« “SUS304パイプの焚火グリル”(ライトタイプ) | トップページ | “ハンマー・ホルスター”を縫う »

2014年2月24日 (月)

“苔 リムーバー(笑)” を試す?!

便利度 :★★★☆☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★☆☆☆☆
危険度 :☆☆☆☆☆


私は沢登りの時に“アクアスレルスソール”の沢靴を履くことが多いのですが、これだと下山靴を持たなくて良い反面、苔の付いた岩や、皮の剥けた流木などの場合、フェルトソールよりかなり滑ります。

まぁ、フェルトと言えども茶色っぽい苔なんかでは程度の差こそあれやはり滑りますが、入渓してすぐ、いきなり滑って盛大にコケてしまうと、その日は終日茶色の石が怖くなって妙に警戒してしまい、イマイチ沢を楽しめなくなってしまいますよね。(笑)

Dscf3485
(おっとっと!!・笑)

で・・・、話は変わりますが、この記事では便宜上、『苔』と表現をしていますが、実際に沢屋の宿敵となる滑るコケの正体は、杉苔や水苔といった植物の蘚苔類つまり狭義の苔ではなく、石に付着した藍藻類や、珪藻類の群体が石の表面でバイオフィルムとなった状態、もしくはそれらが枯死して腐敗しかけた状態があの滑るコケの正体なのだそうです。
鮎が食べる石のコケというのも同様に、厳密には苔ではないのでしょうね。


さて、乾いた岩にラバーソールだと5.10位ならホイホイ登れちゃう方でも、初めて行った沢で靴底のフリクションに一度不安を抱いてしまうと、その勝手の違いに戸惑い、変な所で固まってしまうというのもままあることです。

沢慣れた方でも、高度感のある滝の上部で落ち口に斜上するような時、外傾したフットホールドがコケで滑ると中々一歩を踏み出す勇気が出ないという事もよくあるんじゃないでしょうか。

そんな時は、コロンブスの卵じゃないですが・・・、フットホールドのコケを剥がしちゃうのが一番じゃないでしょうか。(笑)
幸いにして、沢登りは投げ縄でも、チッピングでも何でもOK(?)の世界なんですからね。

まぁ、沢登りは所謂スポーツクライミングではないので、変な事をしても“チョンボ”呼ばわりをされる事はありませんから、コケが滑るんなら堂々と剥がしちゃうのが最善策というわけです。

特に沢登り講習会や新人歓迎の沢なんかでは、初回でいきなり沢を嫌いにならないように、滑るコケの不安を事前に除いてあげるとより沢を楽しんでもらえる筈ですよね。

そんな訳で、今でもタワシや歯ブラシなんかを持って行く沢屋もいるようですが、それより軽く嵩張らず、しかももっと強力にコケを除去できるものは無いかと考えて辿り着いた結論が“サンドシート”などと呼ばれるマット状の研磨材です。(画像↓)

Dscf3498

最近はホームセンターならどこでも置いてありますから、その内『荒目』の物を選び、適当な大きさにカットすれば出来上がりです。
持ち易いように穴を開けて細引きを通したり、ポケットに入れる時用の厚手の小さなポリ袋に入れたりと各自が工夫をすればより使い易くなるでしょう。



Cimg1699 Cimg1700

上の画像は試験的に“サンドシート”でヌルヌルのコケを取ってみたところです。
画像では分かり難いかもしれませんが、ヌルヌルに滑っていた箇所を、ほとんど滑らない状態にすることができました。

実際にはあまり出番の無い道具ですし、正直私も積極的に持って行こうとは思いませんが(笑)、初心者を沢に連れて行くときなど御守り代わりにポケットに入れておくと、ひょっとしたら役に立つかもしれませんよ。

|

« “SUS304パイプの焚火グリル”(ライトタイプ) | トップページ | “ハンマー・ホルスター”を縫う »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

盛んに沢に通っていたころは、コケを剥がしちゃうというのはまったく発想できなかったなあ。わたしのは3M製ですが多分同様な製品を魚を捌くときのヌメリ取りに使っています。微生物層を刮ぐという意味では同じかな? ヒラメなんかだと鱗取りにも使えます。メーカーの想定した用途とはまったく違うでしょうが、いろいろ使い道ありますね。ははは。

投稿: OJer | 2014年2月28日 (金) 20時50分

OJerさんようこそ!

正直な話、この記事は冗談半分で書いたものなので、実用性については私自身よくわかりませんし、私自身も沢に持って行くことはあまり無いと思います。(笑)
しかし、実験した限りではヌルヌルの足場を数回ゴシゴシするだけで、ほとんど滑らない状態にすることができました。
そんな訳で、強くお薦めはしませんが、冗談話のネタくらいのつもりで皆さんも試してみたらいかがでしょうか。

投稿: 理事長 | 2014年3月 1日 (土) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “SUS304パイプの焚火グリル”(ライトタイプ) | トップページ | “ハンマー・ホルスター”を縫う »