« OR の“Bug Bucket Hat”を改良する | トップページ | ついでに…、BDの“STORM”にもマーカーを! »

2012年6月22日 (金)

Made in China のU.L.チタン製ストーブって・・・?

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆
(信頼性が確認できれば★★★★★だろう)


116t_3   116t_13
(中国Fire-Maple社 の“FMS-116T”)

以前はチャチなコピーばかりだった韓国の登山用品も、最近ではオリジナリティー溢れる魅力的な商品が多くなってきました。

特に登山用のストーブなどの分野では、多くの韓国製品が品質的にも日本製に匹敵するモノとなっており、実際に国内某有名メーカーなどは自社のラインナップの中に堂々と韓国KOVEA社のOEM製品を入れているという話です。

さらに、最近は中国でも海外ブランド向けのOEMサプライヤーを脱却し、独自ブランドで本格的な登山用品を展開する企業も出現してきました。
そんな中でも特に期待のできるストーブやクッカーのメーカーが欧米を中心に商品を展開しているに“Fire-Maple”社です。
お国柄で、全般的にパクリ系の製品も多いのですが、オリジナリティーの片鱗も随所に感じられ、将来が楽しみなメーカーだと思われます。

昨年くらいから一部で話題になっていたものの、現在でも国内に代理店は無く正規ルートでの輸入は行われていないのですが、最近ではウェブ上で個人輸入したものがネットショップやオークション等を通じて入手可能となっています。
保障やアフターサービスの面では全く期待できませんが、一昔前なら入手不可能だったものが、こうして容易に手に入るというのもインターネット社会の恩恵でしょう。

まぁ、製品としての信頼性は未知数なので当初はあまり興味を持たなかったのですが・・・、たまたま同社のラインナップの中にチタン製の超軽量ストーブがあるのを発見してしまいました!。

私はピッケル&アイゼンはもちろん眼鏡や腕時計までチタン製を使っているくらい、“チ・タ・ン”の3文字にめっぽう弱い人間ですし、またブログネタにも最適と考え、早速購入しちゃいました。
最近はテント山行に行ける回数が減少し、あまり使わないストーブが道具箱の中で多数ゴロゴロしているのに・・・、『山道具道楽』のネタ探しも楽ではありませんな。(笑)


さて、製品ですが・・・、第一印象は「軽っ!」です。
一時世界最軽量を誇ったスノピの“ギガパワーマイクロマックス・ウルトラライト”が56グラム。
こちらも同じイグナイター無しで実測49グラム(公表値48グラム)ですから、まさに究極に近いU.L.ストーブと言っても過言ではありません。
まぁ、その分全体に華奢な造りであまり重いクッカーは載せられないでしょうが、ソロやペアまでのU.L.山行用メインバーナーとしては十分ですし、冬季や長期山行のやサブバーナーとして持って行くにも最適な製品でしょう。
なお、カタログスペックでは耐荷重2.5キロとのことです。

また、これがあればU.L.山行だからといって、敢えて能率の悪いアルコールバーナーを持っていく理由は無くなりそうです。(笑)

116t_6  116t_7
(㊧スノピのULストーブ、㊨“FMS-116T”)

まぁ、単独の工業製品として見た場合、まだ粗削りの部分も無い訳ではありませんが、以前の中国製品からは格段の進歩がみられます。
失礼な言い方かもしれませんが、『Made in China の安物を使っている・・・』、という意識を持たずに堂々と使用できる製品に仕上がっているという表現が適当でしょう。

韓国に続いて中国にまでこんな製品を造られたのでは・・・、“Made in Japan” 登山用品の世界市場での地位も危ぶまれますね。
日本のメーカーには頑張って独創的で高品質な登山用具を創り出してもらいたいものです。

さて、まだ試運転程度で評価は確定していませんが、耐久性に影響のあるOリングの品質等に問題が無ければそれなりに高評価のできるストーブだとの印象を持ちました。
これが国産品や欧米製品の1/2から1/3の価格で買えるのですから、まさに中国恐るべし!といった感があります。

以下に、製品の画像を数葉載せますのでご参考にしてください。

116t_1  116t_3_2
(混合管とヘッドはチタン製、仕上げ・質感とも良好)
※五徳は磁石に反応するので磁性のあるステンレス製だと思うが・・・、チタン合金でも組成にFeやNiを含むと磁性を持つのだろうか???

116t_2
(フランジは設けられていないが、ネジ部が真鍮で補強されたアルミ製のバルブハウジング)

116t_11  116t_8

(㊧付属の専用ケースは良く出来ているが・・・、㊨本体と同じ位重い!)

116t_4  116t_9
(火力は公表SPECで1Lの沸騰時間が3分30秒との事だ)

【余談ですが…】
この分離型ストーブ(画像↓)もチタン製で、重さも98グラムという事なので、ついでに買ってみました。
いずれ、改造して“ETA-POWER”と組み合わせてみたいと思っています。
請う御期待!

116t_5

|

« OR の“Bug Bucket Hat”を改良する | トップページ | ついでに…、BDの“STORM”にもマーカーを! »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

DEARさん、ようこそ。
早速ですが・・・、スペルミスの件、お恥ずかしいかぎりです。(汗)
分かっているつもりなのにローマ字書きになってしまいました。
こっそり(?)直しておきます。

あと、ツエルトの自作頑張ってください。
私も"Bothy bag"タイプのツエルトの自作を考えているのですが・・・、夏場は暑くて作業に入る気力が出ません。

では、今後とも『山道具道楽』をよろしく!

投稿: 理事長 | 2012年7月23日 (月) 18時08分

はじめまして
中華製バーナーを探していた所このブログにたどり着きました
自分も中華製バーナーに魅せられてしまったものですw

ブログやっています よかったらぜひいらしてください

投稿: stadek | 2012年12月 8日 (土) 14時42分

“stadek”さんはじめまして。

最近の中国製の山道具はすごく良くなっていますね。
それがこの値段で買えるんですからさらにびっくりです。
ブログ拝見いたしました。
今後とも「山道具道楽」をよろしく!

投稿: 理事長 | 2012年12月 8日 (土) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« OR の“Bug Bucket Hat”を改良する | トップページ | ついでに…、BDの“STORM”にもマーカーを! »