« BDの3セクション・ポールを小改造 | トップページ | 新しい“ウィペット”も改造しちゃいました ① »

2015年5月24日 (日)

カテナリーカーブのギアロフト??

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆



私のブログでも繰り返し記事にしていますが、テントのギアロフト(ギアハンモック)は絶対に便利です!

しかも、100円ショップで素材を調達すれば、信じられないくらいリーズナブルな価格で自作できますので、改造未経験の皆さんにも是非MYOG入門としてチャレンジしてもらいたい工作だと思います。

さて、過去にも何度も記事にしていますので、今回はブログネタに用に少々趣向を変えてみました。

たいした改良ではないのですが、早い話が普通の長方形のギアハンモックの4辺を、直線でなくカテナリーカーブ(懸垂線)にしてみたのです。

やや大き目のテント用の大きなギアロフトなので、糸巻型にすれば弛みも目立たず、多少はカッコ好く見えるはずだと考えたのですが・・・。


さて、素材は、以前作った際に半分残った洗濯バッグのナイロンメッシュ地と、買い置きしておいたポリエステルのリボンですが、何れも100円ショップで購入したものなので、今回のギアハンモックの材料費は実質0円!、原価的にも100円少々という事になります。(画像↓)

Ghm_3


浅いカテナリーカーブの作図には実際にボール・チェーンをカッターマットの上に弛ませ、そのカーブを型紙に写し取りましたが・・・、実際にはかなりいい加減になってしまいました。

その型紙に沿ってメッシュ生地をカットしますが、縦横比はテントのフロアーと相似にすると好いでしょう。
カットの際は、大型のカッターマットとロータリーカッターが非常に有効です。

Cghmk_1
(4辺を浅いカテナリーカーブにカットした)

あとは、二つ折りにアイロン掛けをしたポリエステルリボンをメッシュの縁に挟んで縫い付けるのですが、曲線に沿ってテープを曲げながら縫うのは直線縫いより少々気を使います。
最後に、四隅に取り付け用のループを縫えば完成です。

Cghmk_2 Cghmk_3
(㊧四隅のループ ㊨完成した状態)


画像はモンベルのステラリッジ4型に取り付けた状態ですが、単純な長方形の物よりもピシっと張れているような気がしませんか・・・?。
また、画像はただ取り付けた状態ですが、物を載せるともう少し見栄えのするアウトラインになります。

Cghmk_5 Cghmk_4
(心なしかピシッと張れているような、いないような・・・笑)

とは言え・・・、手間を掛けた割には、ほとんどの方には気付いてさえもらえない小細工的な改造でしょうし、正直なところ実用性も全く変わらないでしょうね。(笑)

そんな訳で・・・、よほど酔狂な方以外には、工作の簡単な普通の長方形のギアハンモックの自作をお勧めします。

|

« BDの3セクション・ポールを小改造 | トップページ | 新しい“ウィペット”も改造しちゃいました ① »

テント・シェルター」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

アイゼンの一本締めのようにMSRスノーシューを固定したく
こちらのスノーシューの改造記事がヒットしてお邪魔しました。
わかりやすい記事、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

私もギアロフトを改造しており、
ネットの中心をテント中央のフックに釣り下げています。
そうすると懐中電灯などの重いモノを入れても中央に集まらず、
中央の頭上空間も確保でき、なかなか便利です。
ネット自体も伸縮性のある生地なのでいつも張ってます。

ぜひお試しください。

投稿: ORINZ | 2016年1月 5日 (火) 22時04分

“ORINZ”さんはじめまして!

早速ですが、ギアロフト中央での吊り下げについては、私もやってみた事があります。
ショックコードや調節可能なターバックノットで吊るようにした試作品も作りました。
この記事ではカーブが綺麗に出るように敢えて中央で吊るのをやめましたが、このような大型のギアロフトであれば、そうした方が良いかも知れませんね。

では、本年も『山道具道楽』をよろしくお願いいたします。

投稿: 理事長 | 2016年1月 6日 (水) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BDの3セクション・ポールを小改造 | トップページ | 新しい“ウィペット”も改造しちゃいました ① »