« “チタン製焚火グリル” ロングタイプの製作 | トップページ | “SUS304パイプの焚火グリル”(HDタイプ) »

2013年11月11日 (月)

推薦! Sea to Summit のモスキートネット

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :★☆☆☆☆

(殺虫成分“ペルメトリン”が気になる方は使わないでネ)

【霜月も半ばなのに真夏ネタもなんですが・・・】

夏山で厄介なのが吸血昆虫の存在です。

何千匹ものメジロ(アブ)の大群に取り囲まれ、油断すると服だろうと軍手のの上からだろうと容赦無く刺してくる・・・、という状況になると、もはや登山どころではありませんし、極端な場合は車のドアを開ける事さえ躊躇するような熱烈歓迎を受ける事さえあります。

また、アブほど大きくないとはいえ、ブヨ(ブユ)も油断できません。
人の周りに無数のブヨが黒いつむじ風のように纏わり付き、払っても払ってもキリが無い・・・、なんて状況が続くと本当に発狂してしまいそうです。

まぁ、こんな状況が予想される山域や期間には登山を控えるのが賢明というものです。
しかし、そんな時期でも増水で幼虫が流されたためか、あるいは別の原因なのか・・・、不思議と虫のムの字も見かけないような快適な登山が出来る場合も無い訳ではないので、行かないで後悔するのも口惜しいし・・・、と悩みは尽きません。

また、長い休みの取れる夏にしか「そこ」に行けないとか、その時期に「そこ」に行かなくては納得のできる釣りができない、とかの理由で虫の危険を覚悟してでも敢えて行ってみなければ気が済まない・・・、というのが沢屋の微妙な心理というものでしょう。
結果的にはラッキーな山行になる確率は僅かで、行っても車から一歩も出られなかったり、林道でアブに追い返されたり、あるいは強行したおかげで体中凸凹にされて医者通いさせられたりと酷い目に遭う事が殆どで、さらに帰ってからも暫くは車のそこら中に転がる干乾びたアブの死骸に嫌でも悪夢を思い出さされる事になるのです。


さて、そんな時、頼りになるのがディートが主成分の虫除け剤とモスキートネット(バグネット)です。

Bnet_1
(モスキートネットと小さなスプレーボトルに入れた昆虫忌避剤)

アブだと長袖のジャージを着込んでも上から刺してきますし、藪蚊やブヨはアブと違って服の上から刺してくるれることは少ないとは言え、その分顔を集中的に狙われるので困ってしまいます。

何れにしろ、顔を何発もやられると、虫に弱い体質の人だと翌日にはノーメークで四谷怪談に出演できそうな顔になってしまいますので、特に女性にとっては重大な問題です。

その意味でも、最低限顔だけは守ってくれるモスキートネットは、やはり夏山の必需品と言って良いでしょう。

私も夏の山に行くときは必ず虫除け剤とモスキートネットを持つことにしているのですが・・・、今シーズン初めて使った「 Sea to Summit のモスキートヘッドネット」がとても気に入りましたので皆さんにもご紹介したいと思います。

Bnet_2 Bnet_3
(Sea to summit のモスキートネット)

この製品は、WHOやユニセフが途上国のマラリア感染対策として採用している、ペルメトリンという殺虫成分を繊維自体に含浸させたネットで作られています。

ペルメトリン自体の毒性と、これを使った蚊帳の副次効果等々・・・、途上国での使用には賛否のあるところですが、私のように老い先短い人間にとっては山で短期間使う程度なら心配する必要は無いでしょう。

Bnet_4
(“Permethrin Treated”との記載がある)

また、私はテン場で林業用の太い蚊取り線香からモクモク煙を出して虫除けにすることも多いのですが、ペルメトリンはあれと同じような成分ですから、むしろ蚊取り線香の方が体に悪そうですし、第一そんな事一々気にしていたら山登りなんてやってられませんよね(笑)。


さて、私はこの夏、虫が多いと言われる東北の某所を歩いたのですが、予想通り顔の周りには無数のブヨに纏わり付かれました。

しかし、大きな鍔付の帽子の上からこのモスキートネットを被ったところ、当然ですがブヨは顔に近付けませんし、またペルメトリンの効果なのか気のせいなのかは分かりませんが、ネットに止る虫の数もゼロではないにしろ、普通のモスキートネットより体感的にずいぶん少ないと感じましたし、襟首や胸元を咬まれることもありませんでした。

これだったらタープだけのビバークでも、被って寝れば網の目を潜って来る小さなヌカカなんかも効率的に排除してくれそうです。
これでペルメトリンの防虫有効期間が3~5年あって、1000円少々で買えるのだったら御守り代わりに1つ持っていても損は無いでしょう。

まぁ、ただの筒状の網ですので、どれを選んでも実質的には大差は無いのかもしれませんが・・・、この製品はペルメトリン加工がしてあるという事に加え、素材が細く黒い糸で編まれた網なので視界も良好ですし、風通しも良くかなり快適に使用できますので、(ペルメトリンが嫌いな方以外には!)自信を持ってお薦めのできる製品だと思います。

|

« “チタン製焚火グリル” ロングタイプの製作 | トップページ | “SUS304パイプの焚火グリル”(HDタイプ) »

その他・一般」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

いつもブログを読ませてもらってます。良い情報ありがとうございます!
本題とずれてしまってすみませんが、虫除け剤は何を使われてますか?もしよかったら教えて下さい。

投稿: ごっち | 2013年11月19日 (火) 09時08分

“ごっち”さんようこそ。
私は虫除けにディート(ジエチルトリアミド)を主成分にしたモノを使っています。
化学物質嫌いの方にはお薦めしませんが「ムシペール」とか「サラテクト」なんかがこれです。
無名の物でもディートが10%位含まれている物なら効果は同じですから安いのを選んで買っても全くOKです。(日本の法令では濃度12%以下が許容範囲だそうです)
ベトナム戦争後は(古っ!)日本にも米軍のODカラーの容器に入った“Insect repellent”のサープラスが出回り、これは強烈で汗で流れて口に入れば劇苦、目に入れば・・・、というほどのディート濃度でした。その分効果は絶大なもののチョット危険そうでした。(笑)
現在市販のものは濃度も低く、私は安全だと判断して使っています。
それが嫌ならハッカ油やハーブ系の虫除けを使ってください。
では!

投稿: 理事長 | 2013年11月19日 (火) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “チタン製焚火グリル” ロングタイプの製作 | トップページ | “SUS304パイプの焚火グリル”(HDタイプ) »