« “つめかえ君”の究極バージョンを作る②(完成編) | トップページ | 【ニュース!】英語版 “etrex 20/30” の日本語地図!? »

2012年9月26日 (水)

“チェーンアイゼン”って・・・、沢ではどうよ?①(レビュー編)

便利度 :★★★☆☆
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★☆☆
危険度 :★★☆☆☆
(外れなければもっと高評価ですが・・・)


2
(一部で話題の“チェーンスアイゼン”)

沢登りの時、フェルトソールだと巻きや詰めの泥壁やグズグズ斜面を登るのは結構苦労しますよね。

そんな時役に立つのが“ピンソール”“ピンソール・ミニ”などの渓流釣り用滑り止めです。(←リンクの記事と、↓画像は5年以上前の記事のものですが・・・)

ピンソールは渓流足袋やウェーディングシューズのフェルトソールで使用することを前提とした製品で、ソールに接する面にあるスパイクがフェルトに噛んでズレを防止するという“㈱昇栄”のアイデア商品です。

私も数年前初めて使用した時は予想外の効果にビックリしました。
しかし、着用が意外と面倒でしかも時々外れてしまうため改造して使用していましたが、数回使った段階で踵パーツが曲がり、その後接続部が壊れてしまいました。

Pin1 Pmini1
(㊧ピンソール ㊨ピンソール・ミニ)

また、横着な私はアプローチから下降まで靴を履き替えないで済む“アクアステルスソール”を使用する機会が多いのですが、残念ながら“アクアステルスソール”と“ピンソール”を併用すると靴底が傷だらけになってしまうため使用を控えていました。

そんな訳で、私は現在“ピンソール・ミニ”と同じタイプの小型の沢靴用滑り止めを、エキスパート・オブ・ジャパンの簡易アイゼンを沢用に改造して使用していますが、これも嵩張らず軽い割にはかなり役に立つ道具です。

Pin_mdx
(小さくても泥壁や詰めでは十分有効だ)



さて・・・、最近源流釣りをする方から、雪道での滑り止めとして売られている“チェーンアイゼン(チェーンスパイク)”を沢で使うと快適だと言う話を聞きました。

“チェーンアイゼン(チェーンスパイク)”はずいぶん前から雪上歩行用として登山やハイキング系のブログでも紹介され、それなりに高評価でしたが、沢の泥壁や草付きなどでの使用報告はあまり目にしていません。

着脱もピンソールより簡単そうですし、泥壁でも結構効きそうな感じはしますが、本当に使えるかは実際に自分で使用してみないと何とも判断できません。

ま、ダメだったら雪道用にすればいいし、ピンソールとちがい“アクアステルスソール”との併用も問題無いでしょう・・・、という訳で、早速購入決定!

ウェブで検索すると、国内や海外ブランドで数種類のほぼ同一な類似商品が販売されていますが、どれも結構な価格設定です。

東大門・鍾路5街の登山用品通りで日本の半額以下で山積みされていた記憶がありますから、殆どの商品は韓国メーカーのOEMだと思われますが・・・、それにしては日本での価格には少々のボッタクリ感は拭えませんね。(笑)

さて、実際に手に取ってみると構造は画像↓のように滑り止めのスパイク付きのチェーンを柔軟なモールディングラバーに取り付けたもので、スリッパのように爪先から靴を入れ、後端のラバー部分を引っ張って踵に被せれば簡単に装着できます。

また、本体とは別に足の甲部分を留める補助的なベルクロストラップが付属していました。
気になる重量ですが・・・、私のMサイズのペアで345グラムと予想以上に重く、また嵩張るので、装備の多い泊まりの沢には持参を躊躇しそうです。

Chsp_3  Chsp_2


で・・・、この夏、実際に沢で使用してみたところ、確かに効果は抜群で、グズグズ斜面のトラバースなどでも良く効き、スリップの危険性を大幅に軽減してくれました。
また、沢からの下降で道の無い樹林帯の急斜面を下降するのにも役立ちそうです。

しかし、実際に沢で使ってみると良い点ばかりではなく、この製品には重さ以外にもいくつか問題点があることが判りました。

最初の問題は、付属のベルクロストラップを甲の部分で留めるのが少々面倒で、“チェーンアイゼン”を必要とするような足場の不安定な場所での装着にはかなりイライラします。
そこで私はこの部分のストラップを、プラスチック製の差し込みバックル式に交換しました。
これで紛失することも無く、斜面の途中でもワンタッチでカチッと装着することが可能となります。

次が、この“チェーンアイゼン”の最大で最悪の問題ですが・・・、私が使用中、泥壁の急斜面を登っている時に突然靴から脱落してしまったのです

これにはかなりビックリしました。
草に引っ掛って下まで落下しなかったのは幸いですが、不安定な急斜面の途中で、外れた“チェーンスアイゼン”を手に持ったまま、立木のある安全な場所まで暫く移動しなければなりませんでした。
稀な事なのでしょうが、ハッキリ言ってこれでは危なくて使えません!

ストラップをバックル式に交換してシッカリ締まるように改造した後の事なので、その時は「クソッ!高い金を払って役に立たない道具を買ってしまった!これだったら自作“ピンソール・ミニもどき”のほうがよっぽど安全じゃないか!」と一瞬後悔しました。

その後、冷静になって何とかならないものかと、装着状態を良く観察すると、ストラップを締めてもラバーが伸びてつま先に近い所にストラップが移動し、チェーンを靴底に押し付ける力が不足してしまうことが主要な原因のように見えました。

3
(ストラップがもう少し足首に近い位置にあると良さそうだ)

そんな訳で・・・、せっかく買った道具を、このまま使わないのも勿体無いので、ダメで元々!、外れにくいよう自分なりに改造を試みることにしました。


(・・・以下、続く)

|

« “つめかえ君”の究極バージョンを作る②(完成編) | トップページ | 【ニュース!】英語版 “etrex 20/30” の日本語地図!? »

その他・一般」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “つめかえ君”の究極バージョンを作る②(完成編) | トップページ | 【ニュース!】英語版 “etrex 20/30” の日本語地図!? »