« 300gのショベル?! | トップページ | 最新のビーコン “ARVA/Axio”を試す! »

2017年4月14日 (金)

ステンレス“ウィペット”を更に改造!

便利度 :★★★★☆
工作度 :★★★☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆


Sp_4
(今度はこんな風にしてみました!)

BDのセルフアレストポール“ウィペット”は私のお気に入りの山道具です。
ピッケルには及びませんが、これさえあればそこそこの急斜面でも安心感を持って行動できますので、私にとってはBCでの必需品といっても良いでしょう。

以前から私はアルミシャフトの2セクションの物を3セクションに改造しBCボード用に使っていました。(現在はカーボン製のみ3セクションの物がありますが、仕舞寸法が長すぎます!)

今回は、現在使っているステンレスヘッドのウィペットも以前のクロモリ製でやったのと同じようにピック部を握った時手袋が傷まないよう更に改造してみました。

スキーやスノーシューで登り坂が続くときは普通にグリップを握るより、ヘッドの樹脂製カバー部分を上から握ったり、反対向きにしてヘッドの金属部分を握った方が力が入り易いのですが、オリジナルの状態ではヘッドの横に張り出した三角形の先端が掌に当たったり、場合によっては手袋を傷めてしまう事もあるのです。

そこで以前からこの三角形の部分をカットして大きなRに成型して使い勝手を良くしていましたが、今回はこれに加え、更にカラビナホールを追加してみる事にしました。

Sp_3

工作は画像をご覧になれば一目瞭然だと思います。
こうしておくとボード滑降時にザックに取り付ける時など、ブラブラせずに適切な位置にしっかり固定できて大変便利です。

Sp_5

なお、この部分は軟雪にピックを刺した時に支持力を高める部分なのですが、角を丸くしたり穴をあける位では体感できるほどの効果の低下は無いと思います。

注意する事としては、ヘッド全体としては熱処理で然程高い硬度が出ているわけではなく、通常の工具でも加工が可能ですが、表面は肌焼き状態でやや硬めになっているので、穴をあける時は超硬チップ付きのホールソーを使うと切削工具の損耗も避けられると思います。

長く使える便利な道具ですから、多少手間は掛かりますが少し手を加えてより使い易く改造するのも悪くないと思いますよ!

|

« 300gのショベル?! | トップページ | 最新のビーコン “ARVA/Axio”を試す! »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 300gのショベル?! | トップページ | 最新のビーコン “ARVA/Axio”を試す! »