« 旧型“Whippet”を改良する ① | トップページ | ATLAS のリベンジが始まった? (Aspect 24) »

2014年1月27日 (月)

旧型“Whippet”を改良する ②

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★☆☆
推薦度 :★★★☆☆
危険度 :★☆☆☆☆

(失敗を恐れない勇気ある方には、推薦度★★★★★です!)


旧型“Whippet”を改良する ①  からの続きです 】


Dscf3581 Dscf3588 Dscf3587
(完成状態・なおゴチャゴチャしたショックコードはピックカバー用のものです)


さて、ヘッドの構造が判ったところで早速改造作業に取り掛かります。

まずリッパーでストラップの縫い目を解きヘッドから取り外します。

次に取り外したストラップを画像のように新たに縫製します。
オリジナル状態にはストラップに左右はありませんでしたが、今回はきちんと左右を分けるようにしてみました。

9 10
(左右が判別できるように縫い付けた)

また、構造上ストラップを短い位置で固定できるようにテープを横断する位置にもステッチを3ヶ所平行して入れました。(画像↑㊧)

ストラップができたところで、いよいよグリップヘッド部分の改造に入ります。

まず、ヘッドカバーの後側のピンを抜いた穴(画像↓)をΦ3.5㎜のドリルで貫通させ両側とも面取りをしておきます。

7

次に軟質樹脂のグリップの上面、ヘッドの穴の真下あたりから縦に、良く切れる新品のドリルで貫通穴を開けます。
穴はヘッドの両側2カ所で、下側は普通のグリップだとストラップが付いている位置に貫通するように加工してください。
失敗は許されませんので慎重に作業してください。(画像↓)

3_2 3_1
(コードが通っているのがグリップに開けた穴、U字型に見える部分にストラップを通して固定する

これで、面倒な工作はお終いです。
あとは丈夫な呼び径Φ4㎜程度のナイロンコードを加工した穴とストラップに通し、強く締めこんでヘッドの穴に結んでしまいます。
念のため、結び目は接着剤で固めておくと安心でしょう。

1_2 2
(㊧ヘッドの穴→グリップの穴→ストラップ→グリップの穴、と通し、㊨結んで固定)

これで、ストラップに掛かった荷重がコード経由で直接ヘッドに掛かるというかなり頑丈な構造ができたわけです。

ついでに、結んだコードの末端にはザックに固定する時のための小さなループを作っておきましょう。(画像↓)
またストラップの上端はカバーの固定を兼ね、タイラップで元々ストラップが付いていたスリットに固定しました。
タイラップは取り外したピンの代わりに左右のカバーを結合する意味もありますので、やや大きめのサイズが良いでしょう。

4_2 5_2
(結んだコードの末端には小さなループを作っておくと便利)

これで完成です。
実際に握ってみた感じも改造前のような違和感が無く、普通のグリップを握っているようで、外見は少々ゴツくなりましたが、素人細工としてはまずまず大成功と言ったところでしょう。

4_3 6_2
(㊧オリジナル状態、→ ㊨改造後、グリップ感は格段に向上)


さて・・・、これからセルフアレストポールを購入しようとしている人は非常にラッキーです。
お金さえ払えばこんな苦労をせずに、握りやすく、また錆びないステンレスピックのNew Whippet が購入できるのですから・・・。

そんな訳で、私同様旧型の“ウィペット”をお持ちの方で、新しい改良型の発売に悔しい思いをしている方は是非お試しください。

『今まで、よくあんなの使ってたなぁ!』と言いたくなるほどのグリップ感の違いにビックリしますよ!

|

« 旧型“Whippet”を改良する ① | トップページ | ATLAS のリベンジが始まった? (Aspect 24) »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旧型“Whippet”を改良する ① | トップページ | ATLAS のリベンジが始まった? (Aspect 24) »