« ”DEELUXE/Spark”の弱点を補強せよ! | トップページ | “つめかえ君・押忍!” 改め “押忍!/Speed” »

2013年8月25日 (日)

ロータリーブラシをコードレスドリルで・・・?

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆



Makita_1
(Li イオン電池仕様のコードレスドリル)

スキーやスノーボードに『ワックスを掛ける』と言いますが、実際の作業ではワックスを掛けるというより、むしろ掛けたワックスを落とす作業の方が重要で、また手間もかかります。

特にチューンナップで深いストラクチャーを入れたソールの場合、スクレーピングだけでなく、念入りなブラッシングで仕上げておかないと、せっかく金を払ってストラクチャー加工をしても逆効果となったり、雪質によっては全く滑らないスキーになってしまう事もあるので要注意です。

特に最後のブラシ掛けをシッカリやって細かいストラクチャーの中まで余分なワックスを取り除き、ソールがしっとり濡れたような光沢を持つように仕上げておけば、スキーは手間を掛けた持ち主の期待を裏切らない走りを見せてくれるはずです。

そして、この手間の掛かるブラシ掛けを圧倒的に楽にしてくれる道具が“ロータリーブラシ”です。
電動ドリルのチャックに“ロータリーブラシ”のシャフトを咥え、ブラシに合った回転数で一気に仕上げると、今まで手でブラシ掛けをしていた時に比べビックリする位作業が捗ります。

この場合、電動ドリルは通常のAC電源の物を使うのが普通です。
その理由は、ロータリーブラシには種類によって適正な範囲の回転数が決まっていて、低回転で使うメタルブラシだったら普及品のコードレスドリルでも良いのでしょうが、仕上げ用のナイロンブラシなど、高回転を要するもの場合、アマチュア用のコードレスドリルだとどうしても回転数不足となり、またバッテリーの容量の関係で作業時間が確保できないといった問題があるからです。

かと言って、周囲の汚れるこの作業を行うのは戸外が普通ですから、作業に当たってはAC電源をコードリールで持って来なければなりません。

もしAC電源のドリルと同等のパワーを持つコードレスドリルがあれば電源コードを気にせずに作業ができますし、旅先で生塗りワックスをコルクローラーで展ばしたり、フリースで磨いたりする時にも重宝しそうです。

そんな訳で、この用途に使える18Vの大容量リチウムイオン電池を使った高性能のコードレスドリルを購入することにしました。

この種のドリルは数社から発売されていますが、どれを選んでもこの用途には十分使えそうです。
私は、どうせ金を掛けるのなら間違いの無いモノをと考え、国内外ともプロユースとしての実績が高い“マキタ”の製品に決めました。

Makita_2
(Li イオン電池仕様ならロータリーブラシにも十分使用できる)

また、このマキタのドリルは、レジャー用でもアルペンスキーの旗門セッティングや、フリークライマーが支点用のハンガーボルトやケミカルアンカーを埋める時にも使用されているので一部のアウトドア系の方にもお馴染みの製品だと思います。


チョット高価だったのですが、これまで使っていた12Vのニッカド電池のドリルと比べ、パワーも電池の持ちも桁違いといった感じで、ロータリーブラシの使用にも十分使え、大満足です。
欠点はバッテリーがやや重い事ですが、これは小容量のオプションバッテリーを購入すれば解決するでしょう。

更にパワーが必要なら32Vのコードレスツールもありますが、さらに高価ですしアマチュアにはオーバースペックだと思われますので、普通は18V機が妥当な線でしょう。

Makita_3
(予備電池を2~3個持っていると完璧だ!)

もちろん、コードレスドリルは、スキーのワックス掛け以外にも、ビンディングの取り付けや、その他日曜大工など諸々の用途にも広く活用できます。

このようにコードレスドリルは、D.I.Y.を趣味とする方が、まず入手すべき必携の電動工具ですし、アマチュア用だったら10年くらいは壊れる事も無いでしょうから、どうせ買うなら最初から性能の良いリチウムイオン電池仕様のコードレスドリルを選ぶ事を強くお薦めしたいと思います。

|

« ”DEELUXE/Spark”の弱点を補強せよ! | トップページ | “つめかえ君・押忍!” 改め “押忍!/Speed” »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいてます!skiネタが出てきたところでご質問なのですが、Dynafitの TLT RadicalにVerticalのスキーブレーキは取り付けられるのでしょうか?
プレート部分の形状が変わっていますがこれはリリースしやすく改善しただけで、取り付け部分は同じなのでしょうか?
Verticalは新たに購入できないみたいなのでブレーキだけでも共用できればと思いました。
よろしくお願いいたします。

投稿: matsu | 2013年8月30日 (金) 16時36分

matsuさんようこそ。

早速ですが、Radicalの初期タイプとVerticalのブレーキは外見以外は同じ物です。

ただし2年目からのRadicalはブレーキの取外しが基本的に出来なくなりました。
このタイプを除き、ヒールハウジングを取り外せばブレーキは簡単に交換できます。

また、頻繁にブレーキを着脱する場合は、私が以前の記事で紹介したディスアッセンブルツール作っておくと便利です。

投稿: 理事長 | 2013年8月30日 (金) 19時51分

理事長様
早速のご返答ありがとうございます。
海外のサイトでもRadicalのブレーキだけを売っていないことがこれで納得しました。http://www.wildsnow.com/8470/radical-dynafit-brake-removal/を参照してみると外すには一度ビンディングを分解しないとだめなようですね!理事長様のようにゲレンデではブレーキ、山では流れ止めと使い分けしようかなと思いましたが、Radicalではかなり面倒な作業になりますね!
こんなことならVerticalを買いだめしとけばよかったと思います(価格も安かったし)トホホです・・・

投稿: matsu | 2013年8月31日 (土) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ”DEELUXE/Spark”の弱点を補強せよ! | トップページ | “つめかえ君・押忍!” 改め “押忍!/Speed” »