« BCツアーには“BOTHY BAG”か“ツェルト”か? | トップページ | 八甲田振興協議会のスキーマップ »

2013年5月25日 (土)

“JET-BOIL/SOL”のバルブをさらに改良する

便利度 :★★★★☆
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆


Jbnob_9
(今回はこれを作りました)


以前にも話題にしましたが、“JET-BOIL/Flash”や“JET-BOIL/SOL”のコントロールバルブのワイヤー製ノブは、カートリッジを取り外した状態でしか折りたためないため、バーナーとカートリッジを組み立てたままコンパニオンカップに収納できない設計になっています。

まぁ、原則としてはカートリッジを取り外して収納するのが正しいのでしょうが、JETBOILは名前の通り「何時でも何処でも短時間で湯が沸かせるか」が命ですから、使うたびに一々カートリッジを着脱しなければならないのではJETの名が廃るというものです。

Jbnob_5 Jbnob_6
(㊧使用時、 ㊨収納のため折り畳んだ状態)


自宅で保管する時は別にしても、短い山行中くらいはJETBOILをすぐ使える状態で持ち運びたいですよね。
(SOLの場合、組み立てた状態ではコンパニオンカップの蓋は完全に閉まりませんので、もう5㎜カップが深ければ・・・という恨みはありますが)

そこで私は以前記事にしたようにワイヤー製のバルブノブを改造してカートリッジとバーナーと一体化した状態で収納できるようにしました。

しかし、オリジナルのワイヤー製ノブを短く改造しただけでは反転した時の変形も大きく、耐久性も心配だと考え、その後ショートタイプのノブをワイヤーで自作することにしました。

素材は“ステンレス・バネ線”を使用し、直径はオリジナルと近似寸法のΦ1.5㎜にしました。(画像↓)
通常のステンレス丸棒は弾力性に欠け変形しやすいので、今回の用途にはこのバネ用の素材を使う必要があります。
焼なましてから整形しその後再焼き入れをすれば加工の自由度は大きくなりますが、線材とはいえステンレス鋼のT6処理は素人には難しいので、そのままの状態で曲げ加工したほうが良いでしょう。

Jbnob_3

構造はオリジナルの一重のベイル状ではなく、折り畳んだ時に応力が分散しやすい二重のスプリング構造にしました。

Jbnob_7
(㊧オリジナル、㊥改造品、㊨今回自作したもの)

弾性の強い“ステンレス・バネ材”を任意の形に曲げ加工するのは、想像以上に難しいものです。
二重のスプリング状に加工する部分は、加工後の戻りを考慮した直径の丸棒で専用の治具を作り、旋盤のチャックに咥え手回しで巻いて行くと良いでしょう。
体裁を気にしなければ適当な丸棒に手で巻いて作っても構いません。

次にバーナー下部への収まりを考えながら寸法を決め、プライヤーやペンチなどで整形します。

Jbnob_1  Jbnob_2 Jbnob_4
(㊧自作治具で、→ ㊥このように巻いて、→ ㊨ペンチで仕上げる)

後はこれをバーナーに取り付ければ完成ですが、微調整も必要となるので詳細は先にリンクした記事の後段をご参照ください。(画像↓)

Jbnob_8

また、ノブの取り外しはできなくなりますが、取り付け後に末端を直角に曲げておくとより堅牢な構造にすることもできます。(画像↓)
なお、この場合ワイヤーの末端のみ“焼なまし”しておくと取り付け後に末端を曲げるのが楽になります。

Jbva
(こちらは“JETBOIL-SUMO”用のやや長いバルブノブ)


目立たない小さな改造ですが、JETBOILを組み立てたまま収納できるようにしておくと、吹雪の中、安全な場所を見つけてなんとかツェルトにもぐり込み、一刻も早く温かい飲み物を口にしたいといったシビアな状況だけではなく、頻繁にティータイムを楽しむようなのんびりハイキングにも結構便利に使えるはずですよ!

|

« BCツアーには“BOTHY BAG”か“ツェルト”か? | トップページ | 八甲田振興協議会のスキーマップ »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

追記
載っていたサイトを訂正します
www.thegearcaster.com/the_gearcaster/

投稿: JSB | 2013年7月18日 (木) 17時45分

JSBさん毎度です!

貴重な情報ありがとうございました。
しかし、分離型では例があるとはいえ、一体型のバーナーでキャニスターを倒立させるとは面白いアイデアですね!

投稿: 理事長 | 2013年7月18日 (木) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BCツアーには“BOTHY BAG”か“ツェルト”か? | トップページ | 八甲田振興協議会のスキーマップ »