« ”DEELUXE/Spark”のブーツ・フィッティング | トップページ | BCツアーの連絡用トランシーバー②(デジタル登録局編) »

2013年2月27日 (水)

BCツアーの連絡用トランシーバー①(特定小電力機編)

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆



普通の登山と異なり、山スキーや山ボードのツアーではややもするとパーティーがバラバラになってしまいがちです。

ツアー中の樹林帯で楽しいツリーランを楽しんでいるうちにパーティーが分散し、待っていてもなかなか全員が揃わない・・・、なんて事もままありますよね。

特に山ボードの場合は登り返しができませんので傾斜に引き込まれてパーティーがバラけやすいですし、深雪でコケると10分以上もがいてやっと滑り出せるという事もよくありますから、先に滑った人は仲間がいつまで待っても降りてこないと「何かあったのでは・・・?」「ひょっとすると別の支尾根にでも滑り込んでしまったのでは・・・?」などと余計な心配をしなければなりません。

そんな時便利なのが小型のトランシーバーです。
トランシーバーと言えばまず思い浮かぶのがマチュア無線のハンディー機でしょう。
これだと種類も多く高出力の機種もあるので緊急時の連絡には最適なのですが・・・、ツアー中の頻繁な連絡あるいはレジャーやパトロール隊の連絡業務などはアマチュア無線本来の目的ではないので厳密に言えば免許を持っていても違法という事になってしまいます。

Ht_4  Ht_5
(アマチュア無線用のトランシーバーは緊急用に最適だが・・・)

そこで合法的かつ簡単な連絡方法として真っ先に考えられるのが、レジャーや業務での使用を前提として認可された420MHz帯の “特定小電力無線器(特小)”というカテゴリーのトランシーバーでしょう。
私もこれを長く使ってきましたが、現在使っているのはSTANDARD(八重洲無線)のFTH208という防水仕様の“特小”です。

Ht_1  Ht_2
(“STANDARD”の特定小電力機“FTH-208”・一人一台持つと心強い)

数年間モデルチェンジしていない業務用“特小”のベンチマーク的モデルで、小型で僅か130gと軽量ながら堅牢で、しかもIPX7の防水能力がありますから吹雪の中の使用でも安心です。
また、電池も単三アルカリ1本で33時間・・・、丸一日つけっぱなしでも翌日まで通話が可能というかなりの省電設計です。
特に欠点は見当たりませんが、敢えて言えばパワーの割に実勢価格があまりに高額なのが欠点と言えば欠点でしょう。
同等の防水機能を持った廉価な後発モデルもありますので、今ならそちらを選ぶ方が良いと思います。 

ただ、ネットオークションなどで激安の“特小”を見掛けますが、あまり安いものは買わない方が賢明です。
数値上は同じ出力でも受信性能や電池の持ちなど総合的な性能で、まるで役に立たないようなモノも存在するので要注意です。

また、一般的にはトランシーバー本体をザック上部に取り付け(あるいはなるべくアンテナがカバーされないようにトップポケットに収納して)、カールコードで延長されたスピーカーマイクをショルダーストラップの固定しておくとストレスなく交信が行えるのですが・・・、純正の防水スピーカーマイクは単独でも結構重くて嵩張りますので“特小”に使用するには外見上もアンバランスです。(画像↓)

Ht_3
(特小にも防水スピーカーマイクは使えるが・・・)

しかし、小型軽量な“FTH-208”なら、本体がスピーカーマイクアッセンブリーより軽いですから、胸や袖のポケットに入れたまま交信したり、寒冷時以外はショルダーストラップに直接取り付けて使用しても邪魔にはならないでしょう。(画像↓)

Ht_12
(A社製ジャケットのオプティカル・レイディオポケットが役立つ数少ない例・笑!)

このように便利なトランシーバーなのですが、“特小”全般の最大の弱点は送信出力が10㎽と非常に小さい事でしょう。
まぁ、10㎽でもスキー場など見通しの良いところだと1km以上は交信できるのですが、積雪期の樹林帯で吹雪などの悪条件が重なったり、谷間と谷間といった場合には100mに満たない距離でも交信ができなくなるなど、条件によって交信距離が大きく変化してしまうのです。 

まぁ、BCツアーのパーティー間連絡位なら八割方はこの“特小”でカバーできますが・・・、本音を言えば「もう少しパワーがあればなぁ・・・」という場面も少なくありません。


(比較的安価に購入できる輸入品の大出力トランシーバーを使っている馬鹿者をスキー場などでたまに目にしますが、これらは国内では電源を入れただけで非合法な開局と見做されるばかりか、他の“特小”を含む業務用通信機器に重大な障害を与える恐れがあるので絶対に使用してはいけません。気軽に考えがちですが、違法無線機の運用は懲役1年以下又は罰金又は100万円以下という予想以上に重大な違法行為なのです。)


そんな訳で、レジャー用として合法的に通信距離を伸ばしたければ350MHz帯の“デジタル簡易無線(登録局)”のトランシーバーという選択肢があります。
これだとアマチュア無線のハンディー機やスキー場のパトロール等が使う一般業務用無線や簡易無線(免許局)と同様5Wで送信できますし、複雑な手続きや費用の負担も少なく簡単な届出だけで手軽に開局が可能です。

しかし、このハイパワーな登録局機も一般的なものは業務用無線機をベースにしている事と5Wパワーでランタイムを維持するための大容量バッテリーを搭載せねばならず、本体も大型で重量も300g程度になってしまい、BCツアー用の装備としては少々重くて嵩張り過ぎです。


・・・で、私としてはパーティー間の連絡用としてだったら出力も1wあればお釣りが来ますので、小型で重量が200gを切るデジタル登録局機はないかな~、と思って調べたら・・・。

なんと・・・、私の条件に合った“DA-DP10”というハンディー機が既にALINCOから発売されていたのです。
しかも、嬉しい事に実勢価格も普通の5W機よりかなりリーズナブルでした!

Ht_9
(“ALINCO”のデジタル登録局機“DA-DP10”)

ALINCOという会社は無線機としては後発メーカーで、アマチュア無線機ではSTANDARD(八重洲無線)のファンだった私は一度も製品を使ったことの無い会社ですし、デザインもイマイチだったのですが・・・、出力1Wで重さも175g(大容量バッテリーでも195g)というスペックに惹かれ昨シーズンから導入してみました。



【以下、“BCツアーの連絡用トランシーバー②(デジタル局編)”へ続く・・・。】

|

« ”DEELUXE/Spark”のブーツ・フィッティング | トップページ | BCツアーの連絡用トランシーバー②(デジタル登録局編) »

その他・一般」カテゴリの記事

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ”DEELUXE/Spark”のブーツ・フィッティング | トップページ | BCツアーの連絡用トランシーバー②(デジタル登録局編) »