« ステンレス“ウィペット”を更に改造! | トップページ | “MSR/ウインド・バーナー”は“JB”を越えたか??? »

2017年4月30日 (日)

最新のビーコン “ARVA/Axio”を試す!

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆

Arva_1
(最新のビーコン “ARVA/Axio”

今シーズン新しいビーコンを入手しましたので、その第一印象を記事にしてみます。

以前の記事にも書いたように、私は現在まで長くMAMMUTの“PULSE Barryvox”を使っていました。

昨シーズン終了後にファームアップした“PULSE Barryvox”の Ver.4 はかなり良好で、初心者にも使い易く、またガイドの厳しい要求にもこたえられる最強のビーコンと言っても過言ではない製品なのですが・・・、もう7年も使っているのでそろそろ買い替えかなぁ~、と思って調べてみたら “ARVA/Axio”という製品が目に留まってしまったのです。

何がすごいかというと、まずは探索距離が最大80メートル幅という事、そしてアンテナ配置がコロンブスの卵的発想で非常に画期的だという点でしょう。

通常の3アンテナビーコンは水平のXY軸の2本のアンテナに対し、垂直にZ軸のアンテナを配置してあるのですが、筐体の厚みという制約からこのZ軸のフェライトバー・アンテナは、どうしても水平のXY軸のアンテナより短い、つまり感度の悪いアンテナにせざるを得ない事になります。

しかしこの“ARVA/Axio”というビーコンは3つ目のZ軸のアンテナを可動式にすることで、XY軸のアンテナと同等の性能としたのです。

Arva_2   Arva_4
(Z軸のアンテナを垂直方向に回転することができる)

これで被探索側のビーコンのフェライトバー・アンテナから林檎のような型に立体的に放射される電磁波を3軸で捉える、球形探索(メーカーの表現)が可能になるとの事ですし、また好感度ゆえに複数のビーコンからの電波が干渉して機器の解析に混乱が発生した場合には自動的にアッテネーターが働き、最短距離にいるの埋没者の探索を容易にする機能もあります。(画像↓)

Axio_4
(上部BAND25の表示は探索範囲を自動的に25mに狭めた状態)

また操作性もシンプルで、初心者が直感で操作をしても、ほぼピンポイントで後は渦巻きプロービングでの探索に移行可能な数十センチ以内の誤差で埋没者の位置を特定できるといっても良いでしょう。
ただし進行方向を指示する矢印の表示は、“PULSE Barryvox”よりやや見にくく、また、“PULSE Barryvox”のようにプローブポイントまでは表示されませんので数値の一番小さくなるポイントを探索者自身が読み取ってプローブを刺す必要があるのは従来機種と同様です。

二昔前の、アバウトな方向表示と音の強さで埋没者に辿り着くという職人芸が必要だったアナログ・ビーコンとは全く別物と言っても良い出来になりましたし、もちろん、アナログモードを併用しする上級者にも対応できる性能も秘められています。

ただし、外観はお洒落なフランス人好みなのかもしれませんがチョット安っぽい感じで、私としては重厚な“PULSE Barryvox”の意匠の方が好感を持ちました。

Axio_7
(付属するホルスターの造りはイマイチかな?)

また、ジョイスティックによる操作も悪くは無いのですが、まだこの機械に慣れていないせいか、“PULSE Barryvox”と比較しても格段に操作性が進化したようには感じられません。
メインスイッチも、これまでのほとんどのビーコンが誤動作防止にメカニカルな構造を採用していたのに対し、“ARVA/Axio”はONはメインスイッチを押すだけですが、OFF する時はメインスイッチを長押ししてからジョイスティックをクリックするというチョット解りにくい方法なので、レンタルなどで初めて渡された方はONはできてもOFFにするのに少々手間取るかもしれません。

また、発信モードから探索モードへの切り替えは赤いZ軸アンテナを起こすだけの操作ですが、付属のホルスターだと雪崩に揉まれた時、万が一にもこの赤いアンテナが起きてしまう可能性が無いかが、(発信モード自動復帰機能があるとはいえ)やや心配ではあります。


そんな訳で、ビーコンメーカー各社の新鋭機中でも、この“ARVA/Axio”はベストバイと言っても良いとは思いますが・・・、とは言え“PULSE Barryvox”はディスプレイにカタカナ表示もでき、また分厚い日本語マニュアルも非常に充実しています。(“ARVA/Axio”のマニュアルは折り畳んだ1枚の紙のみ!)

さらに、“PULSE Barryvox”は約10年前の製品とはいえ、ファームアップで最新の機能を維持していますし、設定可能な項目も“ARVA/Axio”より格段に多く熟達者向けの詳細なカスタマイズも可能です。
北米のプロガイドからの“PULSE Barryvox”の定評がずば抜けているのもこのためでしょう。

そんな訳で、私としてはこの2機種のどちらをお薦めしたら良いかは非常に迷うところです。

まぁ、古い機種ですがトレーニングを重ねればプロガイド並みに使いこなせるかという多機能性を優先する方は通好みの“PULSE Barryvox”を、探査距離が長く、どちらかというと簡単な操作を優先される新しいモノ好きの方は “ARVA/Axio”を選べば後悔しない・・・、と言ったところでしょうか。

|

« ステンレス“ウィペット”を更に改造! | トップページ | “MSR/ウインド・バーナー”は“JB”を越えたか??? »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ステンレス“ウィペット”を更に改造! | トップページ | “MSR/ウインド・バーナー”は“JB”を越えたか??? »