« 発見!“モスキートネット付きの帽子” | トップページ | キャラバン“KR_1R”のメンテナンス »

2015年7月25日 (土)

改造ポーチ & 取り付け用クリップ

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


Scl_2
(今回はこんなポーチについての記事です)



行動中、手に届くところにの小物を入れるポーチがあるととても便利です。

しかし、“リブ”などと呼ばれる大型の物入れをショルダーストラップの前面に取り付けると、沢登りや岩場の通過時には邪魔になりますし、休憩でザックを下す時に一々面倒ですよね。
また、最近ザックとは別に“サコッシュ”という軽い肩掛け袋を小物入れとして使用している方を見かけますが、これだと平地ならいざ知らず岩場や薮では邪魔になるでしょうし、強風時には使い物にならないと思います。

そこで、地図とコンパス、ハンディーGPSやカメラ、またトポや遡行図など最小限の小物をザックのショルダーストラップに付けた大き目のポーチに収納しておくと必要な時にすぐに取り出せてとても便利です。

そんな訳で、私も大小のポーチの取り付けについていろいろ試してみました。

Gpsp2
(GPSやカメラ用の小型ポーチ)


場合によっては、ベルクロやバックル付きのテープをショルダーストラップの適当な位置に縫い付ける必要もありますが・・・。(画像↓)

Gpscase_5  Gpscase_7 
(シヨルダーに縦のテープが無い場合はこの方法で)

・・・ショルダーストラップに沿って縦にテープが配置されているような普通のザックの場合は、後述の特殊なプラスティック・パーツを使ってポーチを取り付けるのが簡単で良いでしょう。

Gpscase_1
(プラスチックパーツを付けたポーチ)


このパーツは以前にもご紹介しましたが、ナショナル・モールディング社製で“DURAFLEX”というブランドで発売されている“スリッククリップ”と“スリッククリップ・ダブル”と言う製品です。
同社の製品は米軍の軍装品にも使用されており、強度・耐久性共に高い評価を得ていますのでご存知の方も多いと思います。
我が国のNIFCO製の樹脂製バックル類も優れた製品ですが、DURAFLEXの樹脂製品は、所謂ミルスペック適合というお墨付きという点では格上なのかもしれませんね。

Scl_1
(DURAFLEXの“スリッククリップ”㊧と、“スリッククリップ・ダブル”㊨)


以前一度ご紹介したものの、暫く販売店が見つからず私も入手できない状態が続きましたが、このたび通販で購入可能なサイトが見つかりましたので、あらためてこの紹介記事を書いた次第です。

ポーチの裏側に最初から縦のテープが縫い付けられている場合は、“スリッククリップ・ダブル”を使って簡単にショルダーへの固定ができますし、自分でポーチに縦のテープを縫い付けるなら“スリッククリップ”を予め通しておけばよりコンパクトなザック取り付け仕様に改造することが可能です。
なお、スリッククリップは25㎜テープ用ですが、20㎜のテープに取り付けても特に問題はありません。



さて、ここからが本題ですが・・・。
GPSやカメラ専用のパッド入りの小さなポーチも役に立ちますが、冒頭に述べたように、やや大型で薄手の汎用のポーチを、ショルダーストラップに付けておくと、とても便利です。

下の画像は、モンベル製で底がメッシュになっている一枚生地の円筒状ポーチ(ペットボトル用??)をショルダーストラップ取り付け仕様に改造したものです。
これだったらハイキングの時に地図やコンパスを入れるのにも好いですし、沢では防水カメラやジップロックに封入した遡行図を入れておけば、ジャブジャブ泳いでも水切れが良く、またパッドが入っていないので嵩張らず便利に使えます。
腰の位置だと渡渉の際水に浸かる可能性が高いですが、ショルダーストラップ取り付けだと泳ぎ以外はシャワーが掛かる程度で済むでしょう。

Scl_3 Scl_6
(補強・改造し、スリッククリップで取り付け)


同じようなペットボトル用の袋やチョークバッグ風のポーチなど、登山用品店以外でも種々見掛けすので、それらを流用すればあとはこのスリッククリップ1~2個あれば簡単な縫製で自作可能です。

暇な時に一つ作っておけば、ザックを変えても使い回しができてとても便利ですので、皆さんも是非お試しください。

|

« 発見!“モスキートネット付きの帽子” | トップページ | キャラバン“KR_1R”のメンテナンス »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 発見!“モスキートネット付きの帽子” | トップページ | キャラバン“KR_1R”のメンテナンス »