« スプリットボードにスリングホール? | トップページ | スプリット・ボード用のシールを改造する »

2016年5月21日 (土)

“ONI DOME 2”用ミニ・ギアロフトの製作

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆
(“ONI DOME ”ではなく、ミニ・ギアロフトの評価です)


Odgl_6
(今回はこれを作りました)

先日、アライテントの新製品“ONI DOME 2”ってのを買ってしまいました。
最近はテン泊回数も減り、テントも物置の中にゴロゴロあるのにもかかわらず、酔った拍子に「このテント、面白そうだなっ!」っと思ったら無意識にポチってしまったのです。

Oni_07
(メーカーサイトより拝借!)

さて~、買ったはいいけど・・・、このテント個性的っていうのか・・・、癖があるっていうのか・・・、2人での使用には多少の割り切りが必要のようです。

まぁ、詳細は後日レポートしてみたいと思いますが、物を置くスペースは確保されているとはいえ、その分実際に2人寝るには数字上の床面積よりも狭く感じますし、座った状態でも頭上のスペースには結構圧迫を感じます。

さて、私が新しいテントを購入した時にまずやる事は、使い勝手を良くするため天井のギアロフトを作る事です。
これについては、過去の記事でも何回も紹介している通りですが、今回の“ONI DOME 2”については過去の例に比べてそう簡単に事は済みませんでした。

というのは、最初からついている天井のループをギアロフトの支点に使うと、面が斜めになりますし、大きいうえにかなり下に位置することになり、居住性が極めて悪くなりそうなのです。
メーカー純正の汎用ギアロフト用の位置なのでしょうが、このループに純正品を取り付けたら居住性はかなり低下するはずです。

そこで今回はテントに新たなループを縫い付け、最小限の大きさのギアロフトを取り付けてヘッドクリアランスを確保することにしました。

Odgl_2 Odgl_3
(㊧頂部に近いのが追加したループ、㊨ループを取り付けた状態)

夏用テントの場合は、ネットの隅に眼鏡を引っ掛けたり、ヘッドランプや小さなラジオをネットに載せる程度ですから、この位小さくても十分でしょう。

工作は、適当な位置に4カ所新しいループをミシンで縫い付けました。
本体は何時ものようにダイソーの洗濯ネットとポリエステルリボンですが、小さなサイズですし以前の余った材料で作れましたので、経費は0円です。
また、今回はただの長方形でなく、ピタッと張れるように緩い疑似カテナリーカーブで作ってみました。

完成した状態は、実際に取り付けた画像をご覧いただければ判ると思いますが、ヘッドクリアランスを犠牲にせず、必用な機能は確保できていると思います。

Odgl_5 Odgl_7
(載せたライターと較べればミニサイズということが判るだろう)

“ONI DOME”を買ってしまった人は、既成の大きな物でなく、このようなミニ・ギアロフトを作ると、これ以上居住性を犠牲にせず、便利なテントに改造できると思いますので、是非お試しください。

|

« スプリットボードにスリングホール? | トップページ | スプリット・ボード用のシールを改造する »

テント・シェルター」カテゴリの記事

コメント

理事長さん

やってしまったんですね(@_@;)
酔った勢いでもテントはちと桁がデカいですね~

まあ確かに面白いテントではありますが..........
今一つのような気がしてしまいます。
これじゃ軽量化したけど居住性が悪くなるんだったら本末転倒じゃない!
みたいな(~_~;)

ってな個人的な印象は置いておいて!
最近、僕もこのネット使ってますよ(^_^)v
予想以上に便利ですよね!

投稿: bp-hiro | 2016年5月23日 (月) 17時16分

hiroさん、毎度です!

このテントは奥のほうは余裕があるのですが、入り口側の幅が狭くなっているのでイマイチ使い勝手が悪いですね。
〝1”をソロで使うというのが本筋という気がします。

ギアロフトはホント便利ですよね。照明置き場にもなりますしライターなんかをすぐに探せますしね。

では!

投稿: 理事長 | 2016年5月24日 (火) 21時18分

ギアロフト制作参考にさせて頂いています。

さて今回のように天井高が低いときですが、ギアロフトの周囲を5〜10cmほど折り返して袖を付け、中央を思い切りつり上げるとヘッドクリアランスが稼げます。
実は古いダンロップの山テントにhiroさんのギアロフト制作を参考に、そのように作ったギアロフトを使っています。4辺が袋状なので思い切りつり上げてもモノが落ちないのでわりと使えています。

投稿: ORINZ | 2016年6月14日 (火) 08時08分

ORINZ さん、ようこそ!

貴重なアイデアありがとうございました。
ギアロフトは、なぜ標準装備になっていないのか不思議なくらい、テント生活を快適にしてくれますよね。
今回のONIDOME2 は天井のループまで別途に縫い付けなければならなかったので手間は掛かりましたし、テントの形状による制約のため小型になってしまいましたが、それでも十分役立ってくれそうです。
では、今後ともよろしく!

投稿: 理事長 | 2016年6月14日 (火) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スプリットボードにスリングホール? | トップページ | スプリット・ボード用のシールを改造する »