« “Ospray/KODE-38”のトップポッケットを両開きに! | トップページ | 充電池の管理マーク »

2012年5月25日 (金)

“つめかえ君”に強敵出現!

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :★☆☆☆☆
(使用は自己責任で!)



Gworks_gs_1
(韓国版”つめかえ君”、“G-works/Gas saver”)


登山用のガスストーブは、液体燃料のストーブより手軽で便利なのですが、悩みの種は中途半端に残ったガスカートリッジの扱いではないでしょうか?

特に“JET BOIL”などで小型の110型のカートリッジを使う場合など、毎回新品のカートリッジを使うとなると、少しガスの残ったカートリッジの使い道も限られてしまいます。

そんな訳で、中途半端な残量のカートリッジを何本かまとめて1本の満タンカートリッジにできたら・・・、と誰でも考えますが・・・、まさに必要は発明の母、これを可能とする製品も既に10年ほど前から販売されています。

法的な問題から一般の登山用品店では取り扱ってはいないものの、ご存知の方も多いと思います。
そして、そんな製品の筆頭に挙げられるのが以前ご紹介したアルバの“つめかえ君”でしょう。
私も恒常的に使用しており、製品にも不満は無いのですが・・・、過日同種の製品を見つけたので、試しに購入してみました。

韓国の登山用品店には、何故か非常にガスストーブ関連商品が充実していますが、これも韓国製の“G-Works/Gas saver”なる製品で、かなり格好良くしかも非常に安価です。

とは言え、これを買った韓国ではOKなのかもしれませんが、日本ではこの種のガスを詰め替える器具の使用は法律的に禁止されているらしいので、当ブログとしても積極的にお薦めするわけにもいかないのですが(笑)・・・、自己責任で使えばたいへん便利で省資源にもなりますので敢えてご紹介したいと思います。

さて、元祖の“ALVA/つめかえ君”が真鍮の削り出しとは言え、5,500円と少々ボッタクリ価格で商売しているのに対し、この“G-works/Gas saver”は20,000韓国ウォン(≒1,400円・付加価値税込)とかなりリーズナブルで、しかもマシニングセンタで加工したと思われる精巧なアルミの削り出しボディーに着色陽極酸化処理を施した非常に美しい仕上げです。

最近の韓国製品全般に言えることですが、品質の向上は著しく、世界の市場でシェアを拡張し続けるのもうなずけます。
日本も頑張らないと永久に後塵を拝する事になるかも知れません。

Gworks_gs_2  Gworks_gs_3
(細部にはパクリの要素もあるが、仕上げは非常に美しい)

また重量も“つめかえ君”と比べ大幅に軽量ですから、(山に持っていく人は滅多に居ないと思いますが・・・、笑)ザックに入れても大きな負担にはならないでしょう。


そんな訳で、強力なライバルが出現した元祖“つめかえ君”・・・。
現在の値段で買ってくれる人がいるからこそ、販売自粛要請を拒否してでも売り続ける程のボロイ商売が可能なのでしょうが、今後韓国からこの“G-works/Gas saver”をはじめ、安価で造りの良いガスストーブ関連製品群がネット市場に流入してきなら・・・、こんな殿様商売ができなくなるのも時間の問題でしょう。

また、この製品は登山仲間への韓国土産としても最適ですし、限定的にしか輸入されていない今なら、東大門・鍾路5街(トンデムン・チョンノオガ)の登山用品街あたりで大量に買い込み、ネットオークションにでも出品すれば小遣い稼ぎ位はできると思いますよ。
早い者勝ちですから、韓国に行く予定の方は早速買い付けてきたらいかがでしょう。(笑)

Gworks_gs_4
(使用法は元祖“つめかえ君”と全く同じ)

使用法は元祖“つめかえ君”と同じなので今回はあらためて紹介は致しませんが、詳細は冒頭に挙げた5年前の記事の後段をご覧ください。

法的には問題があるものの、あくまで自己責任で使うという方にとっては、買っても絶対に損の無い商品だと思います。

|

« “Ospray/KODE-38”のトップポッケットを両開きに! | トップページ | 充電池の管理マーク »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

私は詰め替え君を使ったことがありまして、ガスカートリッジのお尻が膨らんだのでビックリしました。適当に入れたのが問題なのですが、詰め込みすぎを防止する装置はありません。爆発はしませんでしたが、使うのをやめました。誰かが爆発事故を起こすと、自己責任では済まなくなります。ひいては、この種のブログの責任問題にも発展します。私は反対ですね。

投稿: 村上 | 2012年5月25日 (金) 09時41分

先生、まいどです!

ご意見はごもっともですが、グラム単位でガスの量を管理できるなら、事故はまず起きないと私は考えます。

原理的に言えば、二つの同じガス容器を接続した場合、内圧の均衡した時点でガスの移動は停止しますから、その段階では、それぞれの容器の耐圧以上には圧力が上がる事は絶対にありません。
先生の場合は誤って容器設計で想定した以上の量の液化ガスを充填してしまったため、カートリッジ内圧が通常使用状態の温度でも、容器の耐圧許容範囲を超えてしまったという事なのだと思います。(オリジナルのカートリッジでも輻射熱の大きな鉄板を載せたりして過熱させれば容器の内圧が上昇し同様の変形は起こるでしょう)

また、これはメーカーの工場で誤ってオーバーチャージした場合だって起こり得る現象で、自分で詰替えたかどうかの問題ではなく、誰が瑕疵要件を生じさせたかという範疇の事柄じゃないでしょうか。

まぁ、何れにしろ厳密で控えめな重量管理のできない方は絶対にガスカートリッジの詰め替えをしてはいけない!と言う点では先生の意見に賛成いたします。

投稿: 理事長 | 2012年5月25日 (金) 12時06分

「二つの同じガス容器を接続した場合、内圧の均衡した時点でガスの移動は停止します」は水平に接続した場合のみ正しい。垂直に接続すると、下のガスが少しずつ液化し、上の液が少しずつ気化して、移動すると思う。それと、当初はガスの圧力は一定と考えていたが、気化している容積が小さいと、圧力も上がるようだ。それで限界を超えたようだ。この辺りはカートリッジの設計に関係している。お尻が膨らむのは一種の安全装置なので、ひどく心配はしなかったが、気持ちはよくなかった。節約できるコストと危険性のバランスから止めた方がよいと考えて、詰め替え君は処分した。重量を管理できない私のような人間は駄目だが、それは使ってみてから分かった話。使う前に分からないといけない。

投稿: 村上 | 2012年5月25日 (金) 13時16分

またまた先生のおっしゃる通りです。
液体ですから原理的には砂時計のように重力に従って下側に移動します。
ただ、容器内が高真空であったり超流動性を持つ液体以外で、上下容器の中間に狭いオリフィスが存在する場合は液体の持つ表面張力の関係で、重力が作用しても殆ど移動が起こらないケースのほうが多いのです。
液体が閉じられた同内圧の二つの容器を結ぶ隘路を通じて流下するためには、同体積の気体が同じ隘路を通じて逆方向に移動しなければなりませんからね。
現実として、上下の圧力が等しくなった時点で液体がオリフィスを通過する事は困難になりますので、前記のような表現をいたしました。表現力不足を反省いたします。

しかし、実際のガスカートリッジの詰め替えの際には、内圧に差が生じるよう下側容器の液温を下げておきますので、先生のおっしゃるように上下容器の液温(≒内圧)が同一になるまで液体のガスが移動してしまい、結果としてオーバーチャージになってしまうことも多いでしょう。(経験上、下側の残量が多いほど温度上昇が遅くオーバーしやすいようです)
重量によるガス容量の管理が不可欠となるのもこのためです。

投稿: 理事長 | 2012年5月25日 (金) 14時25分

せっかく、世界に通用する品質になってきた韓国製品なのに、webページがこれじゃぁねぇ。

買ってみようかと思い、web翻訳かけてみたがほとんどの文字が画像にしてあるので翻訳できないんですね。数年前にも別の製品で同じ事を感じたのを思い出しました。

ところで、この韓国版詰め替え君はねじ込み式ですか?(元祖詰め替え君も?)
ねじ込み式だとすると、重量を量る際はその都度外すんでしょうか?

私が使っているのは、押し付けるだけのヤツなので、ちょっとづつ入れて重量を量ることができます。まぁ、その代わりその度に少しずつガスが漏れますが・・・

投稿: | 2012年5月26日 (土) 00時17分

“す”さん、ようこそ!

早速ですが、この韓国版つめかえ君も両側ネジ込み式です。
確かにガスを移す際、重さを量るため一々外すのは面倒ですが、ある程度慣れてくると何度も重さを量らなくてもぴったりの重さにできるようになりますよ。
とはいえ、私もそのうちにガス漏れの少ない「押し付け式」を作ってみたいと考えているところです。
では!

投稿: 理事長 | 2012年5月26日 (土) 07時41分

ブログ拝見させてもらってます。

既にヤフオクやアマゾンでもG-worksの製品は多数販売されているようですよ。
http://www.amazon.co.jp/dp/B007BGNYHC/ref=?ie=UTF8&m=A2CO011H7EDLW8
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/j37976666

値段はどちらでもだいたい3000円くらいのようで、本国ではかなりお安いようですがまあこの程度ならという感じでしょうか・・・。

私は韓国までは買いに行けないので一昨日ヤフオクにて購入してしまいました。やはりアルバのつめかえ君は高すぎますね。大きな声で詰め替えをしているとは言いにくいですが、中途半端に残ったガスを詰め替えられるというのは非常に便利だと思いました。まあ自己責任で使う分には問題ないと思っています。

これからも寄らせてもらいます。

投稿: TM | 2012年7月17日 (火) 01時27分

TMさんようこそ!

情報ありがとうございました。
すでに日本でも正式?(笑)販売されているんですね。
値段も3,000円位だったら、まぁ妥当な範囲でしょうから1個買っても損はないでしょう。

では、今後ともよろしくお願いします。

投稿: 理事長 | 2012年7月17日 (火) 05時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Ospray/KODE-38”のトップポッケットを両開きに! | トップページ | 充電池の管理マーク »