« P-153 のウインドシールドを改良② | トップページ | スキーポールのストラップに一工夫? »

2013年12月28日 (土)

G-Works “GAS SAVER + ”は、どこが変わった?

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆





Gworks_gs_5
(前モデルの “GAS SAVER ”)


過去に何度も登山用ガスカートリッジのガス詰め替えについての記事を書きましたが、多分この種の詰め替え器具としては、ほぼ完成形と思われる “GAS SAVER + ”という器具が販売されています。

過去の記事でレポートとすると予告しながらうっかり失念し、半年も経ってからの報告になってしまいました事をお許しください。


さて、この製品は以前もご紹介した韓国のG-Works 社から発売された “GAS SAVER  ”という前モデルからのバージョンアップ版です。

Gsplus_1
(㊧ GAS Saver、 ㊨GAS SAVER +)

両者とも外見はあまり変わっていませんが、側面の押しボタンの有無で新旧製品の見分けがつきます。

ではこの新製品、どこが進化したのかと言うと、2次側つまり下になるカートリッジの内圧を下げるマニュアルのリリーフバルブが設けられたという事です。
先ほど述べた側面の押しボタンはモメンタリーにこの減圧弁を作動させるためのものなのです。

Gsplus_4_2
(精巧な仕上げのリリーフバルブ)

国内の実勢価格では“GAS SAVER + ”が3,000円弱、“GAS SAVER + ”が4,000円強ですから、この減圧弁が有るか無いかで前モデルの1.5倍、1,500円程度(韓国内でも32,000-20,000=8,000ウォン≒1,100円の差)も価格差がある訳ですが、今回はこの価格差に見合った性能の向上が在るのかを検証してみましょう。

製品を見てみると、単にリリーフバルブを取り付けただけでなく、アウトレット側のプッシュピンがパイプ状になっていたり今回、の改良に際しかなりの設計変更があり、この価格差もやむ無しといった感があります。

Gsplus_2  Gsplus_3
(新製品は細かい点でかなり改良されている)

さて、まずこの減圧弁の効能について解説しておきましょう。
ガスの詰め替え作業とは、ガスカートリッジ上下に詰め替え器具で連結し、倒立した上のカートリッジから下のカートリッジにガスを移動させることです。

しかし、重力だけではガス缶同士のガスの移動は起こりませんので、上下のカートリッジの内圧差、つまり上側のカートリッジの内圧を下側より高くして、上側の液化したガスを気化したガスの圧力で、内圧の低い下側のカートリッジに注入するということです。

そんな訳で、上下のカートリッジに圧力差を付けガスを移動させるためには、下のカートリッジを冷やすか、上のカートリッジを温めるかして相対的に下側のカートリッジの内圧を下げる必要があるわけです。

私は普通下側(充填される側)のカートリッジを冷凍庫で10分以上キンキンに冷やしてから作業すのですが、特に下側のカートリッジが殆ど空っぽか液化したガス残量が少ない場合、上側の温度の高いガスが大量に流入するわけですから、途中で内圧差が減少しガスの移動が緩慢になってしまうと言う現象が起こってしまうのです。

そこで、この“GAS SAVER + ”の減圧弁は詰め替え前に下側のカートリッジに残った気化ガスの圧力を事前に逃がして充填効率を高めようという意図で設けられたもののようです。

使用に際して、“GAS SAVER + ”は“GAS SAVER ”と異なり上下の区別がありますから、ここだけ間違えなければ操作は旧来の詰め替え器具と変わりありません。
また、器具の上下は直感的には判断できず、慣れないうちは側面のロゴを見て判断する事になりますが。なぜもう少し判りやすい上下の表示をしなかったのか理解できません。

作業は従来品と同じく、上側に常温か温めたカートリッジを装着し、減圧弁のある下側には冷凍庫で冷やしたカートリッジを連結させ、後はメインバルブを開いてガスを移動させるだけです。

実際に使ってみた結果では、残量の多いカートリッジに少し注ぎ足し充填する程度の場合には、下側のカートリッジが十分冷やされているならこの減圧弁の有り難さをあまり実感できないかもしれません。

残量の少ないカートリッジに充填する場合には、メインバルブを開ける前に減圧弁のボタンを押して余分な圧力を逃がし、また流入した液化ガスで下側のカートリッジが温まって内圧差が少なくなり、ガス移動が緩慢になったと感じたら、一旦メインバルブを閉じ、その状態でまた減圧弁で余分な圧力を逃がしてから作業を再開すればよいのですが、この場合でも上下のカートリッジの間に温度差が無いとスムーズなガスの移動はできません。



価格差と効果の見極めは人それぞれの感覚でしょうが、私としては多少の出費増でも取り敢えず高機能なモノを、とお考えの方は“GAS SAVER + ”を、無駄な出費を抑え実用性重視でモノを購入したい、と考える方は従来型の“GAS SAVER ”を購入すれば良いんじゃないかと思います。

まぁ、私的には工作が可能なら、安価な“GAS SAVER ”を買って“GAS SAVER/押忍 ”に改造するのが一番だと思いますが・・・。




※ガスの詰め替えは火気の無い場所で行い、オーバーチャージにならぬよう1グラム単位で計測できるデジタルスケールを必ず併用して、自己責任下で行ってください。

|

« P-153 のウインドシールドを改良② | トップページ | スキーポールのストラップに一工夫? »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

GAS SAVER +の評価記事、ありがとうごいました。お礼が遅くなりましたが、掲載当日に拝見しています。

去年は冬に向かってモンベルのOutDry(自転車用に)を買い、先日はeTrex30の並行輸入品が2万円ぽっきりでアマゾンにでたので買い(もちろん地図はいどんなっぷを)、実際にeTrexを触ってみると携帯のストラップでは弱いかと、ラニヤードと補修用のケブラーコードなどを買い、次はGAS SAVER +か…………。

いやはや当サイトの影響力が強いのか、わたしが感化されやすいのか。

今年も楽しみに拝見しています。よろしく。

投稿: OJer | 2014年1月17日 (金) 13時35分

OJerさん今年もよろしくお願いいたします!

GAS SAVER+ も悪くないんですが普通のGAS SAVERを買って押し付けタイプに改造するともっと良いと思いますよ。
下側カートリッジのガス抜きだってバルブを閉じてからGAS SAVERをチョット傾けるだけでOKですから。

あと、eTrex30が2万円というのも凄いですね!
まぁ、この位の値段で売っても商売になるという事なんでしょうが、そうすると正規の日本語版のあの価格はいったいなん何でしょうね?。(笑)

投稿: 理事長 | 2014年1月17日 (金) 15時05分

こんばんわ。ガスセーバーを知って欲しくなりましたが
ヤフー、楽天、アマゾンにも売っていません。
皆さんはどのように購入しているのでしょうか?

投稿: 軽登山 | 2015年3月15日 (日) 19時13分

“軽登山”さん、はじめまして。

以前はアマゾンでも売っていたんですが、最近は売ってないようですね。
でも同じような物ならヤフオクに出品されていますよ。↓

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d165425287

投稿: 理事長 | 2015年3月15日 (日) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« P-153 のウインドシールドを改良② | トップページ | スキーポールのストラップに一工夫? »