« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月25日 (金)

“GAS SAVER/押忍!”に改造! ②

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★★☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆
(手作業で行えば“工作度 :★★☆☆☆” です)


【 「“GAS SAVER/押忍!”に改造! ①」からの続きです】


Dscf0343
(最終的にこんな形になります)

完成したかに見えた“GAS SAVER/押忍!”だったのですが・・・、実際にテストしてみたところ、下のカートリッジに押し付ける時にチョット曲がったりグラついたりした時、ガスが一瞬「プシュッ」と漏れてしまうのです。

これはネジを締め付けた時に、器具の安定と締め付け過ぎを防ぐためGAS SAVERのボディーの縁がカートリッジ上部に接触するようになっているのですが、この部分がテコの支点ようになってカートリッジが傾いた時にOリングが座面から離れガスが漏れてしまうからです。

“つめかえ君”では可動式のフランジがこの役割をしていますから、邪魔なら取り外してしまえば良いのですが、この“GAS SAVER”の場合はボディーがワンピースのためそうもいきません。
そこで、カートリッジに当たるボディーの一部を削ってしまうことにしました。

Tsumekae_5
(“つめかえ君”のフランジは簡単に着脱・調節ができる)

二度手間で面倒なのですが、再度4ツ爪チャックに咥え直しての切削です。
このような異形断面の断続切削はワークに強い力が加わりますので今度はスプリングピンを抜きバルブステムを取り外し、ボディー全体をシッカリ固定しての作業になりました。


せっかく手間をかけてセッティングしたついでなので画像にあるように大きく切削してしまいましたが、本当は1.5㎜ほど切り込めば十分だと思います。

Gworks_gs_2Gsos_1Gsos_2
(㊧加工前、→㊥㊨のようにカートリッジに接触する分を切削)

最後に・・・、これは特に必須ではありませんが、下側のOリングを低温でも柔軟なシリコン製に交換しておけば完璧でしょう。
(この用途では、常時液化ガスに接しているわけでないので低温下での柔軟性を優先しましたが、ガスバーナーでの通常使用にはNBR製のOリングが適しています)

Tkk_1
(㊧NBR製、㊨シリコンゴム製のOリング)



さて、作業後に思ったのは・・・、ネジ山を削り落すには何も自作バイトまで作らなくても、ワークがアルミですから低速回転で四角い精密ヤスリを手持ちでネジ山に押し付けても、問題無く作業が出来そうだという事です。

また、時間は掛かりますが、旋盤を使わずボディーを手持ちして回転させながら精密ヤスリ、あるいは鋼材で細い角柱状のキサゲを作ってネジ山を削っていっても同様な加工が出来そうです。

まぁ、ぶっちゃけた話・・・、ヤトイを作り、旋盤のチャックに咥えて、センター出しをして・・・、といった手間を考えれば、初めから手加工でネジ山を削り落としたほうが手っ取り早いと言う事です!。

また、ボディー下部とカートリッジの干渉を回避するための加工も、私はブログに掲載する関係で体裁にこだわり画像のように旋盤で綺麗に切削ましたが、実用性で考えればボディーの下部の角をグラインダーやヤスリで斜めに大きく面取りをする形に削っただけでもカートリッジとの接触は無くなりますのでそれでも十分でしょう。


とにかく、ガスの詰め替え作業がとても楽になりますから、“GAS SAVER”ユーザーにはかなりお薦めしたい改造です。




【余談ですが・・・】

ウェブ上には、もっと簡単なパイプと細径のゴムチューブなどで自作した簡単な「押し付け式の詰め替え器具」の実例が公開されています。

まぁ、自己責任で使う道具なのでそれはそれで結構な事なのですが・・・、ウェブからの情報を参考にこのような簡易型の詰め替え器具を自作するに当たっては、以下に述べる観点から十分な注意が必要だと私は考えます。

その理由は、市販の詰め替え器具の場合、座面からのプッシュピンの高さをOリングの潰れ代を考慮して適正に設定しているので、カートリッジ側のバルブを過度に押し開くことが無いのに対し、簡易型の詰め替え器具では場合によってはカートリッジ側のバルブを過度に押し下げて不具合を生じさせる危険性が排除できないと考えるからです。

幸いウェブ上で紹介されている幾つかの簡易詰め替え器具を拝見した限りでは特に問題は無さそうですが、これらを参考に自作に挑戦される方は下記の点に格段の配慮をお願いしたいと思います。

カートリッジ側のバルブは、適合するバーナーヘッドを使用するなら相当な回数の着脱(開閉)に耐えるように作られていますが、規格外の器具で想定されるストロークの範囲を超えて強い力でバルブを押し開いた場合、バルブ自体が損傷したり耐用回数が大きく減少してしまう事も十分考えられます。

そんな訳で、簡易型の詰め替え器具製作に当たっては、カートリッジ側のバルブに挿入される細径パイプの長さを十分に検討し、絶対に長すぎる事の無いよう注意する必要です。

そもそも、この手の簡易器具を含めガスの詰め替え器具全般は、ただでさえ法的にはグレーゾーンという理由で使用が黙認されているに過ぎません。
何らかの事故が起これば、それを口実にさらなる規制の強化がなされたり、販売禁止という暴挙にお墨付きを与える事にもなりかねないのです。

つきましては、こんなに便利で省エネにも貢献する(?)道具を、これ以上後ろめたい気持ちで使わねばならぬような息苦しい世の中にしないためにも、詰め替え器具全般の自作に当たっては、特に慎重な配慮を重ねてお願いしたいと思います。

| | コメント (0)

2013年10月17日 (木)

“GAS SAVER/押忍!”に改造 ! ①

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★★☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆



私は中途半端に残ったガスカートリッジの残量を一つにまとめたり、JETBOILで使った110型カートリッジに500型カートリッジからガスを補充するのに現在は “つめかえ君・押忍/Speed” をメインに使っています。

ブログネタ用に“GAS SAVER”や“GAS SAVER +”(画像↓)なんかも入手しましたが、結局“つめかえ君/押忍/Speed”が一番便利だからです。

Gsplus_1


しかし、“つめかえ君”よりも安価で、ガスの移動も早く、小型で内部残留ガスも少なく、バルブのON/OFF操作も素早くできる、(ネジ山の強度以外は)良い事尽くめの“GAS SAVER”を、“つめかえ君/押忍”のように、下のカートリッジに押し付けてバルブを開くだけで、素早くガスの移動ができるようになれば、理想の詰め替え器具になるはずです。

Gworks_gs_3
(韓国製の“GAS SAVER”)

では、私はなぜ今までこの“GAS SAVER”を“押忍タイプ”に改造しなかったのでしょうか?。
それは・・・、この改造には手間も暇もかかる事が予想され、単純に面倒臭かったからです。


“つめかえ君”のカートリッジ取り付けネジ部は長ナット状の6角形で、しかも簡単に分解できますから、旋盤の三ツ爪チャックに簡単に咥えられますし、センターも自動的に合わせられます。(画像↓)

Tsumekae_4
“つめかえ君/押忍”のカートリッジ取付け部

それに対し“GAS SAVER”のボディーは四角柱状ですから、旋盤のチャックを4ツ爪インディペンデントチャックに交換せねばなりませんし、ワークのセンター合わせにもかなりの手間が掛かります。

そして、一番厄介なのがカートリッジ取付け部の中央にあるプッシュピンの存在です。
“つめかえ君”のプッシュピンは分解時に取り外せますので、小さい中繰りバイトなら入るスペースが十分あり、内側のネジ山を簡単に削り落とす事ができました。

一方“GAS SAVER”のプッシュピンはボディーに嵌合されていて取り外しができず、それが邪魔になって小さな中繰りバイトすらワークの中に入らないのです。

Gsplus_3
(普通のバイトでは中央のピンとネジ山の間に入らない)

しかし、これしきの事で諦めたのでは山道具道楽の名が廃る・・・、という訳で、ブログネタ用にまたショウモナイ改造をしてみることにしました。


そんな訳で、取り敢えず工程を説明しておきます。

①まず“GAS SAVER”のボディーを旋盤のチャックに咥えるための簡単なヤトイを作ります。
本体のバルブステムはスプリングピンで留められているので、分解も可能ですが、今回は分解せずにバルブステムを逃げる溝を作ったヤトイを介してボディーを4ツ爪チャックに固定します。(Oリングとワイヤーノブを取り外し、切り子が入らないようにガスの穴を塞いでおきます)

Gso_2


②次に面倒なセンター合わせをします。
4つの爪を交互に少しづつ締めたり緩めたりを繰り返し、最後にダイヤルゲージを見ながら微調節します。(画像↓)

Gso_1


③次もまた面倒です。
極細の中繰りバイトを作らなければならないのです。

私は先が折れて廃棄するタップをグラインダーで粗整形し、ダイヤモンドラッパーで刃先を整えました。(画像↓)
1回だけ使用できれば構わないのでかなりテキトウに作りましたが、それでも十分使用に耐えました。

Dscf0347
(丸シャンクにはV溝のある敷板が必要)

④この折れタップで作った丸シャンクの自作バイトを、V溝のある敷板で刃高と刃角を合わせながら刃物台に取り付け、ネジ山を削り落とします。
バイトが細いので折らないよう少しづつ削り、時々110型カートリッジのネジ部をゲージにしてギリギリ挿入できるまで内径を拡げます。

以上、加工対象が小さいので模型用旋盤でも十分加工が可能でした。

Gso_4 Gso_7
(㊧自作のバイトで、㊨ネジ山を削り落とす)

これで目出度く完成です・・・、と言いたいところだったのですが・・・。

しかし・・・、実際にテストしてみたところ、“GAS SAVER”を下のカートリッジに押し付けてガスを移動中、チョット傾いたりグラついた時、ガスが一瞬「プシュッ」と漏れるのです。

これは“GAS SAVER”下部のガスカートリッジに接する部分の形状に問題があるからなのです。
それに気付かず作業完了だと思ったのですから、私もずいぶんと焼が回ったものです。

そんな訳で・・・、この状態でも使えない事はないのですが、より使い易い道具にするために少々追加改造を行う事にしました。


【以下続く・・・】

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

“ハイパーフロー・マイクロフィルター” 販売再開待望論?!

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆



Wt_3
(MSR 製の“ハイパーフロー・マイクロフィルター”)

夏の日本アルプスのメジャールートでは稜線の小屋でも水を買えますから、金さえあれば水で困ることは殆どありませんが・・・(600円/1リットルなんて小屋もありますからネ!)、営業小屋の無い山域では水の確保が登山の成否を左右する場合も少なくありません。
また、メジャールートでも10月末以降、山小屋が閉まると水を買うことも不可能になりますから、一転して水の入手に苦労することになります。

しかし、池や水溜りの水を利用できるなら秋のシーズンオフでも容易に水を得ることが可能となる場合も多いはずです。
例えば北アルプスでは、スゴ乗越では間山池、爺ヶ岳種池小屋では種池、烏帽子小屋では四十八池やヒョウタン池、南アでも白根御池小屋の御池など小屋が閉まっても水が調達できるテン場は幾つかあります。
また、餓鬼山のようにな水場の無い避難小屋でも近くに池があったり、避難小屋によっては天水桶に溜り水があったりする場合もあります。
また、谷川周辺でも蓬峠や朝日岳周辺では池塘の水が使えますし、東北の山などでは登山道の近くに池塘が点在する山域も結構あります。

しかし、池塘や溜り水あるいは小屋やテン場に近い池の水をそのまま利用する事が、かなりのリスクを伴うのはご承知の通りです。
大昔ですが、私は間山の池の水を使ってアメ-バー赤痢様症状となり死にそうになりました。
煮沸が中途半端だったのだと思いますが・・・、以後池塘などの溜り水にはかなり?注意するようになりました。(沢の水は今でもそのまま飲んじゃいますが・笑)

しかし、安全が保障されていない水を使用せざるを得ない場合、あるいは積極的に利用することで行動上の制約を軽減させられるケースも少なくありません。
そんな時に役立つのが『携行型の浄水器』と『次亜塩素系の殺菌剤』です。

通常なら浄水器で濾過した水を直接飲んでも問題は無いはずですが、それでも心配なら1リットルに1滴の殺菌剤を入れて数十分待てばほぼ安全な飲料水になります。
煮沸よりも簡単ですし、この方法でも多くの場合は天水を塩素で消毒した山小屋の高価な水よりもよっぽど美味しい水?になるでしょう。

Wt_2
(“ハイパーフロー・マイクロフィルター”と“次亜塩素系の殺菌剤”)

過去の記事にも書きましたが、私は現在ポンプ式の“MSR/ハイパーフローマイクロフィルター”を使用しています。

一時、重力式の浄水器も試してみましたが、これだと周囲がドロドロの池塘でも水際まで近づいてクッカーなどで水を汲み上部のリザーバーに入れなければならず、とても手間が掛かります。
その点ポンプ式なら、岸から離れていてもホース先端のプレフィルターを池に投げ込めば水面近くの濁りの無い水から簡単に飲料水を得られますから、重力式より格段に使い勝手が良いのです。

また、このホローファイバー(中空糸膜)を使った“MSR/ハイパーフローマイクロフィルター”はセラミックフィルターを使った浄水器と比べて格段に濾過速度が速く、行動時間の限られた登山にはもってこいです。
たぶん、現在市販されている携行型のポンプ式浄水器の中では最も軽く、また単位時間当たり最も多くの水を濾過できる製品だと思います。

現在私は、ハイドレーション用ホースと組み合わせたミニマムのシステムで直接プラティパスの水筒に浄化した水を注入する方法を採用していますが(画像↓)、今のところこれがベストな方法だと考えています。

この方式なら、フィルターのバックフラッシュをする場合もインレット側のシリンダーを取り外し、浄水済みの水の入ったプラティパスの水筒に圧力をかけてフィルターに逆流させるだけでOKです。
2個のチェックバルブを逆さまに付け替えてポンピングするという通常の方法(上記リンク、メーカーサイトの動画参照)と比較してかなり簡単に作業が完了します。(帰宅後にはしっかり通常の逆洗をしておきましょう!)

蛇足ですし正しい方法かは判りませんが、私はピストンのOリングの潤滑にリップクリームを使っています。
まぁ、山に持って行くものですから手近にありますし、口に入れても安全なモノですからたぶん大丈夫でしょう。(笑)

Wt_4
(これなら池塘から直接プラティパスに給水でき、逆洗も簡単にできる)


しかし、残念ながらこの製品には大きな問題があるのです。

散々褒めてからで恐縮ですが・・・、この“MSR/ハイパーフローマイクロフィルター”という浄水器は、当初は代理店経由で輸入できていたものが、ある日突然食品衛生法の関係で、日本国内では本体はおろか交換用カートリッジすら輸入許可が下りなくなってしまった、という致命的な法律的問題を抱えた製品なのです。

日本の愚かなお役人の法律解釈では、浄水器は「食器」の範疇に入り、熱湯に浸し続けた場合、樹脂部分から有害物質が溶け出さないか?という点で基準を満たさなかったと言う事らしいのですが・・・、浄水器で熱湯を扱うことなど絶対にありませんよね。

欧米では普通に使われている浄水器を、日本だけ食器と同じ安全基準で評価して輸入の許可を出さないなど、まさに滑稽な程の小役人の事勿れ主義と言わざるを得ません。

国内がこんな状態では、「食の安全」などというお題目を掲げて、頓珍漢な非関税障壁を振りかざしたってTPPの交渉の場で笑い者になるのがオチでしょうネ。(笑)
詳細は過去の記事の後段をご覧ください。

そんな訳で、私は仕方なく、タイムラグ無くメンテナンス用パーツを確保する目的で本体を2セット確保していますし、交換するカートリッジもわざわざ海外で購入してきました。

Wt_1 Wt_5
(㊧2個のハイパーフローマイクロフィルター と、㊨交換用カートリッジ)

・・・と、国内での入手はやや面倒ですが、北米のアウトドアショップでは普通に購入できますし、海外通販でもたぶん購入できるはずです。

正直な話、一般の登山ではあまり出番の無い道具かも知れませんが・・・、私はそうまでしても入手する価値は十分ある製品だと考えており、皆さんにも強くお勧めしたいと思います。

バックフラッシュさえ適切(メーカー推奨は8ℓ毎)に行えば、1個のカートリッジで1000リットル(メーカー公表値)は浄水できますから、見つけたら購入しておいても損は無いと思いますよ。



(P.S.)
私としては理不尽なお役所仕事で国内購入できなくなった、この“MSR/ハイパーフローマイクロフィルター”を何とか我が国のアウトドアシーンで再び活躍させたいと思っています。
どなたか、海外通販等で簡単に購入できるショップをご存知の方がいらっしゃいましたら、コメントにてご紹介いただければ幸いです。

| | コメント (4)

2013年10月 1日 (火)

ロールマット固定用ストラップ

便利度 :★★★★☆
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆



テント山行にマットは必需品です。

私は沢にも行きますので、基本的に半身用のエアマットを使用してザックの嵩を小さくするようにしていますが・・・、毎日エアマットに空気を入れ翌朝空気を抜いて収納するというのも結構面倒です。

そこで、ザックの荷姿が大きくなっても問題の無いルートの場合ロールマットを使用する事もよくありますが、その場合はマット自体の嵩が大きなためザックへの固定には少々頭を使います。

本当はザックのトップリッドの上に横位置に固定できれば、薮や岩に引っ掛かり難いのですが、最近のザックはこの位置に取り付け難くなっていますし、取り付けたら付けたでトップリッドやポケットを開ける時に邪魔になってします。

また、ザック下部に横位置で固定するのも平地歩行なら問題無いのですが、山道だと急な下りで度々引っ掛かり気になります。

そんな理由でザックの横に縦位置でマットを固定している方も多いと思います。(まぁ、これはこれで薮や岩場の通過ではかなり邪魔なんですが・・・)

この場合、ザックのサイドコンプレッションベルトに汎用のバックル付きストラップで適当に固定する方がほとんどだと思いますが、これだとどうしても取り付けがブラブラして不安定になったり、行動中バックルが弛んでしまう事も起こりがちです。

Sm_1
(簡単なコースではザックのサイドにマットを取り付けるのも良い)

そこで私は上下のサイドコンプレッションベルトに樹脂製のコキを間隔を開けて2個づつ取り付け、そこにリリースバックル(通称“パッチン”)付きのストラップを通し、そのストラップでスリーピングマットを固定するようにしてみました。

Sm_4 Sm_2
(㊧専用ストラップを取り付け ㊨ロールマットを固定する)

構造は説明するまでも無いと思いますが、唯一プラスチックバックルの選択には要注意です。
折り畳みのマットなら普通のバックルでもなんとかなりますが、ロールマットの場合は通常のリリースバックルだと行動中に弛んでしまう事がありますので、可能ならNifcoの“SRC20”等のカーブタイプのバックル(詳細は過去の記事をご参照ください)を使うのがベターだと思います。

また、カーブタイプのバックルを使ったストラップは、マットでなくても筒状の物を固定するのに最適で、長短2~3本持っていると重宝しますが、残念ながら完成品は市販はされていないようなので、暇な時にまとめて作っておくと良いでしょう。

Sm_3
(カーブタイプのバックルを使用すると安心だ)

今回ご紹介したロールマット固定用のストラップも取るに足りないようなチョットした工夫かも知れませんが、こうしておけば出発時にマットをくるくるっと巻いてパチンと留めるだけでOKですし、しかもグラグラせずしっかり固定されますから予想以上に便利に使えますよ!

マットの固定が気になっていた方は良かったらお試しください。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »