« シェル出しツール“シェル・プレス”(仮称)を作る② | トップページ | “HOOPLA 4”のフロアー製作① »

2015年2月25日 (水)

TOPO 10M + / Ver.3 の完成度は?

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


Dscf1714
(TOPO 10M + / Ver.3)

このたび、GARMIN純正の登山用GPS 地形図“TOPO 10M + / Ver.3”が発売されました。

これまで発売された地形図は、前バージョンの“TOPO 10M + / Ver.2”まで、部分的には信じられないような欠陥を含む地図でしたが、さすがにもうあのようなポカはしないだろうと考え、早速新しい“TOPO 10M + / Ver.3”を購入してチェックしてみる事にしました。

Dscf1711
(マイクロSD版の“TOPO 10M + / Ver.2”㊧、と“Ver.3”㊨)

ブログネタ探しには金が掛かります。(涙)

“TOPO 10M + / Ver.3”は従来のディスクメディアとマイクロSDカードの併売という形を採らず、マイクロSDカード版のみの供給となりました。

このため面倒なロック解除操作の必要もありませんし、GPSの機種変更の際も新規地図購入の必要が無く、カードの入れ替えだけでOKなので、今後GPSの買い替えを予定している方にもメリットは大きいと思います。
ただし、メディア内のデーターが破損した場合にも一切の保障が無いというのは少々気になります。
18,000円もする地図なのですから、メディア本体にホログラムシール等を貼付し適価でデーター復旧サービスが可能になるような体制を整えてもらえればより安心して購入できると思いますが・・・、まぁ、この会社には無理な注文でしょうね。(笑)

また、従来のマイクロSDカード版と異なり、地図のインストーラーが付属していますので、GRMINの地図管理ソフト“BASE CAMP”を使用してパソコン画面上に地図の表示が可能になりました。(画像↓)

01
(“BASE CAMP”上での地図表示)


さて、この“TOPO 10M + / Ver.3”のセールスポイントは、昭文社の「山と高原地図」59冊分の情報と15,000区間のコースタイムが表示され、登山道も実踏に基づく正確で最新な情報が記載されているという事で、メーカーによると、新たに下記のデータが加えられたそうです。

・2万5千分1地形図の送電線、三角点、堰、植生記号などを新たに収録
 約110,000ヵ所の三角点
 約20,000ヵ所の電子水準点
 約17,000ヵ所の電波塔
 約232,000ヵ所の送電線
 約510,000ヵ所のダム、堰堤、堰

・昭文社独自の調査で情報を整備
 約15,000区間の参考コースタイムと約14,000ヵ所のコースタイムポイント
 約700カ所の尾根名データ
 約3,400ヵ所のキャンプ場データ(オートキャンプ場・野営地を含む)
 約17,000ヵ所の検索用山頂データ
 約3,300ヵ所の山小屋、木馬、危険箇所、注意箇所


詳細はI.D.A. ONLINEの商品説明をご覧いただくのが良いと思いますが、実際の地図画面でも、記号や尾根の名称など、中には特に必用が無いと思われる物も含め、かなりの情報が表示されます。

中でも私が一番ありがたいと思っているのは、送電線や堰堤の表示が充実しているという事です。
沢登りでは送電線を目印にしたり、下山路で送電線の巡視路を使ったりすることもあるので、山域やルートによってはかなり便利に使用できるかも知れません。

下は湯桧曽川上流部の送電線のある部分ですが、ここも送電線は良い目印になります。

Av2_2 Av3_3
(“TOPO 10M + / Ver.2”㊧、と“Ver.3”㊨の表示)


次は尾瀬の実川水系から稜線に出て入渓点に戻るときに便利な送電線の巡視路の部分ですが、ここも巡視路自体の道表示は無いものの送電線の表示があると判りやすいですね。

Bv2_1 Bv3_9
(“TOPO 10M + / Ver.2”㊧、と“Ver.3”㊨の表示)


それから、 Ver.2までの大問題だった南方島嶼部の表示もやっとまともになりました。
下の画像のようにVer.2 の致命的欠陥?だった於茂登岳南部の等高線もチャンと表示されますのでご安心ください。

Cv2_4 Cv3_6
(等高線の欠落した“TOPO 10M + / Ver.2”㊧、と“Ver.3”㊨の表示)


その他、多分私は使わないと思いますが、目的地までのルート作成をしてくれる機能も充実したようです。
まぁ、私から見れば、必用の無い表示や機能を持ったハンディーGPS用地図ではありますが、バージョンアップとともに問題個所が修正され、少しづつ進化しているという点では好印象を持ちました。

社外品の地図を購入したり、地形図を切り貼りして自作の地図を作るのも安上がりで良いのでしょうが、情報量を含め新しい純正地図には数々の大きなアドバンテージがあるのは事実です。
価格的にはやや問題もありますが、“TOPO 10M + / Ver.3”は現在のところ間違い無く他に大きく差をつけたベストバイ商品と言って良いでしょう。

|

« シェル出しツール“シェル・プレス”(仮称)を作る② | トップページ | “HOOPLA 4”のフロアー製作① »

ハンディーGPS」カテゴリの記事

コメント

BaseCampには印刷メニューありますね。印刷すれば、昭文社の地図は要らないかな。

投稿: 村上 | 2015年2月25日 (水) 14時42分

先生、ご無沙汰しています!

Ver.3がディスプレイ上のBasecampではどのように表示されるか、ご参考までに画像を追加しておきました。

投稿: 理事長 | 2015年2月25日 (水) 20時44分

Ver.3、なかなか使いやすくなったようですね。しかし、「英語版ガーミンGPS非対応」と明記されては、手の出しようがありません。

別件で「いどんまっぷ」からGarminの最新機種では地図を表示できないトラブルが発生しているとメールがありました。従来の機種で表示できなくなった場合、自己責任でファームウェアを旧バージョンへ戻してくれとのこと。新ファームに対応するのは発売側の責任じゃないかと思いますがね。いずれにしろ、当分は地理院地図とYahoo!マップでしのぐつもりです。

投稿: OJer | 2015年2月27日 (金) 09時58分

OJerさん、毎度です。

インターナショナルモデルのGPS だと如何ともしがたいですが・・・、Jモデルを持っているなら、Ver.3、金を払う価値は十分ありそうですよ。

ところで、“いどんなっぷ”さんの地図使えなくなっちゃったんですか?
誰かが(笑)ファームを弄って意地悪したんですかね。

では!

投稿: 理事長 | 2015年2月27日 (金) 10時09分

Topo Ver3を購入して、Map62sに入れてみました。なかなか良いです。バス停、トイレ、水場などが表示されるので、その価値はあると思います。また、縮小、拡大自在で、A4に印刷できます。昭文社の地図を別に買うことはないですね。それと、大分前のMap60(海外モデル)に入れてみました。地名はローマ字で表示されますし、地形図も問題ありません。ただし、昭文社の情報が綺麗に消えます。十分使えますけどね。バス停など、すべて表示されなくなります。

投稿: 村上 | 2015年3月 5日 (木) 09時38分

村上先生、貴重な情報ありがとうございます。
地図の情報記号については少々ズレている場合も多いようですが、よくあれだけ書き込めたかと思うほど充実していますね。
やはり地図の大手事業者が作っただけの事はあります。
では!

投稿: 理事長 | 2015年3月 5日 (木) 10時30分

実は愛用のGarmin 62S日本版がお亡くなりになりました。バッテリー低下の時、突然、初期化され、日本語が使えず
Garminのソフトを入れ直したり、いいよねっとからソフトをダウンロードしても復活しなのです。動作はするが英語版になってしまった。二回ほど自動的に初期化されました。いろいろ考えたが、いいよねっとのソフト技術力に問題があるので、これで、日本版を使うのは止めにして、英語版に復帰することにしました。それで、18000円は溝に捨てました。まあ、パソコンから印刷して紙の地図として持って行きますが。

REIをみると、Oregon 600が220ドル。45%引き。日本からは購入できないので、送り先を滞在予定のアメリカのホテルにした。送料無料、REIの払い戻しが40ドルあり、180ドルで購入しました。日本の地図はOSMシリーズの無料版で十分のようです。特に、旅先で不意に初期化されるととんでもないことになります。いいよねっとは相変わらずだめよでした。

投稿: 村上 | 2015年5月25日 (月) 09時02分

村上先生、毎度です!

Topo Ver3買ったばかりなのにもったいないですね。
せっかくですから、etrex 20Jを買って活用したらいかがでしょうか。
20Jは生産中断中とのことですが、まだ販売店には在庫もあるみたいですよ。

では!

投稿: 理事長 | 2015年5月25日 (月) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シェル出しツール“シェル・プレス”(仮称)を作る② | トップページ | “HOOPLA 4”のフロアー製作① »