« 本家“JETBOIL” も進化してる! | トップページ | “つめかえ君”の究極バージョンを作る②(完成編) »

2012年9月 6日 (木)

“つめかえ君”の究極バージョンを作る①(試作編)

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★☆☆
危険度 :★☆☆☆☆

(ガスの詰め替えは自己責任で!!!)


繰り返しになりますが・・・、中途半端にガスの残ったカートリッジを1個にまとめたり、500缶から110缶に小分けにしたりする、“つめかえ君”などのガス詰め替えアダプターは自己責任で的確に使用できるなら、かなり重宝な道具です。

Tsumekae_8 Gworks_gs_3
(㊧“つめかえ君/初期型”、㊨“Gas saver”)

現在国産の“つめかえ君”や韓国製の“G-Works/Gas saver”などが購入可能ですが、これらの器具の最大の弱点は、度々器具からカートリッジを外して注入するガスの重量を計測しながら詰め替え作業を行わなくてはならないという点です。

慣れれば少ない着脱回数でほぼ適正重量にすることができますが、それでもこの作業は結構面倒ですし、安全の観点からはオーバーチャージは絶対に避けなくてはならないので少々気を使います。

Gworks_gs_4
(異なった種類のガスの詰め替え・混合も避けたほうが賢明!)

そこで前々回の記事でご紹介した“つめかえ君”を「押し付けタイプ」に改造した物を作ったのですが・・・。
せっかくここまでやったなら、ついでに究極の“つめかえ君”を目指そう!と少々悪乗りしてみることにしました。(笑)


・・・で、一発で適正値までガスを移す方法は無いかと考えていた時に思いついたのが分離型のつめかえ器具です。
分離型なら充填するカートリッジをデジタルスケールに乗せたまま、リアルタイムでガスの重量をチェックしながら作業ができるはずだからです。

しかし、物好きな山道具マニア(笑)とはいえ、高価な一流メーカーの分離型ストーブや分離キットを、冗談半分の工作のために潰してしまうのも勿体無い話ですよね。

そんな時、ネット検索で中国製の安価なガスストーブ分離用アダプターを見つけました。
どうやらこのALOCS社の製品は、トランギアタイプの風防と小型ストーブを連結するためのもののようです。
まぁ、中国製のこの製品なら千円台で購入できますので、失敗しても洒落で済みますから気が楽です。

Tumekaeb_2 Tumekaeb_1
(ALOCS社製の“Gas Adaptor”、見栄えは良いが品質は・・・?)

この器具と“G-Works/Gas saver”を組み合わせれば、分離型の詰め替え器具の可能性を探る実験ができるだろうと考えて早速購入してみました。

実際に手にとって見ると・・・、遠目での見栄えの良さとは裏腹に細部は日本的な品質管理の観点からは最悪の部類の製品ですが、改造のベースとしてならこれで十分でしょう。

工作は簡単、分離アダプターから風防へのアタッチメント部を取り外し“Gas saver”を取り付ければ準備完了です。
言うならば中韓合作ですな。

Tumekaeb_5 Tumekaeb_6
(ALOCSの“Gas Adaptor”と、G-Worksの“Gas saver”を連結する。

さて、作業はまずガスを充填される側のカートリッジの重量を量り何グラム充填するかを計算します。(例えばプリムスのウルトラガスが満タンで369gだったのに、現状の重量が250gだったとすると、119グラムのガスを充填すれば良いことになります)

次にそのカートリッジを冷凍庫で冷やし、この詰め替え器具で上側になるカートリッジと連結しスケールに乗せます。
寒い時期なら上側のカートリッジを湯煎で温めても良いでしょう。(画像↓)

Tumekaeb_3

この段階でホースの弾力と重量が計測値に影響を与えないような位置に上側カートリッジの高さを固定し、スケールを0アジャストします。

あとはバルブを開き、スケールの表示を見ながら予定した重量の直前まで液化ガスを移動させます。
最後に倒立状態だった上側のカートリッジを反転正立させ、ホースに残った液化ガスを移動させ、バルブを閉めれば作業完了です。

この状態でも一応は機能しますが、上側のカートリッジを手持ちにすると動揺とホースの重量や捩れによりガス重量の表示に少々誤差がでてしまいます。
できれば、カートリッジを固定する台や脚などを工夫したほうが良いでしょう。

と・・・、言う訳で、分離型の“つめかえ君”の実験は取り敢えず成功のようです。
この結果を踏まえて、次回は“Gas saver”を介さない形式の、もっと単純化した完成型を製作する事にしましょう。


(以下続く・・・)

|

« 本家“JETBOIL” も進化してる! | トップページ | “つめかえ君”の究極バージョンを作る②(完成編) »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
いつも興味深く拝見させていただいております。

小生も「つめかえ君」を使っているのですが
今回の記事には大変共感いたしました。

早速、Gas Adaptorなるものを注文しまして入荷待ちです。
あとはおっしゃるように上側の固定法をどうしようか
悩んでおります。

うまくいきましたら、元記事の紹介としてのリンクと
ブログにアップさせていただいてもよろしいですか。
よろしくお願いいたします。

投稿: だジィ | 2012年9月13日 (木) 20時16分

“だジィ”さん、ようこそ。

分離型のつめかえ君をお試しされるようですが、ご報告を楽しみにしています。

まぁ、私も物好きでこんな変なモノばかり作っていますが、楽しんでいただければ幸いです。

では、今後とも『山道具道楽』をよろしくお願いいたします。

投稿: 理事長 | 2012年9月13日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本家“JETBOIL” も進化してる! | トップページ | “つめかえ君”の究極バージョンを作る②(完成編) »