« “山道具道楽”について | トップページ | モンベルの沢用ハーネスって、どうよ? »

2015年6月23日 (火)

新しい“ウィペット”も改造しちゃいました ②

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :★★☆☆☆
(改造失敗の危険度あり!注意)



【『新しい“ウィペット”も改造しちゃいました ①』 、からの続きです】


新しいBDの“ウィペット”はリストストラップの位置も改良され、現在もっとも使い易く信頼のできるセルフアレストポールと言えるでしょう。

さて、では早速“ウィペット”3セクション化への改造に入りましょう。

まず、上段ポールを100㎜カットします。
前回は旋盤を使いましたが、新型はサブグリップがあるためチャックに咥えられずバンドソーでカットしました。
注意深く行えばパイプカッターの使用でも良いでしょう。
詳細は以前の記事をご参照ください。

Pole_7
(上段の末端を10㎝カットする/下にあるのはその端材)



断面を整え内径側を45度に綺麗に面取りをしておきます。
次にオリジナルと同じ位置に穴とスリットを削りますが、スリットはドリルで穴をあけ、その穴をリューターの切断用砥石か、鉄工鋸でつなぐという方法が手っ取り早いでしょう。
また、この切断した内面はバリ取りバーできれいに整えておきましょう。

なお、素材の7000系のT6アルミは硬いのですが靱性に乏しいので加工は慎重に行いましょう。

Pole_8
(切断した末端をオリジナルと同型に加工する)



また、金属製のレバー“フリックロック・プロ”は中空リベットのカシメ部がパイプの穴に嵌っていますので、取り外しに少し苦労しますが、私の過去の記事等を参考に作業してください。

カットと末端の加工ができたら、次に“エクスペディション 3”の中・下段を入れてみましょう。
ご覧のように、これで仕舞寸法62㎝の3セクション“ウィペット”が完成しました。
この位の長さだったら、BCボードのツリーランでザックに取り付けていても、あまり枝に引っ掛かる事も無いでしょう。

Pole_9


さて、これで「目出度し、目出度し」といきたいところですが、じつはここで使った“エクスペディション 3”の中・下段は日本未発売の最伸長~125cmのモデルなのです。

残念ながら日本では~145cmのモデルしか展開されていませんので、これの中・下段を使うと・・・、まだかなり長すぎますよね。

Pole_10
(~145㎝の“エクスペディション 3”を使うと仕舞寸法は70㎝近くなる)


この全長では3セクションの“カーボン・ウィペット”と変わらず、ザックに取り付けた時に大きく突出し、薮の煩いツリーランでラリアートを喰らってしまう可能性も高くなります。

これだったら最初から価格差もそれほどではない“カーボン・ウィペット”を買っておいた方が手間を掛けずに済むという事になります。
仕方が無い・・・、「毒を喰らわば皿まで」・・・、と言うわけで、エクスペディション ・ポールの中・下段も短くカットすることにしましょうか・・・。



【以下、続く・・・、かも知れません】






|

« “山道具道楽”について | トップページ | モンベルの沢用ハーネスって、どうよ? »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “山道具道楽”について | トップページ | モンベルの沢用ハーネスって、どうよ? »