« “新型/ウィペット”もBCボード用に短くする ① | トップページ | “DYNAFIT/Spssd-Radical ”が早くもマイナーチェンジ? ① »

2012年11月28日 (水)

“新型/ウィペット”もBCボード用に短くする ②

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆
(改造は自己責任で!!、少しの改変でもメーカーの保障対象外となります)

「“新型/ウィペット”もBCボード用に短くする ①」からの続きです

さて、新型のフリックロックプロは旧型より明らかに進化し、丈夫で確実な固定ができるように改良されました。
また、丈夫なのは大歓迎ですが同時に構造上旧型のように簡単には分解できない製品になったようにも見えます。
しかし、ここで諦めたら改造マニアの名が廃ると言うものですから、早速検討を開始しました。

まず、ロックレバーの固定部の構造を推理して分解の仕方を考えなければなりませんが、観察すると幸いな事にリベットはパイプまで通しでカシメられてはいないようです。
とは言え、内側からリベットを押してみても簡単に動く気配はありません。

7  12
(㊧リベットはパイプまで一緒にカシメられておらず、㊨穴にはまっているだけだった)

そこで、取り敢えずスペシャルサービスツール(笑)を作ってみることにしました。
スペシャルと言ってもアルミの丸棒に穴を空け細いステンレス棒のダボを作って打ち込んだだけですが、これをパイプの内側に挿入し梃子の原理でリベットの底を押し上げようという訳です。
私はアルミの端材があったのでそれを使いましたが、寸法の合った木の棒があればそれに小さな木ネジを挿しても良いでしょう。

8  9
(㊧自作のスペシャルツールで、㊨内側からリベットを押した)

この自作ツールで内側からリベットの底を押してバンドを浮かせ、その状態でパイプからレバーアッセンブリーを引き抜けば容易に分解ができます。

13  10
(これを設計した人に敬意を表したいほどの製品だ)

私はこの製品の分解が今回初めてなので、安全策を採ってスペシャルツールを自作しましたが、通常はレバーのベルトとパイプの間に小さなマイナスドライバーを差し込んでリベット裏側の突起を浮かせて、無理矢理パイプから引き抜くのが簡単でしょう。
パイプが変形しないように慎重に作業する必要がありますし、敢えて推奨はしませんが、わざわざワンタイムツールを自作するよりずっと能率的だと思います。


さて、レバー部が外れたら、次にパイプの末端を100㎜短くカットします。
もう少し短くしたい気もするでしょうが、これ以上短いとトレイルコンパクトの中下段に交換して使用する場合でも、中段の先端がグリップの底に当たって寸法が余ってしまうので、実質的にはこれ以上短くなりません。
調節の目安にもなりますのでキリの良い-10cmに改造するのが賢明です。

また、カットの方法ですが、私は卓上旋盤の主軸にパイプを通して突っ切り、同時に端面をスムーズに仕上げました。
この作業は金工鋸で行っても構いませんが、切り口はヤスリ等で綺麗に仕上げておきましょう。

なお、貫通穴から突き出したピック部が回転して危険ですので低速で作業し、ストラップは巻込み事故が無いよう確実にグリップに固定しておきます。

14  16
(㊧旋盤で突っ切って10㎝短く切断する、㊨切断完了!)

次にパイプの端をフリックロック・プロに対応するように加工します。
オリジナルの寸法を測って、同様の状態を新たな末端に再現するのですが、旧モデルと異なりL字型のスリットに変更されたので加工には余計な手間が掛かるようになりました。

フライス盤があれば縦に固定したロータリーテーブルにパイプを咥えてΦ4㎜のエンドミルでL字に切り込むのが理想ですが、ドリルで2カ所に穴を空け金工糸鋸で切って行き小さなヤスリで仕上げるという方法でも良いでしょう。
私はフライスのセッテイングが面倒だったので後者の方法を採りましたが、十分綺麗に仕上がりました。(画像↓)

また、パイプの内側に鋭角な部分やバリなどがあると、レバーで締めつけた時に下段パイプに疵が付くので、専用のバリ取りツールを使って綺麗に仕上げておきましょう。

Wp2_1  Wp2_2
(㊧オリジナルの状態を再現した末端と、㊨バリ取りツール)

最後にレバーアッセンブリーを、リベットの突起がパイプの穴に収まる位置に嵌め込めば完成です。(画像↓)
BDのロゴも途中でカットされてしまいますが・・・、それは我慢しましょう。(笑)

Wp2_3

さて・・・、この“ウィペット・ショートタイプ/改”の上段には、オリジナルの下段ポールを組み合わせても良いのですが、旧・カーボン・プローブポールの下段(Φ14㎜)を組み合わせれば装備からプローブを省略することも可能です。

また、BD・トレイルコンパクト等のΦ14㎜の中段を持つ3段式ポールの中下段と組み合わせれば、BCボードの滑降時に短くしてザックに装着できるセルフアレストポールとして便利に使用できます。(画像↓)

Sarrestp_9
(画像は旧モデルの“ウィペット”のものです)

さらに、ピッケルを持つまでもないが万が一の滑落が予想されるスノーハイクの時も、通常のトレッキングポール代わりにこの“ウィペット・ショートタイプ/改”の3段ポールを使えば、不使用時にザックに着けても邪魔にならない理想的な冬用トレッキングポールとして使用できるでしょう。

なお、詳細は「“新型/ウィペット”もBCボード用に短くする①」の冒頭にご紹介した過去の関連記事をご参照ください。

|

« “新型/ウィペット”もBCボード用に短くする ① | トップページ | “DYNAFIT/Spssd-Radical ”が早くもマイナーチェンジ? ① »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “新型/ウィペット”もBCボード用に短くする ① | トップページ | “DYNAFIT/Spssd-Radical ”が早くもマイナーチェンジ? ① »