« 1BOX用の車内積みキャリーを取り付ける | トップページ | 自作インナー・オーブンを試す① »

2014年3月23日 (日)

シンプルなスキーリーシュを作る

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


Ski_l_1
(今回は自作のスキーリーシュです)

筋力・持久力とも昔のようにはいかない年齢になった私は、スキーツアー時に軽さを最優先してDYNAFITのビンディングを多用します。
さらに、その軽快さを活かすため、TLT-SpeedSpeed-RADICAL等のブレーキの無い機種を選んだり、COMFORT・VERTICAL・RADICAL等の機種でもブレーキを取り外して使用しています。


(最近のDYNFITではブレーキの取り外しが簡単にできなくなりましたが、ブレーキ付きの機種でも登行モードではブレーキがアクティブではありませんし、ロックレバーが完全に作動していない状態だと登行中にスキーを流してしまう危険も無い訳ではありませんから、簡単な着脱可能式リーシュやスキートレーサーを併用しておいた方が良いと思います)


そんな訳で、私はブレーキ無しのビンディングとリーシュを組み合わせているのですが、今回は私の使っているシンプルな自作スキーリーシュをご紹介したいと思います。

画像をご覧いただければお判りだとは思いますが、構造はショックコード入りのチューブラーテープとナス環(フック)を組み合わせたものです。
なお、ショックコード入りのリーシュについては以前ご紹介した記事をご参照ください。

全体はモンベルのスキーリーシュと類似していますが、ナス環を引っ掛けるリングの部分をナイロンテープで延長してあるのが私の自作リーシュの特徴です。

Ski_l_2
(黒いテープ部は手袋をしていても持ちやすい)

ステンレスリングの付いた黒いテープは適度な抵抗を持って遊動するようにショックコード入りのチューブラーテープに通されています。
また、ブーツの上の脹脛部分に回して装着できるようモンベル製より長めに作ってありますので、小さなブーツでもモンベル製のようにリーシュがスッポ抜ける事は無いでしょう。

そして、小さなアイデアではありますが、この黒いテープの部分を持って着脱できるので、モンベルの既製品より手袋をしたままでの着脱が非常に容易になっています。
外見はシンプルですが、プラスチックバックルやベルクロを使用したリーシュよりも構造が簡単な分トラブルも少ないはずです。

Ski_l_3
(脹脛の周囲に回してフックをリングに留めて装着)

また上の画像では分かり難いのですが、オレンジ色のシリコンゴム製のOリングは雪崩対策用です。

止むを得ず危なそうな斜面で行動しなければならない時には、ステンレスのリングではなく、このゴム製のOリングにナス環を掛けておけば、チョットした転倒程度なら流れ止めとなり、また万が一雪崩に流され強い力で引っ張られた時には破断して身体を自由にしてくれますので生存の可能性が少しは高まるのではと思い、気休めで取り付けてみました。


Ski_l_4 Ski_l_5
(Oリングの太さについては現在検討中)

最近、テレマークを中心に、短いワイヤー製リーシュをブーツに留める方法が主流になっているようですが、この方法は確かに外見もシンプルでカッコイイのですが、実際には着脱も体を深く屈ませなくてはなりませんし、手袋のままだと意外と困難です。

その点、多少見栄えは悪いかもしれませんが、今回ご紹介したようなオーソドックスなリーシュも意外と使い易いので皆さんも自作してみてはいかがでしょうか。

|

« 1BOX用の車内積みキャリーを取り付ける | トップページ | 自作インナー・オーブンを試す① »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1BOX用の車内積みキャリーを取り付ける | トップページ | 自作インナー・オーブンを試す① »