« シェル出し用“油圧シリンダー”を作っちゃおう!(試行編)① | トップページ | シェル出し用“油圧シリンダー”を作っちゃおう!(試行編)③ »

2014年12月15日 (月)

シェル出し用“油圧シリンダー”を作っちゃおう!(試行編)②

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★★☆☆☆

《御注意!》
今回の一連の記事も、当ブログの常として、あくまでアマチュアの悪戯の範囲での試行としてお考えください!
使用した機材等も正式な用途外のモノを流用していますので、耐久性・安全性共に全く保証しかねます。
早い話が、使えるには使えるが・・・、原則論では根本的に間違っている工作だという前提でお楽しみいただければ幸いです。

“シェル出し用“油圧シリンダー”を作っちゃおう!①” からの続きです】


そんな訳で・・・、まずはポンプ側から改造します。

ポンプはボルトでピストンのシャフトを押し出す形式を採ります。

まぁ、詳細は画像をご覧いただくのが一番ですが、早い話が入手したエアシリンダーの形状に合わせて、シャフトを押し込むボルトの土台部分を組み付けるだけです。

作業の能率を上げるため、一応リターンスプリングを取り付けておきました。

このスプリングを省略する構造にすれば、手動でピストンを戻す必要は生じますが、ポンプアッセンブリーの全長を2/3程度までコンパクトにすることも可能です。

私は記事にする都合上見栄えの良い設計にしましたが、それが面倒なら、ボディー全体を既製品のCクランプに挟んでシャフトを押すという方法でも構いません。

S_pump_8
(試作という事でポンプ部はやや大型になった)

さて、今回の試作では、押し出し用のステンレスボルトを取り付けるトッププレートが厚いとはいえアルミ製なので、タップで雌ネジを切っただけでは耐久性に問題がありますし、ボルトの回転もスムーズではありませんので、念のため専用タップを立てて全長を短縮加工したステンレスのヘリサートを挿入しておきました。

S_pump_7
(コイル状のネジ山補修器具“ヘリサート”で操作性と強度を向上)

押し出し用のボルトの頭には“ノブスター”と呼ばれるプラスチック製のハンドルを取り付けました。
最初はクランク型のハンドルにしようと思いましたが、使用している機材の耐圧がさほど高くないため、締め込んだ時に手応えが感じられるよう敢えて小型のハンドルを使ったのです。

Sp2_1
(ハンドルは“ノブスター”を使用した)

なお、エアシリンダーのシャフト先端の形状には製品によりバリエーションがありますが、中古の放出品を使う関係上贅沢は言えません。
現物合わせで構造を考えましょう。

シリンダー側の加工は、シャフトの先端にシェル押し出し用の型を取り付けられるようなパーツを削り出し、シャフト端面にある雌ネジ穴で固定します。

このパーツの二本のピン(頭をカットしたビス)を木製の押し型の穴に入れて固定する仕組みです。

S_pump_10  Sp2_5
(㊧押し型のベース部、㊨押し型を取り付けた状態)

また、上記とは別に押し型部が遊動する形式の物も作ってみました。
こちらはシャフト端面の穴に直接木型アッセンブリーを捩じ込んで固定しますが、下の画像でお判りのように押し型に回転の自由度を持たせ均等にシェルを押し出せるようにしたものです。
また、この方式だと押し型部分でも若干の寸法調整が可能です。

固定式と遊動式、どちらが良いかは何回か使ってから判断したいと思います。

Sp2_4 Sp2_2
(真鍮製の軸を中心に回転の由度を持たせた)

また、後端にはシェルの幅とカーブに応じて調整ができるように、タップを深く切り足してアジャスト用のビスを4本取り付けました。
これで、シェル内面の形状と幅に合わせて独立した4本のビスを調節し、ジャストなポジションにシリンダーを置くことができます。

 S_pump_11
(幅寸法のアジャスト用ビス)


最後にポンプ部とシリンダー部を接続します。
ホースとニップルの接続はキャップ締め込み型の方が体裁が良いのですが、今回は念の為、耐圧ホースクランプでカシメました。(画像↓)

S_pump_12_3


まずポンプ側のニップルにホースを接続し、シャフトが一番引かれている状態でエア抜きしながら作動油をシリンダーとホースに満たします。
作動油は何でもよいのですが、私は手持ちのガレージジャッキの補充用のものを使いました。

次にシリンダー側にも作動油を満たし、シャフトが奥まで押されている状態でポンプ側に接続されたホースの末端をシリンダー側のニップルに接続します。
接続に際しては、両者ともエア抜きをし、作動油に気泡が混入しないように注意してください。
また、ホースが長めなのはキンク(捩れ)対策の為です。

Sp2_6
(ポンプ部とシリンダー部を接続すれば完成!)

これで本体は完成です。早速実験してみましょう。

【以下、続く・・・】

|

« シェル出し用“油圧シリンダー”を作っちゃおう!(試行編)① | トップページ | シェル出し用“油圧シリンダー”を作っちゃおう!(試行編)③ »

その他・一般」カテゴリの記事

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シェル出し用“油圧シリンダー”を作っちゃおう!(試行編)① | トップページ | シェル出し用“油圧シリンダー”を作っちゃおう!(試行編)③ »