« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

“SOL”&“SUMO”コンビは燃費もULだ!

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆
(これで「ご飯」が炊ければ満点なのですが・・・)



以前の記事で“JETBOIL/SUMO”の紹介をしましたが、これでしたらラーメンやパスタくらいの調理は可能ですから、“SOL”とコンビにすれば2(~3)人パーティーのテント泊山行用のメインクッカーとして不自由無く使うことも可能なはずです。
しかも、この製品の最大のメリットである高熱効率を活かせば、燃費を最小に抑えたUL山行の強力な武器になることは確実でしょう。

Jbsumo_8
(JETBOIL /“SOL”㊧、と“SUMO”㊨)

そこで、過日実際にこの組み合わせで、どの程度消費燃料が節約できるか実験をして来ました。

実験という事で、軽量化のため“SOL”を湯沸し専用とし、“SUMO”を麺類や汁物を作るクッカーとして使用する事にして、付属の五徳やフライパンなどは持参しないことにしました。

当然2つのクッカーでできる献立に限定され、また専用フライパン以外は空焚き厳禁という“JETBOIL”の性質上“SUMO”での炒め物も不可能ですから、メニューのバリエーションには期待できませんが・・・、まぁ、少々我慢すれば何とかなるでしょう!。

場所は10月初旬の北アルプス、標高2,500m前後で積雪は無し、幕営時は小雨と霙、朝の気温は水溜りに氷が張る0℃前後という条件でした。
食糧計画はUL山行という設定で、火を使うメニューは夕食がα米とフリーズドライの副食とスープ(画像↓)、朝食はインスタント麺のみ、それに1泊当たりインスタントコーヒー or 紅茶一人 平均4杯として、2人パーティーの2泊分の燃料消費量を計測し、そこから一人当たりの1日に必要な燃料の量を算出しました。
なお、昼食は火を使わないレーション形式です。 

Jb_sumo_sol
(雨天でもテント内でのバーナー使用は止めましょう・笑)

さて、以上のような条件で2泊しましたが、それでも小型の110型カートリッジ(スノピの金缶)にまだ残量がありましたので、予想以上の低燃費のようです。
使用前の重量との差で計算したところ、一人1泊分で24gとなり、やはりこの季節としてはかなりの好結果でした。

ちなみに、私は雪から水を作らない場合の燃料消費量として、2人パーティーで一日・一人40gから最大でも55g(献立や、ストーブで飯を炊くか?、焚火併用か?、気温は?、昼食は? etc. を勘案し経験値から決定)として計算していますので、今回はULメニューとはいえ24gという数字はかなりの高効率と言えるでしょう。

この結果から推測すると、この種のULメニューなら夏場のペア山行では通常の250型缶1個で5日は何とか生活できそうです。
献立は多少単調で貧弱(しかもα米やフリーズドライ食品は高価!)になるかもしれませんが、それでもビニール袋から直接スプーンで食べるような惨めな食事に比べれば結構まともな食事が楽しめますし、チョット贅沢なメニューに変更しても2501缶で4日は確実に調理が可能でしょう。

以上はペアの場合で、ソロの場合は少し効率が悪くなるはずですから単純に2倍燃料が持つ訳ではありませんが、それでも工夫すれば250缶1個で1週間は十分過ごせそうです。

また「α米は高くて不味いので・・・、出来たら使いたくない!」という方も多いと思いますが・・・、残念ながら“JETBOIL/SUMO”で直接二人分のご飯を炊くのは難しそうです。
そんな方は、夕食メニューにパスタを加えてα米の頻度を減らしたりするのも良いでしょうし、水が豊富な場所なら“不思議なめし袋”を使ってα米よりずっと美味しい本当のご飯を楽しむというウラ技も可能です。(当然、燃費は落ちるでしょうが・・・)

まぁ、今回は実験という事で、使用を2つのクッカーに限定してみただけで、こんな食事じゃ満足できないというグルメの方は、専用五徳と、もう一つ別のクッカーやフライパンを持って行き、献立の質を向上させれば良いだけの話ですが・・・、まぁこれは軽量化と両天秤の関係でしょうから各自の判断にまかせるしかありません。(笑)

その他、気になる事と言えば、バーナー部の造りが華奢で使用中グラグラして気分的によろしくない事と、スープやラーメンなどを調理すると、ネオプレーン製のコジーが汚れる事くらいでしょうか?。

また、110型カートリッジとバーナーを収納した“SOL”を“SUMO”の中に入れ子にすれば非常にコンパクトに収納できます。

そんな訳で・・・、“JETBOIL/SUMO”と“SOL”とのコンビは、積極的かつ苦行とならない Fast & lightまたはUL 山行を指向する方には力強い味方になりそうですよ。



【余談ですが・・・】
テント3泊以上の場合は、器具重量の極めて軽いアルコールストーブでも消費する燃料の重量がネックとなり、同等の食糧計画なら背負う総重量では軽量ガスストーブよりかえって重くなってしまうともいわれます。
今回とりあげた“SOL”と“SUMO”の組み合わせだと、カートリッジを上手く使い切るように計画すれば、2泊位からこの逆転が生じるかもしれません。

私も一時アルコールストーブに凝った事もあるのですが・・・、上記を考えると、湯の沸きが遅く、準備や後片付けが面倒で、しかもテント火災の危険も高いアルコールストーブは、海外のトレイルで燃料調達の面でアルコールに分が有るといった特殊な場合を除き、趣味的領域以外でのメリットはほとんど無くなったのかも知れませんね。(涙)

| | コメント (2)

2012年12月20日 (木)

“DYNAFIT/Spssd-Radical ”が早くもマイナーチェンジ? ③

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆

「“DYNAFIT/Spssd-Radical ”が早くもマイナーチェンジ?②」からの続きです)


Speedn_11
(12-13 “DYNAFIT/Spssd-Radical ”)

さて・・・、2シーズン目で早くもマイナーチェンジを強いられた“Radical”シリーズですが、このようなドタバタ劇になった理由は何なのでしょうか?

また、“Vertical”までのTLTシリーズには設定されていなかった逆転規制機構が、何故“Radical”から設けられるようになったのでしょうか?

その理由の一つは、ヒールリフター(クライミングサポート)使用時に、稀ですがヒールピースが自然に回転してしまいモードが変わってしまうのを防ぐのと、これまでヒールリフターをノーマル・LO・HI と切り替える時にストックの先端ををヒールピースの穴に入れて無理にコジって回さなければならなかった(場合によっては手で回したほうが楽な位だった!)のを改善するためです。

そして、この“Radical”からの変更に伴って、外観からは見えないTLTシリーズの基本構造の設計変更が行われましたので、ついでに紹介する事にしましょう。


さて・・・、TLTシリーズの横方向の開放機構は、“Look”以来の古典的なカム&プランジャー方式のバリエーションと言っても良いでしょう。

Vs_4
(中央の黄色いプランジャーをスプリングで下のカム状のポストに押付ける構造)

しかし、TLTの場合は通常のこの形式のリリース機構と異なり、固定のみでなく歩行・登高モードの位置でもヒールハウジングが一旦停止するような形状に加工されたポストを使用しています。
そして、このポストの形状が“Vertical”までと、最新の“Radical”では大きく異なるのです。

画像をご覧いただけば分かるように、“Vertical”までのポストは四辺形断面のカムなのに対し、“Radical”のポストは円柱に切り欠きがあるような単純な形状に変わりました。

Vs_1  Vs_2
(㊧背面、㊨前面、から見た“Vertical”までのポストと“Radical”のポスト)

この理由は、“Vertical”まではヒールハウジングの一周に4つのストップポジションが必要だった、つまり下の画像でお判りのようにヒールハウジングを回転させることによって、歩行モード → ヒールリフター/LO → ヒールリフター/HI と4パターンのモードを切り替える必要があったからです。(画像は“TLT-Comfort”)
また、この場合は逆回転も可能でしたが、これだと特にヒールリフター使用時に荷重の掛かり方によってはヒールハウジングが回転し、勝手にモードが変わってしまう現象が稀に発生してしまいました。

Spd2_5  Spd2_6
(①滑降モード → ②歩行モード

Spd2_7   Spd2_8 
 → ③ヒールリフター/LO → ④ヒールリフター/HI ) 


しかし、“Radical”シリーズになってこのヒールリフターの切り替えが可動式のアルミ製のパーツに変更になったのです。

おかげでストックのリングを使って簡単にヒールリフターを動かせるようになり、またストップポジションも2箇所でよくなったので、ポストの形状も円柱に解放用の大きな切欠きと歩行・登行兼用の小さな切欠きを設けるだけとシンプルな形状になったのです。

下の画像をご覧頂けば、“Radical”が歩行・登行の3つのモードがヒールハウジングを右に約100度回転させたストップポジションのまま切り替えができることがお判りになると思います。

Spd2_3  Spd2_9
(①滑降モード → ②歩行モード

Spd2_10  Spd2_11
 → ③ヒールリフター/LO → ④ヒールリフター/HI ) 


しかし、この仕組みで両方向に回転可能だとするとどうでしょう。
ヒールリフター使用時に誤動作で左に回転して滑降モードになってしまうと、突然踵が固定されてしまう恐れがあるわけです。

しかも、このTLTビンディングの場合一旦踵が固定されてしまうと、それを解除するためには一旦スキーを外さなければならない訳ですから、考えただけで嫌になっちゃいますよね。
(踵を単独で開放できる自作の“ヒールリリーサー”もありますが・・・)

そこで、メーカーはモデルチェンジのついでにこの誤動作の問題を解決しようと逆転規制の構造を採用したのですが・・・、残念ながらそれが強度不足だったため破損事故が発生し、更にその対策として行われたのが今回の“Radical”シリーズのマイナーチェンジだったという訳です。

とは言え、“speed”の場合は今回ご紹介したようなシンプルな対処で解決でききたものの、“ST & FT”の場合はブレーキの着脱が事実上不可能になるという大きな代償が必要だったのは不幸としか言いようがありません。

メーカーの意欲は分かりますが、私見を率直に述べさせてもらえば、“TLT”には従来型のモード切替でも十分だったと思いますし、トーピースのベースもアルミ製に変更せず見栄えは悪くても従来の頑丈な鉄のプレス製で、形状のみ変えただけで良かったのではないかととも思っています。

また、ハッキリ言えばTLTの基本設計はブレーキ無しを前提にしていますので、ブレーキは後で無理矢理付けたと言ってもいいような構造です。
このため、歩行モードでトーピースが外れるとリーシュ無しでは板を流してしまいますし、場合によっては滑降モードでの転倒でもヒールピースが瞬間的に回転し、ノーブレーキで板を流してしまう場合も無い訳ではないのです。

そんな訳で、私は山で“Comfort ~ Radical”等のブレーキ付の機種を使用する場合でも、ほとんどの場合ブレーキを外しリーシュを使用しているのです。(その方が軽いですしね!)
結局のところ、私はブレーキの外せなくなった12-13の“Radical-ST & FT”を購入する事は絶対に無くなったという事ですね。
皆さんはいかがお考えでしょうか?



さて・・・、その他、“Speed-Radical”最新モデルでは当初モデルで問題のあったリーシュ取り付けにも新たなワイヤーループが設けられるなど着実に進化しています。

Speedn_3  Speedn_2
(付加された“Spssd-Radical”のリーシュ取り付けループ・強度は未知数だが)

なにぶんマイナーチェンジ直後の製品なので保証はできませんが・・・、“Radical-ST / FT”のブレーキが取り外せなくなった現状で、スキーツアー専用の軽量ビンディングが欲しいとお考えなら、私はこの“Speed-Radical”が唯一にして最高の選択だと考えています。



以上、3回に分けて“Radical”シリーズのマイナーチェンジについて述べてきましたが、何かの参考になれば幸いです。

| | コメント (7)

2012年12月12日 (水)

“DYNAFIT/Spssd-Radical ”が早くもマイナーチェンジ? ②

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆

「“DYNAFIT/Spssd-Radical ”が早くもマイナーチェンジ?①」からの続きです)

Speedn_9
(改良された“Spssd-Radical ”)

ヒールピースの逆転規制機構に問題があり、抜本的な対応が待たれていた“Radical シリーズ”ですが、早くも12-13シーズンからは“Speed-Radical”でもその対策が採られたマイナーチェンジ品がリリースされました。

構造はご覧の通りで、ピンによる逆転防止が廃止され、ヒールピースのベースに新たに設けられたノコギリ状のセレーションとヒールハウジングの突起が噛み合うというシンプル(原始的?)だが確実な逆転防止機構に変更されたのです。

Speedn_7  Speedn_8  Speedn_5
(㊧ベースと、㊥ヒールハウジングの、㊨ギザギザが噛み合って逆転を防ぐ)

噛み合って逆転を防止するといっても、歩行・登行モードの時にヒールピースに体重が掛かった時だけベースとヒールハウジングのセレーション同士が押し付けられて噛み合うようになっているので、この構造だと無荷重ならどちらにでも回転させられるというメリットもあります。

まぁ、本体の破損事故が避けられるとはいえ、この部分の耐久性などはまだ未知数ですから暫らく様子を見ないと正しい評価は定まらないでしょう。


また、12-13の“TLT-Radical/ST ・ FT”ではこの逆転規制ピン欠陥の対策として、スキーブレーキに後付けのストッパーが新たに設けられましたが、このため(?)以前は容易だったブレーキの着脱が事実上不可能になってしまったのは非常に残念です。

このため、シチュエーションによってブレーキを着脱して使用したいと考えるなら、現状では前モデルの“Vertical-ST”か、問題のある11-12の“Radical-ST”かを選ぶしか方法は無くなった訳です。

いずれにせよ私達Dynafit愛用者は、これらメーカーのトライアンドエラーを、TLTシリーズの進化に伴う一時の好転反応(笑)と考え、道具としての成熟まで暫らく見守る必要がありそうです。


・・・で、私の購入した“TLT-Speed”は上記のマイナーチェンジを施されたものでしたが、聞くところによると、12-13モデルとして販売されている商品の中にもマイナーチェンジ前の、ピンによる逆転規制機構のものが混在しているという話です。

Speedn_10 
(12-13 年モデルはヒールリフターの“雪豹”がプリントから浮彫りになった)

皆さんも、せっかく軽い割に高価なDYNAFITビンディングを購入予定なら、この点もチェックして、より安全な最新型のモノを買うようにしましょう。


さて・・・、次回は“Vertical”までのTLTシリーズには設定が無く、“Radical”から付加された逆転規制機構と、これに伴って外観からは見えないTLTシリーズの基本構造の変更について述べることにします。


(以下、続く・・・)

| | コメント (0)

2012年12月 5日 (水)

“DYNAFIT/Spssd-Radical ”が早くもマイナーチェンジ? ①

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆



※今シーズンこそ、以前から気になっていた“DYNAFIT/TLT ビンディング”を使ってみようかなぁ・・・、なんて考えている方、多いんじゃないでしょうか?
・・・で、参考になる記事を、今回から3回連続で書いてみます。



“DYNAFIT”のTLTシリーズに代表されるTECビンディングは、ディアミールのような一般的ツアー用ビンディングと異なり、使用するのに多少の慣れとコツ、そしてユーザーの割り切りが要求されます。

しかし、取っ付き難い反面、その軽さにおいては他のどんなツアー用ビンディングにも一歩も二歩も水を開けています。

そして軽量な“DYNAFIT”のTLTシリーズの中でも、ツアーに特化した最軽量ビンディング(レース用のモデルを除く)が“TLT-Speed”でした。(画像↓)

Tlt_speed_2  Tlt_speed_1
(画像の“TLT-Speed”はチタン製トップカバーに改造した物です)


この“TLT-Speed”はブレーキの増設は不可能ですが(以前はブレーキ取り付けも可だった)、軽くしかも最も耐久性のあるツアー用ビンディングとして、進歩の激しいツアー用ビンディングの市場で発売以来十数年間ほとんど形を変えていない、TECビンディングの“原器”とも言うべき製品です。

その“TLT-Speed”シリーズに昨年の11-12シーズン、改良版として“Speed-Radical”という新製品が加わりました。(完全なモデルチェンジではなく欧米では“TLT-Speed”も継続モデルとなっているようです)

Speedn_1  Speedn_11
(12-13シーズンの“Speed-Radical”)

また、この“Speed-Radical”を含む新しい“TLT-Radicalシリーズ”は昨年の記事でも述べたように、トーピースでは素材や形状、ビス穴位置の変更、またヒールピースも基本設計は変わらぬものの新しいヒールリフターやヒールハウジングの回転方向の規制など大きな変更がありました。(画像↓)

Rad_4  Spd2_1
(“Radical-ST”も“Speed-Radical”も右回転しかできなくなった)

特に“Speed-Radical”ではヒールピースのビス穴位置を変えずに、サイズ調節幅を4倍増させるという、“TLT-Speed”最大の弱点を克服した新製品と言って良いでしょう。(画像↓)

Dyna1  Spd2_2
(㊧右側が“TLT-Speed”、㊨“Speed-Radical”、調節幅の違いが一目瞭然だ)


これで、目的をツアーに限定しブレーキを使用しないという前提なら、迷わず軽量な“TLT-Speed”を選べるようになった訳です。

しかも、12-13シーズンは“Radical-ST/FT”のブレーキが事実上着脱不可能になった事を考えると、軽量ツアー用ビンディングとしての“Speed-Radical”の存在意義はさらに高くなったと言えましょう。


しかし、好い事尽くめのようなこの11-12シーズンの“TLT-Radicalシリーズ”にも残念ながら初期不良といえる箇所が早くも指摘されました。
それは、誤動作防止の目的でヒールハウジングを時計回りにしか回転しないようにする構造に強度不足があり、逆転方向に強い力が加わるとプラスチック製のハウジングが破損し、場合によっては使用不能になってしまうというものでした。

稀な事とはいえ、本体の破損に結びつく欠陥いうことでメーカーも早速対応し、回転を規制する真鍮製のプランジャー・ピンに溝を入れ、ハウジングに無理な力が掛かるとピンが折れてハウジング本体の破損を防ぐ対策が採られました。
該当モデルのユーザーには国内代理店が無償で対策品のピンのみの配布を行っているそうなので心当たりのある方は要チエックです。
また、この対策について代理店のサイトには『本体破損につながる欠陥の修正』と正く表記せず、見え透いた虚偽を記載しているというのには些か呆れてしまいます。

Rad_21
(11-12“Radical-ST”、中央やや右が逆転規制用の真鍮ピン)

しかし、この対策もいわばその場しのぎの姑息な対応に過ぎず抜本的な対応が待たれていましたが・・・、早くも12-13シーズンモデルから“Speed-Radical”にもその対策が採られたマイナーチェンジ品がリリースされたのです。(画像↓)

Speedn_4
(ベースプレートのセレーションに注目!)


(以下、続く・・・)

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »