« “JETBOIL-SOL”(旧タイプ)のハンドルを補強 | トップページ | スプリットボードのシールを改良する »

2013年4月25日 (木)

オーバーパンツのインナースパッツを小改造

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆



Sp_3

(今回はこれを作りました)


オーバーパンツには普通インナースパッツという雪がブーツに入らない仕組みが装備されています。

しかし多くのインナースパッツが、簡単にブーツ上部に被せるだけだったり、前の部分にブーツの靴紐やバックルに挟んでズリ上がりを防ぐゴムが付いているだけです。

BCツアーの時にブーツに雪が入ったのでは話になりませんから、普通はオーバーパンツの中に本格的なスパッツを履くことになります。

しかし、スキー場からチョット裏に降りるとか、短いハイクアップで隣のパウダーを頂くという場合に一々スパッツを付けるのも面倒ですが、かと言ってオーバーパンツのインナースパッツでは頼り無い・・・、と思う事も良くありますよね。

そこで、私はオーバーパンツのインナースパッツの両側にテープ製のタブを縫い付け、そこにショックコードを通してブーツの土踏まず部分に回し、インナースパッツのズリ上がりを防ぐように改良してみました。

Sp_1
(インナースパッツの両サイドに薄いナイロンテープの輪を縫い付ける)

構造は説明の必要も無いと思いますが、たったこれだけで雪の侵入を十分防ぐ事ができ、また別にスパッツを装着する面倒も無いので大変便利です。
ただし、オーバーパンツのインナースパッツは通常のスパッツのような強度を備えていない物もありますので、あまり強いテンションで下に引かれないよう、ショックコードを調節しておいた方が無難かもしれません。(画像↓)

Sp_2


また、現在はバックル等のアジャストシステムは無く、ショックコードを結んでブーツに合わせていますが、状況を見ながら改良してみたいと考えています。

本格的なBCツアーの場合は、シッカリした普通のスパッツや、チューブゲイター等の併用は当然ですが、所謂サイドカントリーや裏ゲレンデ?、あるいは非圧雪バーンが売りのスキー場で遊ぶ時はこの程度でも十分だと思いますので、興味のある方は是非お試しください。

|

« “JETBOIL-SOL”(旧タイプ)のハンドルを補強 | トップページ | スプリットボードのシールを改良する »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “JETBOIL-SOL”(旧タイプ)のハンドルを補強 | トップページ | スプリットボードのシールを改良する »