« “つめかえ君” 改め、 “つめかえ君・押忍!” | トップページ | “つめかえ君”の究極バージョンを作る①(試作編) »

2012年8月27日 (月)

本家“JETBOIL” も進化してる!

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆
(“JETBOIL-SUMO”についての評価です)


早沸きストーブの準元祖“JETBOIL”の発売以来数年が経ちますが、近頃は老舗ストーブメーカーから中国製まで、いくつかの類似商品が市場に出回ってきました。

これらの後発製品に対抗すべく(?)本家JETBOIL社が市場に投入したのが“JETBOIL-SOL”です。
“JETBOIL-SOL”にはチタン・バージョンが追加され、さらに小型軽量がはかられた完成度の高いモデルでしたが、初期型の製品については以前のレビューや一連の改造記事で紹介したように、いくつか気になる部分存在しました。


さて、その後“SOL”の兄貴分として、1.8L の容量を持つ大型の“JETBOIL-SUMO”というニューモデルが発売されました。
“SUMO”は、110型カートリッジを収納した“SOL”がギリギリ収納できる大きさで、初代や“FLASH”を入れ子にする場合は蓋が閉まらないので、適当なスタッフバッグを用意する必要があるでしょう。

また、余談ですが・・・、この“JETBOIL-SUMO”を見て、真っ先に感じたのは、これは私が山の食料の中でも大好きな“サラダスパゲティー”を茹でるのに好さそうな大きさと深さだ(笑)、という事です。
また、蓋にある湯切り穴もこの用途には便利そうですね。

Jbsumo_8
(㊧“JETBOIL-SOL”、㊨“JETBOIL-SUMO”)

という訳で、早速購入を決めましたが・・・、“JETBOIL-SUMO”には“SOL”同様アルミ製とチタン製の2種類があり、選択に少々悩むところです。
チタン製はかなり割高ですし、通常の使用ならアルミ製のほうがむしろ焦げ着きにくく実用的だと思いますが・・・、チタンマニアの私としては結局見栄え重視でこちらを購入することになりました。

さて、早速チェック&テストのためにパッケージを開けたところ・・・、良い意味で非常に驚きました。
と、言うのも初代の“JETBOIL-SOL”の「気になる部分」がすべて見事に手直しされていたからです。

バーナー部に関しては“SUMO”だけでなく、現行の“SOL”でも同様に改良されているようなので、マイナーチェンジを経て“JETBOIL”シリーズは確実に進化し続けているというわけです。

初代“JETBOIL”は重かったし、次の“JETBOIL-Flash”は軽くなったものの中途半端な製品でしたが、この“JETBOIL-SOL”はマイナーチェンジの結果さらに完成の域に近づき、早沸きストーブのベンチマークとしての地位を確立したと言えるでしょう。

さて、マイナーチェンジで何が変わったかというと・・・。

①まず、以前指摘したカートリッジの捩じ込み部分に真鍮製のスリーブ(ライナー)が追加されました。
まぁ、これはセットするたびにカートリッジの着脱を要するこの製品としては当然の修正と言えますが、これで耐久性は格段に向上したはずです。

Jbsumo_1_2 Jbsumo_4_2 Jbsumo_3_2
(㊧新旧の比較、㊥初期型のもの、㊨新型は真鍮製スリーブが追加された)


②バーナーのベースプレートの形状が変更され、イグナイターを輻射熱や吹きこぼれから保護するような構造になりました。
初期モデルでは肉抜きの穴が大きく、樹脂製の圧電素子ユニットが剥き出しになった構造であったため、何らかのトラブルが生じたケースからのフィードバックでしょう。
このような小さな改良の積み重ねが製品を成熟させていくのは喜ばしいことですが、一方これは旧モデルをお持ちの方は何らかの対応をしておいたほうが良いという事も意味しています。

Jbsumo_5_2 Jbsumo_6_2 Jbsumo_7_2
(㊧新旧の比較、㊥初期型のもの、㊨新型は圧電素子がカバーされた)


③これは“JETBOIL-SUMO”に限定したことですが、コンパニオンカップのコジーに取り付けられたナイロンテープ製のハンドルがシッカリしたものになりました。

初代からこの製品のハンドルには問題があったのですが、“JETBOIL-SOL”になってからコジーのネオプレン素材が薄くなり、ハンドルも熱湯を安全に取り扱うという観点からは、実用的とは言い難い貧弱なものとなりました。

Jbs_2 Jbs_3
(“SOL”のハンドルは「欠陥」と言ってもよい位貧弱だった)

そんな訳で、私は初代の時からベルクロやコードを使い、改造して使っていました。

Jbsh Jbsumo_9
(SOLではコードを使って補強した)

しかし、ニューモデルの“JETBOIL-SUMO”ですと、場合によっては2kg近い熱湯入りのカップを持ち上げるわけですからハンドルは“SOL”以上にシッカリとしていなければならないわけです。
私も、実際に手に取るまでは少々心配していましたが・・・、さすが本家の“JETBOIL”・・・、そこはシッカリと改良されていました。

画像のようにハンドルの上下がテープとベルクロでカップ本体に固定できるよう工夫されていたのです。

Jbsumo_10 Jbsumo_11 Jbsumo_12
(“SUMO”ではコジーの下でカップを一周したテープをベルクロで固定するよう改良された)

“JETBOIL-SOL”では依然として不安定なハンドルを採用しているようですが、こちらにも是非この方式を採用してもらいたいものです。


バリェーションも増え、マイナーチェンジでますます使い勝手の良くなった“JETBOIL”シリーズ・・・。
夏なら工夫すれば朝夕食ともそこそこ豪華な(?)食事を調理しても1日1人30g以内のガス消費で済みそうですから、“SUMO”と“SOL”の併用は、2~3人パーティーの長期UL 山行にも最適なクッカーになると思います。

|

« “つめかえ君” 改め、 “つめかえ君・押忍!” | トップページ | “つめかえ君”の究極バージョンを作る①(試作編) »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “つめかえ君” 改め、 “つめかえ君・押忍!” | トップページ | “つめかえ君”の究極バージョンを作る①(試作編) »