« BC用ポールのグリップヘッドを少し弄る | トップページ | 15-16“DEELUXE/Spark-XV” 見ただけレビュー? »

2015年11月27日 (金)

BC用バックパックを使い易く!

便利度 :★★★★☆
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


さーて、遅かった雪の便りもボチボチ届き始めましたね。
もうそろそろ、今シーズンのBCに備え道具の点検でも始めましょうか・・・。


さて、山ボードの場合、スプリットボードを使用したとしても、どうしても板をザックに固定して歩行しなければならないシチュエーションに遭遇します。

Bct
(BCにはボードをシッカリ固定できるザックが必須だ!)


そのため、BC用のバックパックには板を取り付けるためのストラップが装備されていますし、またショベルやプローブなど専用のコンパートメントが区切られている場合も少なくありません。

まぁ、それはそれで良いのですが・・・、設計者が過剰な機能や複雑なストラップの取り回しなど、盛り沢山の工夫を盛り込むと、むしろ複雑で使い勝手の悪いパックになってしまう事も無い訳ではありません。

私の使っているオスプレイの“KODE 38”というBC用バックパックも、高機能である反面、そんな過剰装備のパックの一つのようです。

“KODE 38”は雨蓋付きでパネルオープンという変わった造りでアバランチギア用のコンパートメントが独立していたり、またストラップの取り回しも複雑で、初めて使う女性などはどこを開けたら必要な物を取り出せるか?、どのバックルを留めたら良いか?・・・、など考え込むほどです。

Kode38

(オスプレイの“KODE 38”)


まぁ、一つ一つ指摘しても仕方が無いのですが、中でも一番気になるのがボード取り付け用のストラップが左右計4カ所の支点で取り付けられており、ボード取り付けの際、真ん中のバックルを留めてから、両サイドの2か所でテープを引いて締め付けなくてはならない事です。
些細な事ですが、これではボード着脱の度に少々イライラしますので、思い切って改良することにしました。

Bpr_1
(中央のバックルを留めてから両側のロック付きバックルを締めなければならない)


改造の概要については画像を見ていただくという事で詳細は省略しますが、要は独立したボード着脱用のバックルを新設し、サイドコンプレッションとは系統を独立させるというものです。
これでしたら、初めに左右のサイドコンプレッションを調整しておけば、1か所のバックルで簡単に固定と締め付けができてとても便利です。

改造は手縫いでも可能ですし、家庭用のミシンでも30番程度の糸でバータック縫いができる物なら問題無いでしょう。

Bpr_2 Bpr_3
(㊧改造後のストラップの取り回し、㊨完成後の外見)

Bpr_5
(私は8番の糸を使用したが、30番程度の糸でも可)



なお、新設するバックルは通常のタイプではなく、雄・雌両側に折り返しアジャスト機能を持つ両引きのタイプを選んだほうがベターだと思います。

K38
(㊤片引きのバックル、㊦両引きのバックルの例)

せっかくメーカーの設計者が知恵を絞って創り上げたザックを改造するのは失礼のような気もしますが、やっぱり道具は使い易くてナンボ!ですからね。

また、山道具全般に言えることですが、気になる所があったら遠慮なく自分が納得ができるよう手を加えて使う、というのも登山の楽しみ方の一つだと思いますよ。

|

« BC用ポールのグリップヘッドを少し弄る | トップページ | 15-16“DEELUXE/Spark-XV” 見ただけレビュー? »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BC用ポールのグリップヘッドを少し弄る | トップページ | 15-16“DEELUXE/Spark-XV” 見ただけレビュー? »