« “eTrex20-J” と“30-J” どちらを選ぶ? | トップページ | シェル出しツール“シェル・プレス”(仮称)を作る① »

2015年1月26日 (月)

また変態テント“HOOPLA 4”を買っちまった~!

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★☆☆
危険度 :☆☆☆☆☆


私は日本の山では基本的にアライのエアライズやカモシカのエスパースのようなクロスフレームの自立型テントが絶対便利だと思っています。

しかし、山道具道楽の悲しい性で、目新しい変わったテントがあるとつい物欲が働いてしまうのです。

療養中の過日、体調が回復したらタープより密閉性が高く、家族で宴会ができて、しかも4人が就寝できるような超軽量なシェルターが欲しいなぁ・・・、などと考えていたら・・・。
運悪くウェブ上で、M.H.W.の“HOOPLA4”というかなり変な形のシェルターと出会ってしまったのです。

1_2
(“HOOPLA4”はかなり変な形をしているが・・・)



このシェルターは非常に独創的な設計で、角錐型のモノポールシェルターの上部に“トラスリング”と呼ぶ円形のフレームを配置し、ヘッドスペースを確保するという画期的な物でした。

5
(輪になったフレームによりヘッドスペースを広げている)



しかも、この変な形が災いして人気が無かったのか・・・?、旧カラーとは言え現行モデルが、何と40%OFFの大バーゲン価格で売られていたのです。

そんな訳で、GOLITEの“HEX3”で三角テントには懲りている筈なのに、また新しいモノポールテントをポチってしまいました。

実際に張ってみたところ、ややコツは要るものの、ネット上に動画で張り方の解説もあったため、初めてでも特に苦労せずにシッカリ張ることができました。

円形のフレームのお蔭で上部の空間を確保しつつ全高を低く抑えられたため、トレッキングポール1本で設営が可能なのもこのテントの特徴です。(多くのモノポールテントではトレッキング・ポールのジョイントが必要!)
ただし、ポールの長さは低く張っても最低130㎝必要ですから、女性用の短いトレッキングポールだと寸法不足で使えないかも知れません。

フロアーの真ん中にあるポールは些か邪魔ですが、取り敢えず4人が寝られて本体重量がジャスト1㎏(ミニマム0.9㎏)なら、一人当たり@250gですから、まさしく超軽量シェルターです。

4
(内部はかなり広い)



耐風性はGOLITEの“HEX3”のような角錐型のモノポールシェルターよりは劣るかも知れませんが、外周のペグさえ効いていれば結構しっかり立っていますし、付属の補助用ガイラインで補強すればそこそこの耐風性はありそうで、稜線のテン場でも問題は無さそうです。

10  3

(補助ガイラインも6本付属している)



また、樹林帯なら頂点にあるハンギングループで吊っても設営が可能でしょう。(画像↓)

8



ベンチレターはアルミ(?)ワイヤーのフレーム入りの小さなもの一つですが、入り口がWファスナーになっているので、上部を開放すればここからも換気が可能です。


9  H4b

(頂部のベンチレター㊧と、ドア上部㊨で換気が可能)


現物を総合的に見れば、変な外見の割には十分実用的なテントのようです。

まだ実際に使っていませんし、今年の冬はテント泊の冬山には行けそうもないので、来春以降実際に使ってからレポートなどもしてみたいと思います。



それから・・・、、このテントにはオプションの専用のフロアー(フットプリント)もあり、国内定価でも12,000円程度の設定だったので別途購入も考えましたが・・・、何故か国内では現在単体での購入が困難のようです。

買えないとなると余計に欲しくなるのが人の性!成り行きとして、フロアーを自作することになりました。

この自作フロアーの製作については、後日ご紹介予定です!



【以下、「フロアー製作編」へ続く・・・】

|

« “eTrex20-J” と“30-J” どちらを選ぶ? | トップページ | シェル出しツール“シェル・プレス”(仮称)を作る① »

テント・シェルター」カテゴリの記事

コメント

(^_^)v
このシェルターかなり内部に余裕がありますね!
僕もHex3たまに使いますが、床面積だけだと平面図で見るとそこそこの広さあるように見えますが、真ん中のポールも邪魔で且つ立ち上がりが急なので実際は内部空間はかなり狭い(+_+)

正直2人で使っても窮屈な位で、前の記事で書いてられるように床の隙間からの風が冷たくって・・・・・・・・・・・・・

Hex3で厳冬期の氷ノ山でえらい目にあったの思い出しました。

投稿: bp-hiro | 2015年1月26日 (月) 13時59分

hiroさん、毎度です!

私も歳のせいかフロアレスシェルターやメッシュインナーのテントは真夏以外は寒くてダメです。
欧米人と日本人は体感温度がかなり違うんでしょうね?

そんな日本人が、なんでみんな積雪期にわざわざフロアレスシェルターを使うのか、私には理解できません。
あれじゃあシュラフカバーの中が霜だらけになるのも当たり前で、長期の雪中生活には向かないと思うんですが・・・。
私の学生時代には、内張り付きの冬天で、テント内の温度を極力下げないのが基本とされていましたが、現在は考え方が違うんでしょうね。

では!

投稿: 理事長 | 2015年1月26日 (月) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “eTrex20-J” と“30-J” どちらを選ぶ? | トップページ | シェル出しツール“シェル・プレス”(仮称)を作る① »