« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月23日 (月)

焚火には、“ゴム太郎” より “ZUBAT” !

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆



泊りの沢登りには『焚火』が付き物です。

Takibi

本当は国立公園内はもとより、山の中での焚火なんか絶対にすべきでないということは私も重々承知していますが・・・、水辺から近く、確実に後始末ができる場所でなら、沢登りの時の焚火くらい大目に見てもらいたい・・・、というのが私の切なる願いです。
(5年も前に書いたものですが、私の言い訳的『焚火論?』はこの記事の後段をご覧ください)

さて、良い焚火には一定量の乾いた倒木や流木が必要なのは言うまでもありませんが、もう一つ必要なのが良く切れるノコギリです。

大きな倒木から枝を切り取ったり、重くて持ち運べない流木を分割したりする時、良く切れるノコギリを持っているかそうでないかで能率が格段に違ってきます。

また、良い焚火をするには、まずしっかりした火床を作る必要があります。
そして、火床用にはやや太めで長さの揃った真っ直ぐな流木が理想ですが、その長さを揃えるにも、やはり良く切れるノコギリが必要です。

そんな訳で、私は以前紹介したように、シルキーというメーカー“ゴム太郎”という鋸の替刃のみ購入し、ポリエチレン系の自己融着テープでグリップを造り、ポリプロピレン板で鞘を自作して使っていました。

これは何も、ケチって握りやすいグリップとシッカリした鞘が付いた製品版“ゴム太郎”を買わないのではありません。
替刃を加工し鞘も自作した方が軽量化でき、また薄い方がザック内側にスルッと差し込んで持ち歩く事ができるからです。

テープを巻いただけのグリップは薄くて握り難そうに見えますが、一日中枝打ち作業をするならともかく、焚火の薪を一回分作るぐらいなら全く問題はありません。

Noko1
(シルキーの“ゴム太郎”)

こんな良く切れる“ゴム太郎”に不満は無いのですが、さらに沢登りに良さそうな製品が同じシルキーから発売されていましたので、さっそく入手してみました。

その名も“シルキー/ ZUBAT ”、いかにも切れそうな名前です。

その他にも同社には“シルキー/ スゴイ ”なんて言うもっと切れそうな製品もありましたが、些か長過ぎるので刃の長さが24㎝から設定されている“ ZUBAT ”の方を選択しました。

Zubat_3 Zubat_2
(㊧ZUBAT、㊨上から、ゴム太郎21㎝・27㎝、ZUBAT24㎝)

この“ ZUBAT ”には24~39センチまで5種類がありますので、大人数パーティーで、「材木屋の火事」みたいに大きな焚火を(お奨めはしませんが・・・笑)したければ、より長いタイプを選ぶと良いでしょう。
ただし、本当に良く切れますので薪の作りすぎと無駄遣いは控えましょうね。

私は小さな焚火しかしないという自戒を込めて(笑)一番小振りな24センチを選びましたが、沢の焚火用にはこれで必要にして十分でしょう。

私は“ゴム太郎”の21㎝・24㎝・27㎝を持っていますが、沢に持っていくのは21㎝か24㎝ばかりです。

また、グリップとシース(鞘)の加工については以前の記事と同じですので詳細はそちらを参考にしてください。

今回はベルトグラインダーで角を丸めたグリップ部にブチルゴム系の自己融着テープを巻き、その上から熱収縮チューブを被せてみましたが、結構イイ感じです。
しかし、ここは丈夫なポリエチレン系の自己融着テープを厚めに巻きっぱなしにしただけでも、実用上何ら不都合はありません。(ポリエチレン系自己融着テープと表記しましたが、実際にはブチルゴムの融着層と強いポリエチレン層を重ね合わせた構造のテープです)

また、シース(鞘)はポリプロピレン板を二つ折りにして鳩目で留めます。
鳩目は専用の打ち具が必要ですが、通常の両面カシメより軽く作ることができます。

Zubat_4 Zubat_5
(㊧グリップ部、㊨PP板と鳩目で作ったシース)


さて、この“ZUBAT”は、カーブソーと言ってコンケーブした形状の刃が特徴で、引くだけで湾曲した刃が切る対象に効果的に食い込むのだそうです。

枝打ちや丸太を切る作業に特化したノコギリですので大工仕事には向かないようですが、アサリの無い目立てなので粗目でも切り口は予想外に平滑です。

外見上は直刃でもカーブソーでも大差が無いように見えますが、実際に丸太で直刃の“ゴム太郎”と使い比べてみた結果、“ZUBAT”は引ききるまで刃が食込んでいることが体感としても判りました。
どうやら宣伝文句に嘘は無いようです。

その他、沢の天場の整地で笹を刈り取るような場合でも、適度に湾曲した刃は効果的な刈り払いに貢献してくれるはずです。

まぁ、冬山登山やBCツアーでのスノーソーとしても兼用したければ、直刃の“ゴム太郎(粗目)”の長目の物を選ぶ方が賢明でしょうが・・・、沢登り専用だったら間違いなく小振りの“ ZUBAT ”の方が便利だと思いますよ。

そんな訳で、これから沢登り用のノコギリを買うなら“ゴム太郎” より “ZUBAT”がオススメです!

| | コメント (2)

2013年9月16日 (月)

短い“カール・ラニヤード”を作ろう

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆



ハンディーGPSやデジカメなどをショルダーストラップに付けたポーチに収納している方も多いと思います。

しかし、厚いグローブなどのままポーチから出し入れしようとした時、うっかり落としそうになる事がたまにありますよね。
かと言って、落下防止のため長い細引きで繋いでおくのも収納時にブラブラして邪魔になりますし、ピンオンリールに繋ぐのも大袈裟です。

そこで私は以前の記事でごも紹介したように、カメラやGPSの落下防止策としてカールコードで短いラニヤードを作って結構便利に使用しています。(画像↓)

Clanyard_10


その以前の記事で、『詳細は後日改めて紹介する』みたいなことを述べていたのにもかかわらず、うっかりして2年近くもそれを果たさずにいました。
そこで、今回新しい“カール・ラニヤード”を作るに当たり、その工程の画像を加えより細かくご紹介したいと思います。


今回の工作の素材は、工具などの落下防止に使用する「安全ロープ」などと呼ばれる芯線の入ったカールコードです。

この種のカールコードは通常ステンレスワイヤー芯の物が多いのですが、これだとスキーやボードのリーシュ用には丈夫で良いのでしょうが、今回の用途には重く柔軟性に欠けますし、何より加工が困難ですので、必ずケブラー芯の「安全ロープ」を探しましょう。

ワイヤー芯の物に比べ種類は少ないのですが、ホームセンターを2~3軒廻れば見つかると思いますし、店頭に無ければ通販ショップなどでも購入できます。(上にリンクしたショップが多分最安!)

さて、「安全ロープ」はデフォルト状態では今回の用途には長過ぎて邪魔ですし、GPSやデジカメを落とすと地面まで届いてしまいそうですので、使い勝手の良い最小限の長さに短縮し、両端をGPSやデジカメ用に使い易い形に加工する事にします。


では早速作ってみましょう。

①まず「安全ロープ」の両端にあるフックを切り離します。
フックなどのパーツは今回は再使用しませんので、保管して別の用途に活用してください。

Clanyard_1
(金属フック等のパーツを切り離す)

②このままでは長すぎるので、ショルダーストラップに付けたポーチから使用する状態までの長さを勘案してカットします。
まぁ、半分の長さでカットすれば2本作れますから、特に考えが無ければ2等分切断にしておくのが賢明でしょう。
ちなみに、今回素材とした製品は、2等分切断で丁度良い長さになりました。

③コード両端のウレタン被覆を5~6センチ程ストリップしケブラー芯を剥き出しにします。
ケブラー芯を傷つけぬようカッターで軽く周囲に切り込みを入れてから、ワイヤーストリッパーで挟んで引いたり、また精密ニッパーで外皮の周囲を何か所か噛み切ってそこをワイヤーストリッパーに挟んで引いたりしても良いでしょう。

また、末端部は解れぬよう接着剤で固めておくと後の作業が楽です。

Clanyard_2 Clanyard_3
(カッターで慎重にウレタン外被に切れ目を入れ、抜き取る)

④末端のループ用に、携帯ストラップコードや丈夫な細紐を余裕をみた長さ(12~18㎝)に切り、二つ折りにして揃えた末端を軽く止め結びしておきます。

Clanyard_12
(用途や通す穴の大きさによってループにするコードの太さを決めるとよい)

⑤上記で二つ折りにしたコードの結び目の末端側から③のケブラー芯の末端を結び目に沿って通し、フィッシャーマンノットあるいは結び目の上で一周して折り返したりといった要領で結束し、末端のループが希望する長さになる位置で両者の結び目を締め込みます。


その後、両者の末端を適当な長さを残してカットし、解れ止め(細紐はライターで、ケブラー芯は止め結びなど)しておきますが、後日解いて再加工する意思が無ければ結び目全体を接着剤で固めてしまっても良いでしょう。

Clanyard_4
(ケブラー芯と細紐を結びつける)

⑥最後にこの結び目を熱収縮チューブで覆い、ヒートガンでシュリンクさせれば完成です。
熱収縮チューブはカーショップやホームセンターの配線コーナーで小口販売されているような通常のものでも良いのですが、できれば“ヨンイチチューブ”のような縮小率が高く内側にホットグルーのコーティングがあるものが理想です。

なお、ヒートガンを使わずライター等でシュリンクさせる場合は細紐やウレタン被覆が融けないように注意してください。

また、必要に応じて一方の末端ループにヒバリ結び(ガースヒッチ)でプラスチックのフックなどを取り付けておくと良いでしょう。(画像↓)

Clanyard_6  Clanyard_8
(㊧ヒートガンでシュリンクさせ ㊨一方にフックを取り付ける)

なお、片方をループにせずに末端のあるシングルコードのままにしておいて、対象に結んで取り付けるようにしても構いません。(画像↓)
また、ループにする場合輪の大きさに多少余裕を見ておかないとフックをヒバリ結びで取り付けるのが困難になるので要注意です。

Clanyard_11
(㊤片側のみループのもの、 ㊦両端ともループのもの)

言うまでもありませんが、GPSやデジカメ側には通常のストラップを付けるようにヒバリ結びでカールラニヤードを取り付け、反対側のフックをポーチに留めれば作業完了です。

また、GPSやカメラのポーチの内側に小さな平紐の輪を縫い付けておき、そこに今回作ったカール・ラニヤードのフックを掛けると収納時に全部が内側にスッキリ収まり邪魔になりません。
私はポーチの底とサイドに平紐の輪を縫い付けて、状況により使い分けています。


Clanyard_7
(ポーチの内側に取付用のループを縫い付けておくと良い)

これで歩きながらPSを弄っても誤ってグランドフォールさせる心配は無用となり、スキー場ではリフトの上からデジカメを落とすことも無くなります。
しかもスマートに収納できるのですから好い事尽くめの自作道具と言って良いでしょう。

以上、意外と簡単に作れ、費用負担も1個当たり数百円と廉価な割に、結構便利ですから、皆さんも是非作ってみてください。

Clanyard_9

| | コメント (2)

2013年9月 9日 (月)

フリーズドライ食品の携行について

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


※今回は山道具・・・と、いうほどのモノではありませんが・・・


数日以上の山行で荷物を軽量化しようとする時、キーポイントとなるのが食糧計画です。

特に副食をフリーズドライ食品にすると、出費は大きくなりますが調理に使用する燃料を含めかなりの軽量化が期待できますから、私のように体力は無いが金は有る・・・、という世代はこれをよく使います。

さて、山道具屋でもおなじみのフリーズドライカレーやフリーズドライの丼物は、皆さんもおなじみだとは思います。
量が少ないという不満はありますが、味の方はなんとか合格点をあげても良い仕上がりだと思います。

Fdf_1
(割高だが軽量化には最適なFD食品)

しかし問題なのはその携行法です。
普通は、紙箱入りの物でも中のパックのみ持ち運ぶと思いますが、そのままスタッフバッグに詰めてザックの中にギュウギュウ詰め込むと、中身が型崩れしてバラバラになってしまいます。

また、余ったフリーズドライ食品を次回用に使おうと思ってもパックに傷がついて気密性が無くなっていたり、気圧の関係でパンパンになったパックが破裂してしまったのでは高価な山用に食品が無駄になってしまいますよね。

そこで私は何とか上手くこのフリーズドライ食品のパックを持ち歩く方法は無いものかと考え、角型のペットボトルを使用することを思いつきました。

使用するのは1.8L~2Lの角型のペットボトルです。
ポカリスエットの容器は堅めで丈夫なので最適ですが、その他ウーロン茶などの薄めの容器でも十分役に立ちます。
ただ、持ち易いようにボトルの側面に窪みを付けた物は使い難いので避けましょう。

工作は単純、ペットボトルの上部をハサミで切り取り、バケット状になったモノにフリーズドライ食品のパックを詰め込めばOKです。

Fdf_5 Fdf_4
(角型PETボトルの上部を切り取りFD食品のパックを詰め込む)

特に蓋は設けませんが、山に上がると気圧でパックが膨らみ内側から押すような感じになりますから自然に脱落してしまうこともまずありません。

Fdf_3
(山の上では気圧が下がりパックがパンパンに膨らむ)


不思議なほどピッタリな大きさで、パックをバラバラに袋に詰め込むより安全に持ち歩く事ができますし、何より非常に軽く、費用も0円ですから、この手のフリーズドライ食品を使う方はぜひ試してください。

| | コメント (2)

2013年9月 3日 (火)

“つめかえ君・押忍!” 改め “押忍!/Speed”

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★★☆☆☆


※ガスの詰め替えは火気の無い場所で行い、オーバーチャージにならぬよう1グラム単位で計測できるデジタルスケールを必ず併用して、自己責任で行ってください。


過去何度も記事にしていますが、中途半端な残量のガスカートリッジのガスを移し替えておくと、余計な荷物を担がずに済みますし、また省エネ?にもなります。

そんな訳で、我が国では法律的に問題が有るようですがカートリッジ間でガスを移し替えるための器具は自作することも可能ですし、意外な事に堂々と市販されていたりします。(画像↓)

Tume3do
(古い画像を流用しました!)

その代表が国産のアルバ“つめかえ君”と、韓国G-Works社製の“GAS SAVER”でしょう。
両者とも基本性能は変わりませんが、コストパフォーマンスで比較すれば国内でも3,000円以内(韓国なら千数百円!)で購入できる後者が圧倒的に優位に立っています。

Tsumekae_10 Gworks_gs_3
(㊧ つめかえ君/N-N タイプ、㊨ GAS SAVER)

また、細かい事ですが“Gassaver”の方が“つめかえ君”よりもガスの移動速度が早く、バルブも少ない回転量で全開になるので作業がスムーズに行えるようです。

さて・・・、私は、“つめかえ君”を改造し“つめかえ君・押忍!”と言うフザケタ命名をして使用していますが、これがまた自画自賛したくなるほど便利なのです。

オリジナル状態だとガスを移動させている途中でガスカートリッジの重量をチェックするため下側のカートリッジを回してネジを外さなければなりませんが、度重なるとかなり面倒ですし、オーバーチャージになってガスを捨てなければならないという無駄も起こりがちです。

また、上下のカートリッジの温度差が大きいほど詰め替えはスムーズなので、普通は下側のカートリッジを冷凍庫で冷やして作業するのですが、チェックのため何度もネジを外していたのでは、せっかく冷えたカートリッジが温まってガスの移動速度も低下してしまいます。

しかし、私の改造した“つめかえ君・押忍!”なら、上側のカートリッジにこの“つめかえ君・押忍!”を取り付けて、下側のカートリッジに押し付けてバルブを開くだけでガスの移動が始まり、チエックのためにカートリッジを取り外す時も、バルブを閉めて“つめかえ君・押忍!”の付いた上側のカートリッジを持ち上げるだけです。
この時プシュッとガスが漏れますが、ネジを回して取り外す時より漏れる量はかえって少ないくらいです。

そこで今回は“つめかえ君・押忍!”をさらに改良し、ガスの移動速度を早くする改造をおこないました。

加工したのは2種類3ヶ所です。

まずはカートリッジ取り付け部のプッシュピンの加工です。
“つめかえ君”では、カートリッジ取り付け部のプッシュピンでカートリッジ側のバルブを押して開く点では他ストーブや詰め替え器具と同じですが、この製品ではピン自体がパイプ状となってその内部をガスが通るようになっているのです。

また、このパイプ状プッシュピン末端にはガスがパイプ内部に流れ込むための細いスリ割り溝がありますが、ここがオリフィスとなってガスの流量が制限されてしまうようです。

そこで、プッシュピン中央の穴をΦ1.2㎜に広げ、溝も深いV字型に拡張し、末端もカートリッジ側のガスケットを傷付けないように丸みを帯びた形状にしました。
この加工を両側のカートリッジ取付け部2カ所に行いますが、分解してプッシュピン単体で加工すると作業が容易になります。
また、組立の時にはネジ部に配管接手用シールテープを巻いて気密を保ってください。

Tsumekae_4 Tkk_1
(ガスの流路が大きくなるよう中央のプッシュピンを加工、㊧→㊨)

続いてバルブを少ない回転で全開にするため、バルブステムの先端の細い突起部分を短くカットしました。
この部分はガス流量(火力)の微調節が必要な調理用ストーブでは必要な部分ですが、全開か全閉かで良いこの用途には必要が無いので、半分以下の長さにしてしまいましょう。

とにかくガスの詰め替作業はスピードが大事です、上下のガスカートリッジの温度差が縮まらないうちに作業を終了できるよう、素早くバルブの開閉ができるようにした訳です。

Tkk_2
(バルブステム先端の突起を短く加工した)

以前改造したものをあらためて記事にしたので、加工前の画像が無く説明不足かもしれませんが、要はガスの流路を太くし、バルブを少ない回転で全開になるように改造したという事です。
結果としては、詰め替え作業がスピードアップしてより快適になりましたので、まずまずのお薦め改造と言ったところでしょう。

・・・で、とりあえず“つめかえ君・押忍!/Speed”とでも命名してしておきましょうか。(笑)


さて・・・、これからこの種の詰め替え器具を購入するなら、コストパフォーマンスの高いG-Works社製の“GAS SAVER”か、チョット高価ですが気化ガス排出弁が付いてよりスムーズにガスの移動ができる?新製品の“GAS SAVER +(プラス)”(後日レポート予定!)でしょうから、もう元祖“つめかえ君”の出る幕は無いかも知れません。

Gsplus_4
(“GAS SAVER +”)

とは言え、既に大枚5,500円も払って“つめかえ君/N-N タイプ”を買ってしまった方も、悔しがってばかりでは能がありません。
お持ちの“つめかえ君”にこの改造を行って、『見栄えも性能も良いのに安価な後発製品』に一矢報いてはいかがでしょうか。
詰め替え作業がより快適にできるようになりますよ。



※通常のアウトドア用カートリッジ(通称OD缶)に、家庭用の安価なカセットコンロ用ガス(通称CB缶)を詰め替えてガス代を節約しようとお考えの方も多いと思いますが・・・、これだと夏のキャンプ場では問題無いとしても、登山では高所や低温時、また気化熱でカートリッジが冷えた時、ガスの燃焼効率が低下しますので、私は登山用としてはお薦めしません。

| | コメント (5)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »