« スプリット用スキンのテールクリップ | トップページ | ビンディングの“重量”対“費用”対“効果” »

2016年2月 1日 (月)

DEELUXE/ Spark XV 15-16 チョコッとレビュー

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆

Deeluxe_xv_6
(DEELUXE/ Spark XV)

以前の記事で“15-16・DEELUXE/ Spark XV”の見ただけレビューをしましたが、その後実際に使用してみましたので(画像↓)、その感想を短かく書いてみようと思います。

Deespark_2


今回もBC用という事で、サーモインナーを焼く際には爪先周りに十分な余裕が出るように成型しましたので履き心地は結構いい感じになりました。

シューレースは2系統に分かれ足首部分が独立して締められるので快適ですが、締めた状態でそれぞれのコードの余代の長さに大きな差があります。
また、FLDバックルシステムは年々改良がなされていますが使用感は相変わらずイマイチです。

Deespark_1
(FLDバックルは年々改良されているが・・・、BC用には華奢すぎ!)

私のブーツでは当初1箇所 ON/OFFの切り替えにカチッ!という節度が無く、ロックの甘いバックルがあり使用中にレースが弛んだりしましたが、しばらくしたら当たりが出たのか?現在は何とか問題無く使えています。

バックルは操作の容易な大型の物に変更されましたが、これだと逆に両足のバックル同士がぶつかって破損してしまう可能性も高くなってしまうかもしれません。
バックルが外れてしまっても簡単にパチッとはめられますが、中に小さなバネがありますので、これが飛んで行ってしまうと雪の中での発見はまず不可能です。
小さなガードが付いているとはいえバックル剥き出しでの歩行には十分注意が必要でしょう。

あと、特筆すべきなのは底のビブラムです。
以前の記事にも書きましたが、旧モデルとはコンパウンドが変わり圧倒的に氷結面で滑り難くなった事が体感でも判ります。
後で調べたらこのソールはビブラムの“Ice Treck”という商品名の対氷防滑素材だそうで、氷結路での性能では普通タイヤとスタッドレスタイヤ位の差はありそうです。

Deespark_3
(防滑能力に優れたビブラムの“Ice Treck”ソール)

そんな訳で・・・、使用した感じでもBCボード用のブーツとしては合格点をつけても良さそうな製品です。






|

« スプリット用スキンのテールクリップ | トップページ | ビンディングの“重量”対“費用”対“効果” »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430262/63447049

この記事へのトラックバック一覧です: DEELUXE/ Spark XV 15-16 チョコッとレビュー:

« スプリット用スキンのテールクリップ | トップページ | ビンディングの“重量”対“費用”対“効果” »