« “TOPO 10M + /Ver.2 ”は良くなったのか? | トップページ | G3スキンの長さ調節? »

2014年7月14日 (月)

ボード用ロータリーブラシってどうよ?

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


スキーやボードのワクシングは結構奥の深い世界です。
特に仕上げのブラッシングで手抜きをして、生ワックスが滑走面に残っていたりすると、雪質によってはワックスを掛ける前よりかえって滑らない板になってしまいます。

その面倒なブラッシングを圧倒的に楽にしてくれるのがロータリーブラシの使用です。
そんな訳で私も以前から数種類のロータリーブラシを組み合わせて仕上げを行ってきました。(画像↓)

1

さて、以前はロータリーブラシもスキー用の標準幅110㎜前後の物しかありませんでしたので幅の広いスノーボードにもこのスキー用のブラシを使っていました。

その後ボード用のロータリーブラシも発売されましたが、それは基本的にプロショップ専用とあってかなり高額の商品で、しかもハンドルまで高価なロングタイプを別購入しなければならなりません。
いわば素人の趣味の範囲を超えたスペシャルツールだったのです。

しかし・・・、先日ネットを検索していたら、“ガリウム”という国産メーカーから以前と比較すると半額以下の価格設定でボード用のロータリーブラシが発売されているのを発見しました。

3
(㊤“ガリウム”のボード用 ㊦普通のスキー用)

そんな訳で早速購入決定!

しかし、安くなったとはいえそれなりの出費となるブラシを3種類とも買うほど太っ腹にはなれず、必要に応じてスキー用のロータリーブラシと併用する事として、今回はハンドルと、一番使用頻度が高いであろうナイロンのハードブラシのみ購入することにしました。

早速使ってみましたが、ブラシの外径がスキー用より細いため、ドリルがソールに近い位置となり、当初は違和感もはありましたが、さすがに幅が2倍あるおかげで、ボードのブラッシング仕上げはかなり楽です。

また、ブラシの外径が細いということは、同じ回転数なら周速度が低くなるということですから、使用するドリルは高回転数の出せるAC電源の物が良いでしょう。
因みに、このブラシの推奨回転数も1500~1800rpmとなっています。

あと、作業中は大量のワックスダストが舞い上がりますので、防塵マスクをして頭にはタオルを巻き、できたら作業用ゴーグルを掛けたほうが良いでしょう。

4
(パワーのあるACドリルと組み合わせて使用する)

また、ロータリーブラシにはパワーのあるAC電源のドリルを使うのが基本ですが、必要に応じ、このロータリーブラシを効率的に使用できる1500rpm程度の回転数を出せるリチウムイオンバッテリーのドリルを組み合わせれば、応用範囲はさらに広がります。
この組み合わせなら、遠征先の駐車場で生塗りワックスやリキッドワックス塗布後の磨き仕上げ程度ならいとも簡単にできてしまいます。

8 6
(18V・リチウムイオン電池のコードレスドリルなら十分使用できる)

また、スキーにワックスを掛ける時には、ロングタイプのシャフトに通常幅のナイロンとボアなど2種のブラシを通しておくと、一々ブラシを交換せずにブラシの使い分けができて便利かもしれません。

ワックス掛けに拘りを持っている方や、アマチュアでも多数のボードにワックス掛けをする必要がある方以外には敢えてお薦めしませんが、実勢価格がセットで1万円少々ならお財布に余裕のある時に思い切って買っておいても後悔はしないと思いますよ。

|

« “TOPO 10M + /Ver.2 ”は良くなったのか? | トップページ | G3スキンの長さ調節? »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

!!理事長、復帰でしょうか!!
久々の更新、楽しく読ませて頂きました
先日は僕のブログにも、コメ頂きありがとうございます。

僕も意味があるかどうかは、はなはだ疑問ですが、パラフィンワックスを塗り重ねる際も、ブラシしてます。

大半のロッドが電気ドリルを対象にしているせいか、ロッドにチャック用の溝が無いのが面倒だなといつも思います。

投稿: Katsu | 2014年7月15日 (火) 11時34分

Katsu さんまいどです!

まぁ、当面はジョギング程度にもドクターストップが掛かっちゃう状況なんで、「復帰」と言うわけでもないんですが・・・。(涙!)

今後ともよろしくお願いします。

投稿: 理事長 | 2014年7月16日 (水) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “TOPO 10M + /Ver.2 ”は良くなったのか? | トップページ | G3スキンの長さ調節? »