けるのは危険なように思いました、観察すると、ブーツ側のレバーのプラスチックが欠け、引っ張られたワイヤーがレバー側面を押し広げて、金属シャフトからすっぽ抜けたようです、深い山で起きてしまうと大変な事になるかもしれません、警鐘を鳴らすためにも書きこまさせていただきました。
海外のショップで購入したのですが、すぐに対応していただいて今DYNAFITのスタッフに検証してもらっている最中です。そういや、前のスピードの金属リング接合できていない物もありました、事前チェックは大切ですね。

投稿: バテバテヤマヤ | 2012年1月 7日 (土) 16時19分

“バテバテヤマヤ”さんようこそ!

しかし・・・、スキーが回収できて良かったですね。
私もTLT-Speedを使ってますが、引っ掛け式のリーシュが頼りないので自作のリーシュに取り替えて使っています。
Dynafitは高価な割りに、細かい点でいい加減な部分が多いですね。

また、トーピースに安心して使用できるリーシュの取り付け部を作る方法については、以前改造した例がありますので急遽記事で紹介したいと思います。
ただし、この改造は取り付け前に加工する必要がありますが・・・。

では今後とも山道具道楽をよろしく!

投稿: 理事長 | 2012年1月 7日 (土) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Dynafit TLT/Radical” は過激に変わったか?⑤(取り付け編) | トップページ | “Dynafit TLT/Radical”は過激に変わったか?⑦(実証編) »