« ボード用ロータリーブラシってどうよ? | トップページ | アーク の“Briza”用オーバーサイズ・フレーム? »

2014年7月29日 (火)

G3スキンの長さ調節?

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★☆☆☆
危険度 :☆☆☆☆☆


2
(今回はG3スキンを短くカットしました)

真夏に冬ネタも何ですが・・・・、事情斟酌の上ご容赦くださいネ。


さて・・・、大昔のテープ取り付け式シールは対応できる長さの融通がききましたし、以前のスキーシール(クライミングスキン)も貼り流しが主流で、スキーも寸胴でしたから、買ってきてテールをカットすればその日にでもすぐ使えましたし、多少の長さの違いなら複数のスキーで使い回しも可能でした。

しかし、スキーのサイドカーブが強くなって、特定の板用にカットするとシールの使い回しは以前のように簡単ではなくなりました。

幅の広いスキー用にトリミングしたシールを、ほぼ同じ長さで細い板用にカットし直す以外には使い回しが困難になってしまったのです。
それでも、BDのスキンならカットしてテールストラップの取り付け部を再加工したり、チップループを付け直したりすることで、長さの融通は利いたのですが、G3のようにトップテールともラミネート加工してあるシールでは基本的に本体部分での長さ調整はできません。

まぁ、テールストラップ又はチップループををBD等の別売パーツに交換すれば長さの調整は可能ですが、パーツとはいえ結構な出費を覚悟しなければなりません。

そこで、私はシールの使い回しの時に、金を掛けずG3のシールの長さ調整を(短くする場合のみですが・・・)する方法を実行してみました。

画像をご覧になれば一目瞭然、コロンブスの卵的な発想で、チップクリップ直下でシールをカットし、新しいスキーに合わせて短く詰めて縫い付けちゃうだけの話です。

1_2  3
(こんな感じで縫い付けるだけ!)

太めの糸で詰めた部分を縫い付けるだけですから、特に説明は必要ないと思います。
しかし、縫う時に針と糸にグルーがベタベタと纏わり付き、そのうちに手までベトベトになり、洗ってもなかなか落ちず不愉快極まりませんが・・・、これで1万何千円也の新たな出費を抑えられると思えば我慢でも辛抱でもできるはずです。

第一、スキーがダメになったからといって、グルーを塗り直せばまだ使える健在なシールまで捨ててしまうというのも道具に対して罰当たりな話ですから、手がベトベトになるのを覚悟で、状況に応じて参考にしていただければ幸いです。
外見は見苦しくなりますが、縫うのではなく小型の片面カシメの連打で結合するのも悪くないかもしれません。

また、たまたまバーゲンでG3の激安のシールを見つけたが、長さが180㎝~用だった!なんて場合にも、長さを詰める手間(手縫いはかなり不快で結構面倒)と購入価格の差から損得を勘案して購入の判断をするのも悪くないんじゃないでしょうか?

|

« ボード用ロータリーブラシってどうよ? | トップページ | アーク の“Briza”用オーバーサイズ・フレーム? »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボード用ロータリーブラシってどうよ? | トップページ | アーク の“Briza”用オーバーサイズ・フレーム? »