« “Arc”のグローブがさらに進化してた! | トップページ | 出揃ったか?、ラバーソールの沢靴 »

2014年9月22日 (月)

“INOVA/STS”に蓄光マーカーを

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


Inovamk_5
(ハイパワーLED の周囲に蓄光シートを配置した)


まぁ、いろいろと問題の多い“INOVA/STS”ですが、どうせ使うなら便利に使おうと蓄光マーカーを組み込むことにしました。

マーカーがあると真っ暗な山小屋の夜や、新月の真っ暗な夜のテント内でヘッドランプの位置がすぐわかってとても便利です。

そこで、まずこの“INOVA/STS”のどこににマーカーを組み込むかを考えるために分解してみました。

当初はトリチウム管も考えましたが、分解して構造を確認した結果スペース的に難しそうなので蓄光シートをマーカーにすることにしました。

とは言え、蓄光シートでもスペースはかなり限定されます。
外見を変えず蓄光シートを配置するとするとLED の周囲の狭いスペースしか利用できなそうです。

Inovamk_3
(LED とリフレクターの狭い隙間に蓄光シートが見える)

これでマーカーの機能を十分果たせるかわかりませんが、まずは組み込んでみることにしました。

リフレクターを外し、画像のように裏面のグルーを除去した蓄光シートにLED 素子の台座の大きさに四角い穴を開け、シリコン系の接着剤で軽く張り付ければOKです。
蓄光シートはもっと小さくても構わないのですが、少しでも多く蓄光できることを期待して大きめにしました。

Inovamk_1 Inovamk_2


さて、結果はというと、蓄光シートの露出面積が極めて小さいので心配しましたが・・・、実際はまずまずのものでした。

暗闇ではマーカーとしての機能には必要にして十分なほどの光量で、結構目立ちます。

Inova_pr_4
(蓄光シートの露出は僅かだがマーカーとしては十分目立つ)

ヘッドランプへのマーカーの組み込みは、工作が簡単な割には効果がありますので是非お薦めしたい改造です。



おまけですが・・・。
バッテリー端子のプラスの位置にペイントマーカーで印を付けておくと夜間の電池交換の時にもスムーズに作業ができますよ。

Inovamk_4
(プラスの端子位置に目立つマークを付けておくと便利!)

|

« “Arc”のグローブがさらに進化してた! | トップページ | 出揃ったか?、ラバーソールの沢靴 »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Arc”のグローブがさらに進化してた! | トップページ | 出揃ったか?、ラバーソールの沢靴 »