« 日本人なら、山でもやっぱり“箸”でしょう! | トップページ | montbell “クイックマント”って?(& 寸法直し) »

2016年3月26日 (土)

スプリット用スキンのテールクリップ(改良型)

便利度 :★★★★☆
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


以前の記事で“FISH/SPLIT”の特殊なテール形状に対応するクライミングスキンのテールクリップの自作を記事にしましたが、今回はその改良型の製作についてです。

Fish_spl_4
(“FISH/SPLIT”のテール形状)

Fish_spl_10
(テールクリップ1号機)

まぁ、苦労して自作しなくても既製品の“G3のテールクリップ”を流用すれば特に問題は無いのですが、道具道楽としてはやはり専用の小型の軽い物にしたいと考え改良版の製作をしてみました。

G3c_1
(G3のツインチップコネクターキット)

G3c_2
(少々曲がるが使えない訳ではない)

形状の変更だけですから特に解説は必要無いかもしれませんが、前回同様チタン板を帯鋸で粗く切り出し、ベルトサンダーと手ヤスリでアウトラインを仕上げました。

複雑なバックル穴の加工は、正確を期すならフライス盤の使用が理想ですが、セッティングやクランプ留めが面倒だったので、ドリルで連続穴をあけ、手ヤスリでチマチマと仕上げました。結構手間の掛かる作業です。

で完成したのが下の画像のようなクリップです。

Tc2_1


実際に取り付けてみたところ、専用設計のワンオフ物ですから当たり前といえば当たり前ですが、ジャストフィットとなりました。

Tc2_4


スプリットボード用のクライミングスキンは需要が少なく、バーゲンに出る事も少ないですから、今回の例のようにスキー用のスキンを自分でスプリット用に改造する、というのも悪くないと思いますよ。



【余談ですが・・・】

先日「エベレスト・神々の山嶺」という映画を観ました。
ちょっと前に「EVEREST 3D」というのを観ましたから、エベレストと名の付く洋画と邦画を続けて観てしまった事になります。
まぁ娯楽映画なのですからそれはそれで良しとすべきなのでしょうが、両者ともツッコミ所が満載な映画でした。

特に「エベレスト・神々の山嶺」の方は、舞台が山屋の知っている行列のできる現実のエベレストではなく、人の居ない“架空のエベレストという山”だと思って観た方が素直に楽しめるって感じの映画です。

まず導入部のコンテで滑落するシーンから嘘臭いですし、映画では羽生っていうクライマーが滝沢・3スラの冬季初登攀者って設定になってましたけど、実際の初登は映画の時代設定よりかなり前だったはずですよね。
初登時はピオレトラクション用の道具も無かった時代ですから、まさに画期的な偉業だったわけですが、その手柄を映画の中の架空のクライマーに置き換えちゃうというのも何か登山の歴史に対するリスペクトを欠いているような気がします。

まぁ、一々粗探しをするのも品が無いのでこれ以上は何も申しませんが・・・、山道具道楽としては、劇中に私も使っていたウィランス・シットハーネスだとかカジタのバイル(あの時代にカジタのバイルでドライツーリングはやらなかったと思いますが・・・笑)などが多く登場して結構楽しめました。
そんな訳で、この映画は山屋のためでなくあくまで普通の人が楽しめるように作った娯楽映画なのですから、これはこれで良い映画だとしましょう。

「EVEREST 3D」の方は、とても映像の綺麗な映画でしたが、別に3D映像にしなくても良かった気もします。
なにせ私が3D映画であることを実感できたのは、落下する氷塊が眼前に迫る所くらいでしたからね。

それから、内容についてもツッコミ所は山のようにあるのですが・・・。
強いて私の気になった嘘を一つ挙げるとすると、トランシーバーの電池が長持ちし過ぎるということでしょうか。
あの時代、トランシーバーの電池といえば在ってもNi-Cd電池でしょうから、寒冷地で常時ONにしておけばせいぜい3~4時間位しかもたないはずです。
それなのに結構長時間の送受信をしていながら2日も電池が持つなんて、無線機の実情を知っている者からすればあまりにも無理な設定です。

まぁ、ベースキャンプとの交信が頻繁にないと劇として成立しないのは解りますので、これも娯楽映画と割り切って細かい事に目くじら立てず、素直に楽しんだ方が良いのかも知れませんね。

そんな訳で、こちらも良い映画だといたしましょう。
それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ・・・。
(淀川長治を知っている方は結構な年齢かな?笑)

|

« 日本人なら、山でもやっぱり“箸”でしょう! | トップページ | montbell “クイックマント”って?(& 寸法直し) »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本人なら、山でもやっぱり“箸”でしょう! | トップページ | montbell “クイックマント”って?(& 寸法直し) »