« “MSR/ウインド・バーナー”は“JB”を越えたか??? | トップページ | 軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ① »

2017年5月29日 (月)

ピッケルのスパイクプロテクターを改良した!

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆

Pcc_1
(今回はスパイクカバーの改造です)

年齢に反比例してに冬山に行く機会も少なくなり、今使っている歩行用ピッケルもまださほど傷んでいないのにもかかわらず、また新しいピッケルが欲しくなってしまいました。

理由は、最近は歩行用のピッケルでもシャフトの曲がったものを山で見かける機会が増えたため、自分でも使ってみたくなったからです。(笑)

そしてピッケルを新調したついでに石突部のカバーを購入しました。

この種のカバーは今まであまり使用していなかったのですが、黒部立山アルペンルートの持ち込み規制が厳しくなり、ピッケルの場合すべての尖端にカバーが付いていないと持ち込みができなくなったからです。

大学生のころは粋がってピッケルにカバーなど付けないどころか、ドメゾン(だったかな?)に影響されてリーシュ(ピッケルバンド)すら着けない時期もあった私ですが、歳をとってマナーが気になりだしたようですね。

さて、とりあえず軽いものを・・・、という訳でブラックダイヤモンドの“スパイクプロテクター”(商品名)を購入しました。

ところがこの樹脂製のカバー、純正品なのにスパイク(シュピツェ)に上手く収まらず、カバーに付いているショックコードをリーシュに結んで留めるなどにして持ち運ばないと、容易に紛失してしまいそうです。


そんな訳で単独で固定できるように早速改造です!

改造は画像をご覧頂けば一目瞭然だと思います。
スパイク部の穴を利用し、そこに両側に穴あけ加工をしたスパイクプロテクタ―を貫通させるように自作のジュラコン製のピンを嵌め込んで、カバー本体がスパイクから抜けないように固定する仕組みです。

Pcc_5  Pcc_3
(カバーの両サイドに貫通する穴をあけ、自作のピンを通す構造)

ピッケルのスパイクの穴の位置に合わせでφ8㎜の貫通穴をあけ、ちょうど良い長さにジュラコンのφ8㎜の丸棒をカットしてピンを作り、元々スパイクカバーに付属していたショックコードとコードロックを再利用して画像のような構造に仕上げました。
コードロックでショックコードにテンションを掛けるとジュラコンのピンは抜けなくなりますから紛失の心配も無いでしょう。

なお、適切な穴の位置はピッケルによって異なるので、現物合わせで決めてください。


Pcc_4  Pcc_2
(スパイクの穴とピンでカバーは外れない)

立山黒部アルペンルートはもちろん、公共交通機関を利用する場合には、ピックカバーはもちろんスパイクカバーもマナーとして使用すべきものなのでしょうから、どうせ使うなら嵩張らず外れにくい物が好いですよね。
その点このピックカバーの改造は、簡単な工作の割には便利に使えると思いますよ。

|

« “MSR/ウインド・バーナー”は“JB”を越えたか??? | トップページ | 軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ① »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

ピッケルは"swift"ですね。インプレ待ってます。

投稿: ガロ | 2017年5月31日 (水) 18時40分

“ガロ”さん、ようこそ!

ピッケルはお察しのとおり"swift"です!
鋭いですね!
しかし、6月は休みが2日位しか取れなそうなので、報告はかなり遅くなりそうです・・・。(涙)

しかし、“ガロ”っていうと私の世代は「カムイ伝」や「鬼太郎夜話」を思い出しちゃうんですが・・・。
わかるかなぁ~?
では!

投稿: 理事長 | 2017年5月31日 (水) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “MSR/ウインド・バーナー”は“JB”を越えたか??? | トップページ | 軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ① »