« 軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ① | トップページ | 軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ③ »

2017年6月22日 (木)

軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ②

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★★☆☆☆

※当然の事ですが・・・、命にかかわる山道具の改造は100%自己責任にて実施してください。また、改造や修理を個人で行うとメーカーの保障は一切受けられない事も御承知おきください。


『軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ①』は、一般的でない改造でしたので、もっと簡単な方法でBDのクランポン“ネーベ”をボードブーツ用に改造する方法を試みてみました。

前回はステンレスの中空リベットが入手できず、錆び易い鉄製の中空リベットを使いましたが、今回は特殊な打ち棒など自作しなくても、市販の材料と工具だけを使い、ステンレス製のリベットでストラップを留める方法をご紹介いたします。

今回は、ホームセンターなどでも良く見掛けるステンレス製の“ブラインドリベット”を使う事にしました。

Bdnbb_2   Bdnbb_3
(ステンレスのブラインドリベット)

この改造に合うのは画像のサイズです。
とは言え、通常と違うカシメ方をするのでリベットにも少々加工が必要です。
外側にフレアーさせてフランジ状に広げるため、一旦シャフトを抜きリベットの先端の穴をカウンターシンクで45度に大き目に面取りをしておきます。

また、ブラインドリベットを使う場合、元々使われているφ5㎜用ワッシャーは穴が大きすぎて使わない方が無難です。
そこで、外径10㎜で4.5㎜穴の特寸ワッシャの穴をジャスト5㎜に広げて使うことになります。

バイスプライヤーでワッシャーの端を固く咥え、ボール盤で穴を拡げ、さらに穴の角を軽く面取りしておきましょう。

次に、ブラインドリベット専用の工具にセットし、ストラップとアイゼン本体を締結します。

本来、ブラインドリベットはシャフトの頭が完全に沈みきり、シャフトが頭だけ残して引きちぎれるまで引くのですが、今回はシャフトの頭がリベットの穴に沈んだところで引くのを止め、リベットのシャフトを反対から叩いて抜いてしまいます。

Bdnbb_1
専用のリベッターでカシメる)

後はリベットの末端を円錐形の先端を持つポンチか、あるいは鋼球(パチンコ玉)等でフレアーさせ、その後、適当な棒状の工具とハンマーで叩きリベットの末端を平らに広げてしまえば終了です。(↓㊧の画像)

Bdnbb_7   Bdnbb_8
(今回は変則的なブラインドリベットでの締結をおこなった)

画像のようにリベットには貫通穴がありますので、中空リベットに比べて、強度が弱いようにも思えますが、このサイズだとせん断耐力はデーター上500㎏あるそうですから、この用途ならまず壊れる事は無いでしょう。


えっ・・・!、まだ工作が難しいって?

それなら、次回は市販の材料とドライバーとハンマーというどの家にでもある工具を使うだけでできる究極の簡単改造をご紹介します。


(以下続く・・・)

夏なのに次回もアイゼンの改造の記事です。
そして・・・、申し訳ありませんが、それ以降もしばらく冬に使う道具の記事ばかりが続く予定です。

|

« 軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ① | トップページ | 軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ③ »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ① | トップページ | 軽いボードブーツ用アイゼンが欲しい! ③ »