« “DEELUXE-Spark”のサーモインナーを焼く ② | トップページ | “ ピンチクリアー / HDタイプ”を作りました »

2013年1月28日 (月)

“つめかえ君・押忍!”をスープアップ?

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★☆☆☆
危険度 :★★☆☆☆
(改造と使用については自己責任でお願いします!)


“つめかえ君”関連の記事は過去にもいくつか書きましたし、最終的に分離型の詰め替え器具を作ったところで最終回となる予定でしたが・・・。

分離型の詰め替え器具も悪くは無いのですが・・・、実際に使ってみると結局“つめかえ君・押忍!”が操作も単純明快で便利だ!という結論に達したので、今回は“つめかえ君・押忍!”の改良を行ってみました。

まぁ、改良と言ってもカートリッジ側のOリングの材質を変更するだけです。

以前の記事で通常のNBRを素材にしたOリングは、液化ガスの気化熱で冷やされると硬化して密着性が悪くなり、ガス漏れを起こしやすくなると指摘しましたが、今回は低温に強いシリコン製のOリングに変更してみることにしました。

Tkk_1
(㊧NBR製、㊨シリコンゴム製の運動用Oリング)

NBRと異なり通常のシリコンゴムは耐燃料油性が極めて低く、ガソリンなどに接すると膨潤して脆くなってしまうのですが、同じ炭化水素であっても登山用のガスストーブに使われるイソブタンなどの液化石油ガスに対しては、連続して触れない限り大きな問題は起きないようです。
つまり、“つめかえ君”のように時々使う程度でしたら、耐燃料油性の面でそれほど心配する必要は無いと言う事ですから、今回は低温でも硬化しにくいというシリコンの特性を優先することにしました。
また、NBRより耐オゾン性が高いシリコンは長期使用でもひび割れなどは起き難いというメリットもあります。

で・・・、さっそくP-8のシリコン製Oリングに交換です。
シリコンゴム製のO リングはバーミリオンカラーでなかなかカッコイイですね。
また、“つめかえ君”の、出口側のネジ山を削ってしまった方に付いていたフランジは無い方がかえって作業が楽なので、3本のイモネジを緩めて外してあります。

Tkk_2  Tkk_3
(㊧ピックで古いOリングを除去し、㊨シリコン製Oリングを装着)

そんな訳で・・・、早速実験してみました!

結果は、劇的に良くなったという程のものではありませんが、Oリングの低温硬化によるガス漏れは心持ち少なくなったような気がします。


この“つめかえ君・押忍!/改”、普通に使った分のガスの補充や、中途半端に残ったガスカートリッジの一本化(?)に使うのでしたら、重量を量るために一々カートリッジを捩じって外す必要がないので、かなり能率的に作業ができますよ。

|

« “DEELUXE-Spark”のサーモインナーを焼く ② | トップページ | “ ピンチクリアー / HDタイプ”を作りました »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

ガスカートリッジのガスを他の容器にいれかえることは
法に違反しないのですか?


投稿: かわかず | 2013年3月23日 (土) 23時37分

“かわかず”さんようこそ。

メーカーではダメと言っていますが、法的にはグレーゾーンではないかと私は考えます。
ガスの詰め替えが100%ダメだとすると、誰でも普通に行っているガスライターのガス充填もできなくなっちゃいますよね。(笑)
ガスカートリッジの詰め替えも、行為自体の危険性はガスライターの詰め替えと同じじゃないでしょうか。
しかし、実際にストーブで使用する事を考えると、私もだれにでも薦められる行為だとは思っていません。
同種類のガスを重量を量りながら、火気に注意して自己責任で詰め替えを行うという前提がなければ、行うべきではないでしょう。

では、今後とも『山道具道楽』よろしく。

投稿: 理事長 | 2013年3月24日 (日) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “DEELUXE-Spark”のサーモインナーを焼く ② | トップページ | “ ピンチクリアー / HDタイプ”を作りました »