« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月21日 (火)

“自作ピンチクリアー”の改良

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★★☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆

Pcn_7
(今回は“ピンチクリアー/HDタイプ”のリングを換装しました)



ピンチクリアーを一つ作っておくと、登山靴の当たり解消や、スキーブーツのシェル出しなどが自宅でできますし、自分の靴だけではなく家族や仲間内で大活躍してくれます。

私も今まで2種類のピンチクリアーを作り、また自宅でできるスキーブーツのシェル出し法なども考案し紹介してきました。
(文末に一覧を載せておきますので興味のある方はご参照ください。ただし、古い記事もあるのでその点はご容赦ください。)

今回、過去に作った“ピンチクリアー/HDタイプ”の受けを側のリングをアルミ製の物に改良してみましたのでご紹介したいと思います。

自作の“ピンチクリアー/HDタイプ”の懐は15万円もするプロショップ用の専用品ほど深くはありませんが、それでもブーツ加工の9割方の作業は可能でかなり便利な道具です。

ただし受け側のリングが鉄製で、頑丈なのは良いのですが重い上に赤錆が出ると加工時にブーツを汚してしまうという弱点がありました。

Pcn_2

(鉄は頑丈だが錆る!)

そこで今回、このリングをアルミ製に変更する事にしました。

素材は前回同様工作機械用のハンドルパーツの流用ですが、今回はアルミ製のハンドル車(φ80㎜)を選んでみました。

素材が軟らかいアルミなので、リング本体の加工は以前の鋳鉄製よりはずいぶん楽です。
しかし、私の小さな旋盤ではチャックを逆爪にしても把握できるギリギリの直径でしたが、何とかスムーズな曲面に仕上げる事ができました。

この部分は、旋盤が無くても電動ドリルと回転ヤスリで粗削りしてから手ヤスリで仕上げる事も可能でしょう。

しかし、前の鋳鉄製のハンドルはシャフト用の穴が無かったので任意の穴明けができたのですが、今回のアルミハンドルは予め貫通穴があけられているのでかえって加工は難しいものとなりました。
シャフトからの荷重を受け止めるためのライナーを作らなければならないためです。

Pcb_1
(真鍮製のライナーを取り付けた状態)

私はまず、真鍮の丸棒に前作で加工したクランプのスクリューシャフト先端の形状(画像↓)に合わせた穴をあけてから、丸棒全体をフランジ付きのトップハット形状に加工しました。

Pcn_4


次に、この真鍮のパーツをその直径に合わせて穴を拡張したハンドルに圧入しました。
ここは手で挿入可能な大きさに仕上げて、エポキシ接着剤で固定しても良いでしょう。

Pcb_2
(リングを熱してからハンドプレスでライナーを圧入した)

これでリング部はクランプのスクリューシャフトからの荷重をシッカリ受け止めることができるようになった訳です。

あとは抜け止め用のビスを入れる穴にタップを切ればリングアッセンブリーは完成です。

Pcn_1  Pcn_8
(㊧タップを立て、 ㊨抜け止めビスでリングを固定)


リングがブーツに当たる部分もRの大きなスムーズな曲線にしましたので、加工時にリングがブーツを押してしまう事も無く、また楕円球状の押し型で加工しても改良前のものより上手く仕上がりそうです。

Pcn_3  Pcn_5  Pcn_6
(㊨新旧のリング形状の比較、 ㊥㊨楕円押し型での使用状態)


また、今回のように大袈裟なクランプを使わず、ホームセンターで売っている深型のCクランプとアルミ製のハンドルを組み合わせれば、より廉価にピンチクリアーの自作が可能です。

私はブログの記事にする関係で見栄えが良くなるように加工していますが、体裁に拘らなければ十分実用可能なピンチクリアーがもっと簡単に作れるはずです。

一つ持っていると、プラスチックシェルのブーツ加工だけでなく、トレッキングブーツや皮革製のアルパインブーツの当たり出しにも大変便利に使える一生物になりますので、皆さんも思い切って自作してみてはいかがでしょうか。


【参考記事】

D.I .Y. スキー靴の“シェル出し”①~③ 《掲載日→2007年7月》

スキー靴のシェル出し(補足情報) 《〃→2008年5月》

“ピンチクリアー”を自作しよう  《〃→2009年9月》

失敗しないシェル出しシステム?①~② 《〃→2011年7月》

“ ピンチクリアー / HDタイプ”を作りました  《〃→2013年2月》

自作ピンチクリアーのグレードアップ  《〃→2013年7月》

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

沢登りのビレイに“MICRO JUL”はどうだろう?

便利度 :★★★☆☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★☆☆☆
危険度 :☆☆☆☆☆


病気療養のため、今年の私の“沢シーズン”は9月下旬から始まり、2回行っただけでもうすでに終わっちゃいました。
そんな訳で、またぞろ季節外れの記事になっちゃいますがご容赦ください。


さて・・・、沢登りにはなるべく軽くてコンパクトなロープが好いだろうという事で、φ8㎜程度のダブルやツイン用のダイナミックロープや、“ヒルウォーカー・ロープ”  やハイキングロープなどと呼ばれる登山用の補助ロープを使ったり、さらに登攀的な要素が無い沢の場合は渡渉やラペル專用にもっと細いダイニーマロープなどを使う事もあります。

Microjul_5
(㊤登山用φ8㎜補助ロープ、㊦ダブル/ツイン用φ7.8㎜ロープ)

また、多少の滝攀りのある沢の場合でも、本来は禁止行為なのですが、ダブル用のダイナミックロープをシングルで使っちゃう事だってありがちな事です。

また、大きな声では言えませんが(笑)、私の場合も結構いい加減で、連れ合いのフォロー用にロープを引っ張って滝を登る時はビレイを当てにしないという前提で動いているというのが正直なところです。
沢ではシッカリした中間支点が得られない場合も多く、ほとんどランナウトになっちゃいますしね。

Cc
(今回行った癒し系の沢でも一箇所嫌らしい滝が・・・)

現実問題として水量の多い沢での確保の場合は、転落水没したパートナーを浮上させるため、即座にロープを繰り出して安全な場所まで流せる方法を採らねばなりません。

そんな場合は、確保器具など使わず使わず、不確実だが自由度の高い昔ながらの肩絡み確保などの方法を選んでだ方がかえって安全な場合だってあるはずです。

また、元来沢登りはプリミティブな遊びですから、あまり道具に頼らず、少ない道具を応用力でカバーしながら行動することを楽しむ、というのが本筋かも知れません。

しかし・・・、それじゃあ『山道具道楽』としての立場が無くなりますので、普通の沢での滝登りの場合に、可能な限り安全にリードを確保するための道具とはどんなものだろうか・・・?、と考えてみました。

・・・で、リードの確保に沢用の細めのロープをシングルで使った場合でも、落ちた瞬間に大きな制動力が働き確実にロープをロックでき、しかも軽くシンプルなビレイデバイスはあるだろうか?と考えていた時に目にとまったのがEDELRID社の“MICROJUL”という製品です。(画像↓)

Microjul_1 Microjul_2


これは、日本ではまだあまり使われておらず、また安全基準も定められていないないハーフロープよりも細い、ツインロープ用のデバイスで、φ6.9㎜なんていう、私のような頭の古い人間には信じられないくらい細いツインロープを使う事をも前提で造られている確保器具です。

Mgj_2
(“Mega jul” と “Micro jul” のロープ径適合表)

スペックを見たらシングルでも8.9㎜から使える事になっていたので、ダブル用の8㎜や7.8㎜ロープ一本でも、通常の確保器よりは確実にロープをロックしてくれそうです。

Microjul_4
(Φ7.8㎜のダブル/ツイン両用ロープでの使用状態)

そんなわけで・・・、早速入手してみました。

普通のビレイデバイスがアルミ合金なのに対しこれはステンレス・ダイキャスト製で、薄くても強度と耐久性が保てる材質のため外見は非常に小振りで、同社の“MEGA JUL”をそのまま一回り小さくした感じです。

このデバイスの特徴はカラビナに掛けるワイヤーループの一部に青いプラスチックでカバーされた指を掛ける部分が設けられ、ここに指を掛けて保持することでロープ繰り出しの際にカラビナと確保器の間隔を離してロープの流れをスムーズにしようという工夫がされているというものです。

ただし、外見はカッコイイのですが仕上げは雑で、特にロック解除用のカラビナを通す穴の部分は薄くて鋭角の角がありました。
このままでは梃子にするカラビナが傷ついてしまいますのでリューターと回転砥石で面取りをしてからシリコンバフで磨いておきましたが、ついでにその他の気になるところもシリコンバフなどで平滑に仕上げておくと良いでしょう。


さて・・・、現在の私は病み上がりだし歳も歳ですから、癒し系の沢にしか行けないのですが、そんな沢にも期待に反してピリッと辛い滝の一つや二つはあるものなので、早速使用することになってしまいました。

Mjb
(判り難いが・・・、ビレイループから下がっている青いのが“MICRO JUL”)

実際にリードの墜落を止めたわけではありませんから何とも言えませんが・・・、細径のロープをシングルで使っても“ルベルソ4”などのバケット型デバイスよりはビシッとロックしてくれそうな感じはします。

しかし、この機種の新機軸として設けられた指を掛けてカラビナから離した位置でデバイスを保持してロープの流れをスムーズにできるはずの仕組みも、この超小型のビレイデバイスと濡れたロープの組み合わせだと期待したよりロープの繰り出しがスムーズではありませんでした。

また、フォローの確保やラぺリングの際、ロープをロックさせることができますが、“MEGA JUL”と異なり“MICRO JUL”のロック解除用カラビナを掛ける穴は小さく、私の手持ちのほとんどのカラビナではゲートが閉まらないのです。
これじゃあ操作中にカラビナを落っことしてしまいそうですね。

Microjul_3
(梃子にするカラビナのゲートが閉まらず不安定!)


“MEGA JUL”をそのまんま相似形で小さく作ったのが原因なのでしょうが、この穴はまともな設計者ならもう少し大きめに作るはずだと思います。
率直に言って設計不備ですな。

それから、“MICRO JUL”を支点に固定し(画像↓)、ワンウェイロック的にフォロー用の確保をすることもできますが、実際にやってみたところ、ルベルソ4などでは簡単なはずのこの操作が、恐ろしくスムーズでなく、すぐに他の方法に変更せざるを得ませんでした。

しかし、「そんなはずは無いだろう?」と、家に帰ってからマニュアルを読み直すと、なんと・・・、私が使い方を間違っていたことが判明!
この“MICRO JUL”でフォロアーの確保をする時は、リード確保の時とは反対側からロープを通さねばならなかったのです。

この確保器のロープの通し方は“ルベルソ4”“ATCガイド”のフォロアー確保モードとは裏表逆ですから、以前の確保器に慣れていると無意識に同じ方法を採ってしまうので、初めて使う場合は要注意です。

Mgj_1
(マニュアルはよく読まないとね!汗)

先に述べたように、このタイプのバケット型確保器を支点に固定してのフォロアーの確保は、独りで2人同時確保ができて多人数パーティーの時は大幅な時間の節約ができます。

ただし、墜落者が流水中に没してしまう事が考えられる場合には、ムンターヒッチを含め解放に時間の掛かるオートロック式の確保は危険ですので、近くの支点を経由したグリップビレイや肩絡みなどの古典的な確保、または8環による確保を試みたほうが良いでしょう。


結論から言えば、私の勘違いもあり沢では期待したほど使い勝手は良くありませんでしたが・・・、確実なストップとロープの流れの良さという相反する条件はそう簡単には両立しないという事なのでしょう。
とは言え、機器の特性を理解して少々使い慣れれば、細径シングルロープでも滑落程度なら確実にストップさせられるビレイデバイスとして十分実用的だと思います。

とは言いながら・・・、まぁ一般論として、“MICRO JUL”より一回り大きめのシングル/ダブルロープ用の“MEGA JUL”でも、通常より細径のロープでもより確実にストップさせられそうなので、ロープ操作の容易さ、あるいは汎用性という観点から、沢でもこちらを選んだ方が良いかも・・・、と言うのが私の結論かなぁ?。

〈補足〉
●“ヒルウォーカー・ロープ”など登山用の補助ロープには「クライミングには絶対に使用しないでください」と注意書きがありますが、これは日本ではまだツインロープ用の安全基準がありませんし、例外を除き通常φ8㎜以下の物は補助ロープの範疇とされるからです。
しかし、それらの補助ロープもパッケージよく見るとダブルやツイン用のダイナミックロープとしてUIAAの基準をパスしている物がほとんどだと思います。

●しかし、だからといって私はこの記事においてダブルやツイン用のロープをシングルで使用することを推奨するものではありません。
あくまで大きな墜落や鋭利な岩角の無い沢登りの補助として使う場合に、私自身が危険行為と承知で自己責任で使っているというだけの話です。
私自身も、沢登りとは言えφ7.8㎜ロープ一本だと、リードには不安を感じますので、できたら真似をしないでもらいたいとも思います。

●また、ロープの長さは癒し系の沢でも20メートルでは苦しい場合もありますので、難しくない普通の沢でも30mはあったほうが安心です。
それから、3人以上のパーティーの場合は30mを2本持って行けばフォローの2人同時確保で時間を節約できますし、万が一の事故や撤退にもほぼ対応が可能でしょう。

●また30mのヒルウォーカーロープを購入する以外にも、60mのダブル用のダイナミックロープで、アイス用の細めの物を共同で買って、半分に切って二人でシェアするというのも良い方法だと思います。





【余談ですが・・・】

体調が完全に回復すればの話ですが・・・、今後試してみたいのはEDELRID社の“FLYCATCHER - φ6.9㎜”みたいな極細のツインロープの60mモノを個人輸入して、滝を直登する時にはツインの30mとして使用する事です。

これだったら“MICRO JUL”も本来の機能を活かせそうですし、なにより禁止行為には該当せず安全な上、懸垂下降時にも30m目一杯使えますから・・・、結構面白いと思うんですが・・・。

誰かやってみませんか?

| | コメント (0)

2014年10月 1日 (水)

出揃ったか?、ラバーソールの沢靴

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆
(3種類とも実用上の差は無いようです)



3rs_1
(“サワートレッカーRS”、“奥利根アクア”、“KR_1R”、三役揃い踏み)


十年ほど前から沢登り用の靴にラバーソールが使われるようになりました。
クライミングシューズでは定評のある5.10社が製造しているアクアステルスソールという濡れた岩でも滑り難いコンパウンドの配合された素材がリリースされてからのことです。
沢の中だけでいえばラバーソールはフェルト底には敵わないのですが、乾いたスラブやアプローチから下山までを総合的に考えれば、ラバーソールが有利になる場合も少なくありません。

そして、このジャンルは長らくアクアステルスソールの独壇場だったのですが・・・、アクアステルスソールの他社への素材提供が無くなったせいか?、最近新たにこの市場に参入するメーカーが複数出てきました。

キャラバンのラバーソール沢靴も、アクアステルスソールの供給が停止された後、ビブラム社の“イドログリップ”に切り替えてリバイバルし、モンベルも前回の手痛い失敗の経験を活かし、新しい“アクアグリッパー”というオリジナルの防滑素材でラバーソールの沢靴をリリースしたのです。

そんな訳で、病気治療の一段落した私は、ポンコツとなった身體に鞭打ってこの3種類のソールを試しに、水の冷たくなった秋に今シーズン2回目の沢に行ったので、今回はそのレポートをしてみようと思います。

Scboots_2  Scboots_1  Scboots_3
(㊧“アクアグリッパー”、㊥“アクアステルス”、㊨“イドログリップ”)

と言っても、私に脚が3本あるわけではないので、あくまで同行者の感想である事をご容赦ください。

“アクアステルス”ソールは現在も5.10社の“水遊び系の靴”にも使われていますし、先駆としての評価が定まっています。
また、キャラバンの“奥利根アクア”も“飯豊アクア”同様、ごく標準的な沢靴なので、これをベンチマークとして比較してみます。

まず、今回私の履いた“イドログリップ”ソールのキャラバン“KR_1R”については靴自体のラストが従来とは変わったため、履き心地は使用する方の足の形により評価は分かれるでしょう。(後日詳細記事をアップする予定)

足の裏の感覚は硬めで、ネオプレーンの沢足袋のようにダイレクトに凹凸を感じ取れるようなソフトな感覚が好きな人には向かないかもしれませんが、私はもう微妙な足裏感覚を要求されるような登攀はしませんし、ラバーソールの場合はアプローチから下山まで沢靴のまま通すという流儀ですので、むしろこの位底が厚く硬めの方が好ましい気がします。

ソール自体のグリップは、“アクアステルス”ソールと遜色無いように感じました。
また、秀山荘オリジナルの“忍者”も“アクアステルス”から“イドログリップ”にソール素材が変更されましたので同様な性能ですから、足裏のダイレクトな感覚が好みの方はこれを選べば良いと思います。

Scboots_7
(私が試した“イドログリップ”ソールの“キャラバンKR_1R”)

そして、モンベルの“サワートレッカーRS”は、軽くてソール全体が薄く、沢足袋感覚で使用できそうですが、アプローチや下山等長期間の歩行を含む沢旅では足が疲れやすいかもしれません。

Scboots_6
(モンベルの“サワートレッカー RS”)

また、サワートレッカーRSはモンベルの以前の沢靴同様足首部分にネオプレーンのインナースパッツが付いた構造になっています。
確かに砂等の侵入は防げるのでしょうが、保温には役立たないでしょうし、何より脱ぎ履きが非常に面倒で乾き難く、インソールの着脱もとてもやり難いという問題があります。
インナースパッツの装備も悪くないのですが、付けるなら前側をベルクロなどでオープン出来る構造にすることを切に望みます。

また、“アクアグリッパー”ソールについては、他の2種類の防滑ソールの同行者と同じようなペースで問題無く付いて来ていましたので、グリップ自体は問題無いレベルに仕上がっていると思われます。


そんな訳で、沢旅の形態に合わせて選べば3者ともそれなりの効果を発揮してくれるでしょう。

しかし、昔を思えば良い時代になったものです。
選択肢が多くなるというのは好いですね。
40年前は地下足袋に草鞋(ワラジ)しかありませんでしたから・・・、長い沢旅の時はキスリングのサイドポケットの半分位は交換用の草鞋が詰まってましたし、地下足袋の特性か?シーズン初めには必ず足の爪先が真っ黒にやられて痛い思いをさせられた事を思い出します。

今は装備も良くなり、しかも軽くなったというのに、残念ながら今度は私の躰がいう事をきかなくなっちゃいましたよ。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »