« “montbell”のヘッドランプが好いかも?①(紹介編) | トップページ | “サワークライム・シットハーネス”にハンマーホルスターを! »

2015年8月27日 (木)

“montbell”のヘッドランプが好いかも?②(番外編)

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆

Mbphl_3
(コストパフォーマンスの高い“montbell”のパワーヘッドランプ)


前回ご紹介した“montbell”のパワーヘッドランプは、シンプルな機能ながら夜間の行動にも十分な明るさを持ち、コストパフォーマンスの高い製品です。

しかし、前回の記事でもふれたように、頭に装着するバンドの調節部については詰めが甘いというのか・・・、やや残念な状態です。

Phbelt_1
(正しくベルトを通しても固定が甘い!)

本体のベルト装着部やサイズ調節用のバックルの形状が、薄いベルトを使うには不適切で、一度調節してもポケットに入れて持ち歩いたりするとすぐに調節がズレてしまうのです。

Phbelt_2
(ベルトの厚さに比べスリット幅が広過ぎかな?)

またランプ本体のベルトへの固定部も節度が無く、持ち上げただけでスルスルと動いてしまうのです。

Phbelt_4 Phbelt_9
(本体側も同様にベルトの厚さに比べスリット幅が広過ぎる)

本来の機能は十分満足すべきものなのに、付属の機能部品がこの状態では「画竜点睛を欠く」と言うのか、製品全体の完成度がイマイチと判断されても仕方ありませんよね。

旧モデルでは“コキ(日の字バックル)”部を縫製で取り付けていましたので弛み難かったのですが、この新モデルでは一体モールドの見栄えの良いベルトに変更したのが災いしたようです。
せめてベルトの両端とも“コキ(日の字バックル)”形状にしておけば(現状では片側が単純な角環・2段目の画像参照!)不用意に弛むことも少なく、ベルトもスッキリとまとまって良かったと思うのですが・・・・。

などと愚痴を言っていてもしょうがないですし、この製品を推薦した責任上この対策も紹介しなくてはなりません。
で・・・、早速改良です!

要は、調節用の“コキ(日の字バックル)”にベルトに対する節度ある抵抗を持たせズレ難くなるよう改造を行えばよいのです。

そこで私は、水槽のエアレーションなどに使用される塩化ビニールチューブを短く切ってバックル中央の切り欠きのある棒に挿入してみました。(画像↓)

Phbelt_6


シリコンチューブだともっと摩擦抵抗が出て良さそうですが、私は耐久性を考え上記の、高重合塩化ビニールのチューブ(表面が梨地なので一見シリコンにも見える)を使ってみました。

切欠きから長い方の棒に圧縮しながら挿入していき、その後短い方にも被せるように戻してゆきます。作業を容易にするには温めたり濡らしたりするのも良いでしょう。
※まぁ、一番良いのはこのバックルを切り取ってしまい、普通のコキに交換する事でしょうが・・・。


Phbelt_7 Phbelt_10
(チューブによりベルトに抵抗が生じズレ難くなる)


また、スルスルと遊動してしまうほど緩い本体とベルトの固定についても、スリット部の切欠きのある棒に同じチューブを被せてみました。(画像↓)

Phbelt_8


しかし、その後この部分は本体側の穴を利用して、適当な位置に縫い付けてしまったほうが良いと考え再改造しました。

Phbelt_11
(ベルトを縫い付けて位置を固定してしまう方が良いかな?)


拘り過ぎだと言われそうですが、基本性能は優秀でありながら細部でイマイチ詰めの甘かったこの製品もこれでより使い易い山道具となった訳です。

簡単な改造ですので、このヘッドランプをお使いの方は是非やってみてください!



さて、次回はこのヘッドランプにトリチウムのマーカーを取り付ける改造をしてみましょう。

|

« “montbell”のヘッドランプが好いかも?①(紹介編) | トップページ | “サワークライム・シットハーネス”にハンマーホルスターを! »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “montbell”のヘッドランプが好いかも?①(紹介編) | トップページ | “サワークライム・シットハーネス”にハンマーホルスターを! »